2022年9月20日、BMWジャパンはビッグマイナーチェンジした3シリーズ セダンおよびツーリング(ワゴン)の販売を開始すると発表した。デリバリーは、2022年9月下旬以降を予定している。

よりシャープに、さらにワイドに。パワフルな印象をプラス

BMW 3シリーズは、メルセデス・ベンツ Cクラスやアウディ A4とともに、Dセグメントのベンチマーク的存在のモデルだ。初代は1975年に発表され、現行型は2018年に発表(日本発売は2019年)された7代目にあたる。なお、5代目まではクーペやカブリオレもラインナップしていたが、これらは先代の6代目から4シリーズとなり、3シリーズはセダンとワゴンのツーリングとなっている。

エクステリアは、最新のBMWデザイン言語により、印象的なアップデートが行なわれた。デイタイム ランニングライト機能を有する最新のLEDヘッドライトは、よりシャープな印象を与え、ダブルバーを採用したBMW伝統のキドニーグリル、フロントエプロンのワイド化になどより、よりパワフルなデザインとなっている。リアセクションは、テールランプをより細く水平なラインとし、テールパイプ径を90mmまたは100mmとすることで、パワフルな印象を与えている。

インテリアでは、12.3インチのメーターパネルと14.9インチのコントロールディスプレイを一体化させた最新のBMWカーブド ディスプレイの採用により、優れた視認性と高い操作性を実現している。トランスミッションのシフトレバーを廃止し、BMW特有のiドライブ コントローラーまわりはすっきりとし、モダンな印象を与えている。なお、シフトレバーの廃止に伴い、パドルシフトはすべてのモデルに標準装備される。

日本初認可のハンズオフ機能付き渋滞運転サポートを搭載

安全装備では、高性能3眼カメラ&レーダー、および高性能プロセッサーによる高い解析能力を有す最先端運転支援システム、最新世代の安全機能を標準装備。高速道路での渋滞時においては、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システム「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能(日本初認可)」により、一定の条件下において、ステアリングから手を離しての走行が可能となっている。

さらに、最新世代のコネクティビティも有し、「OK、BMW」と話しかけることで、車両の操作、目的地の設定等が可能だ。AppleCarPlayへの対応、スマートフォンで事前に検索した目的地を車両に送信するなど、利便性も大幅に高められている。

日本仕様のパワートレーンは、318iと320iが2Lの直4ガソリンターボ(パワースペックが異なる)、320dが2Lの直4ディーゼルターボ、330eが2Lの直4ガソリンターボ+モーターのハイブリッド、M340iが3Lの直6ガソリンターボとなる。トランスミッションは、いずれも8速AT。駆動方式はFRが基本だが、320dとM340iはxドライブ(4WD)となる。ハンドル位置は、すべて右のみ。

車両価格(税込)は、3シリーズ セダンが318iの548万円〜M340i xドライブの1040万円、3シリーズ ツーリングが318i ツーリング Mスポーツの627万円〜M340i xドライブ ツーリングの1067万円となっている。

●■BMW 318i<M340i xドライブ> 主要諸元

●全長×全幅×全高:4720×1825×1440mm
●ホイールベース:2850mm
●車両重量:1540kg<1730>
●エンジン:直4 DOHCターボ<直6 DOHCターボ>
●総排気量:1998cc<2997>
●最高出力:115kW(156ps)/4500rpm<285(387)/5800>
●最大トルク:250Nm(25.5kgm)/1300−4300rpm<500(51.0)/1800-5000>
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:FR<フロント縦置き4WD>
●WLTCモード燃費:13.0km/L<10.6>
●車両価格(税込):548万円<1040万円>

●■BMW 320d xドライブ ツーリング Mスポーツ 主要諸元

●全長×全幅×全高:4720×1825×1455mm
●ホイールベース:2850mm
●車両重量:1740kg
●エンジン:直4 DOHCディーゼル ツインターボ
●総排気量:1995cc
●最高出力:140kW(190ps)/4000rpm
●最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1750-2500rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:フロント縦置き4WD
●WLTCモード燃費:15.5km/L
●車両価格(税込):715万円