2021年7月15日(イギリス・現地時間)、アストンマーティンはコンセプトモデルとして発表されているPHEVハイパーカー「ヴァルハラ」が、市販に向けて生産の段階に入ったと発表。

4L V8 DOHCツインターボ+2基のモーターによるPHEVシステム

[「ヴァルキリー」]、[「ヴァルキリーAMRプロ」]に続く第3弾のアストンマーティンによるハイパーカー「ヴァルハラ」のコンセプトモデルが公開されたのが、2019年のジュネーブモーターショーのことだった。前の2台同様にレッドブル アドバンスド テクノロジーとのコラボにより、F1のテクノロジーがいかんなく注ぎこまれたモデルだが、それがついに市販モデルとして登場する日を迎えようとしている。

アストンマーティン初となる量産型ミッドシップハイパーカーとなるヴァルハラの心臓部は、2つのモーターを備えたPHEV(プラグインハイブリッド)システムとなる。その中核を担う、リアにミッドマウントされた4L V8 DOHCツインターボは、7200rpmで最高出力750psを発生する。

軽量化されたエキゾーストシステムは、調整可能なアクティブフラップを備え、心地よいサウンドを奏でるというが、そのレイアウトがとてもユニーク。エキゾーストパイプがルーフエンド、リアスポイラーより前にレイアウトされているのだ。視覚的および聴覚的な印象を最大限に高めるためだそうだ。

V8エンジンをアシストするのが、2つのモーター(150kW/400V)だ。フロントアクスルとリアアクスルにそれぞれ1基ずつ搭載される。システム最高出力950psで、さらに204psのパワーを上乗せすることが可能だというが、詳しいシステムについては触れられていない。

バッテリーの電力は、EV専用モードで走行する場合はフロントアクスルにのみ供給される。それ以外の走行モードでは、フロントアクスルとリアアクスルに分割され、各アクスルに送られる割合は走行条件によって常に変化する。また、状況によってはバッテリー電力の100%をリアアクスルに送ることもできるという。

EV専用モードで走行する場合の最高速度は130km/hで、航続距離は15km。950psのパワーを解き放った場合は、0→100km/h加速が2.5秒で最高速度が330km/hに達するそうだ。ちなみに、世界一の難コースと言われるニュルブルクリンク ノルドシュライフェ(北コース)のラップタイム目標は、6分30秒に設定されている。

トランスミッションは特別に設計された8速DCTで、軽量化に寄与するe-リバース(電気モーターを利用することで、従来のリバースギアを必要としない)を備えている。パドルシフトギアボックスも、ハイブリッドモデルに対応するために特別に開発された。また、リアアクスルにエレクトロニックリミテッドスリップ デファレンシャル(e-デフ)を備え、最大のトラクションと俊敏なハンドリングの実現が図られている。

先進のエアロダイナミックスで600kgのダウンフォースを発生

実はこのヴァルハラ、2019年に[コンセプトカーとして日本に上陸]したことがある。その当時のモデルと比較してみるとデザインは大きく異なる。フロントマスクからボディサイド、リアデザインに至るまで外装のほとんどをリフレッシュさせているようだ。つまり、このモデルがほぼ市販モデルということになる。

ヴァルハラのボディは、カーボンファイバー製コンポーネントを中心に構築されている。サスペンションは、F1由来のプッシュロッドフロントサスペンションが特徴で、インボードに取り付けられたスプリングとダンパーがバネ下重量を減らす効果をもたらす。

リアのマルチリンクとともに、マルチマチック アダプティブスプリングおよびダンパーユニットを使用し、走行時の不快な振動を抑え、公道およびサーキットにおける卓越したパフォーマンスの実現も図られている。

また、この剛性の高いサスペンションに加え、サーキットモードを選択すると、ダウンフォースを最大化するために車高が大幅に下がる。公道走行用のモードでは、フロントアクスル リフトシステムがノーズを持ち上げて、アプローチアングルを改善してくれる。ブレーキは、高性能なカーボンセラミックマトリックスブレーキ(ブレーキバイワイヤーテクノロジーを採用)が装着される。

エアロダイナミックも見どころだ。フロントサーフェスやリアウイング、ベンチュリトンネルを通過するアンダーボディのエアフローの巧みな制御を施され、約241km/hの走行時に600kgものダウンフォースを発生する。類まれな高速コーナリング性能と安定性が大いに期待できそうだ。

ヴァルハラのハンドル位置は、ワールドワイドのマーケットを意識して左と右の2タイプが用意される。これは、量産モデルを意識してのことで、ヴァルキリーより広いコクピットや中央のタッチスクリーンディスプレイによるコネクティッド機能(アストンマーティンHMIシステム)の充実などもそれになぞられる。アダプティブ機能とハイビームアシストを備えたフルLEDマトリクスヘッドライトやデュアルゾーンエアコンディショナー、そして最新の先進運転支援システム(ADAS)の装備も同様だ。

ヴァルハラの発売時期および車両価格は、今回の発表では公開されていない。アストンマーティンの次なるアナウンスを待ちたい。

[【2021年最新】クルマ一括査定サイトのおすすめランキング8社!あなたに合う選び方を徹底解説! - Webモーターマガジン]