7月19日、日産がコンパクトSUV「キックス」をマイナーチェンジし、発売を開始した。第2世代e-POWERを搭載し、4WDモデルを追加するとともに、ブラウンの内装などが特徴のグレード「スタイルエディション」が新しく設定されている。

燃費向上とともに、インテリジェントな装備がさらに充実

改良型の「キックス」が新たに搭載する第2世代e-POWERは、モーター出力が約5%、最大トルクが約7%向上。低速走行時のエンジン始動頻度を低減させたことで、静粛性を高めている。燃費も、WLTCモードでこれまでの21.6km/Lから23.0km/Lに約6.4%向上している。

アクセル操作のみで加減速を制御できる「e-Pedal Step」の操作性がより滑らかになったほか、SPORT、ECOモードを選択していてもBレンジへ切り替えることが可能に。また、満を持して登場した電動四輪駆動システム「e-POWER 4WD」は、雪道や悪路での走破性を高め、ワインディングや市街地などあらゆる場面での乗り心地も向上している。

車両前方に搭載されたミリ波レーダーが2台前を走る車両の車間や相対速度を検知して、表示とアラームで注意を促す「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」は、コンパクトSUVとしては初めて、全グレードに標準装備されている。

センターコンソールとシフトレバーのデザインも一新。「ツートーンインテリアエディション」には、新しくベージュが追加された。

また、新グレードの「スタイルエディション」には、リアコンビランプ一体型フィニッシャーや、ダーククローム調のグリルフィニッシャーを取り入れ、内装にはブラウンを基調とした装いを施すことで、内外ともにシックな雰囲気でまとめられている。

待望の4WDモデル登場はもちろんだけれど、燃費の向上なども含めて、日常的な使い勝手や機能性が高まったキックス。激戦区とも言えるコンパクトSUV市場にあって、さらにその存在感を強めることになるかもしれない。

●■日産 キックス ラインナップ&プライス

◎2WD
X   279万8400円
X ツートーンインテリアエディション(オレンジタン)  290万8400円
X ツートーンインテリアエディション(ベージュ)  290万8400円
X スタイルエディション  301万8400円
◎4WD
X FOUR   306万1,300円
X FOUR ツートーンインテリアエディション(オレンジタン)  317万1300円
X FOUR ツートーンインテリアエディション(ベージュ)  317万1300円
X FOUR スタイルエディション   328万1300円