2021年もコロナ禍の影響を受けたものの、さまざまなニューモデルが登場した。そこで年末年始特別企画として、Webモーターマガジンの連載企画「写真蔵」で紹介した人気ニューモデル トップ10をカウントダウンで紹介しよう。第3位は、スズキ ソリオ/ソリオ バンディットだ。(2021年1月1日〜2021年12月20日のPVを集計)

第3位:スズキ ソリオ/ソリオ バンディット(2020年12月4日発売)

ソリオ/ソリオ バンディットは、スズキのコンパクト ハイトワゴンだ。軽ハイトワゴンのワゴンRをベースに1997年に登場したワゴンRワイドがそのルーツで、ワゴンRプラス(1999年)、ワゴンRソリオ(2000年)、そしてソリオ(2005年)と車名を変更。2012年にカスタムバージョンのソリオ バンディット(以下、バンディット)が追加された。

今回のフルモデルチェンジでは、全長を80mm(バンディットは70mm)延長し、荷室床面長を100mm拡大して、広い荷室と室内空間を実現している。それでいながら最小回転半径は4.8mのままで変わらない。

エクステリアは、ソリオはダイナミックで伸びやかに、バンディットは圧倒的で迫力あるスタイルにと、かなり差別化されている。いずれもボンネットの前端を上げてグリルの厚みを増して、フロントマスクは強い存在感を表現している。

インテリアでは、センターメーター内に4.2インチカラー液晶のマルチインフォメーションディスプレイを標準装備。ソリオはネイビーとホワイトを基調として洗練された空間を表現し、バンディットはボルドーとブラックを基調として上質感を表現している。

パワートレーンは、1.2Lの4気筒エンジンにISG(モーター機能付き発電機)とリチウムイオン電池を組み合わせたマイルドハイブリッドを、ベースグレード以外に採用。減速時のエネルギーで発電してリチウムイオン電池に充電し、加速時にはその電力でモーターがエンジンをアシストする。

さらに、進化した予防安全技術「スズキ セーフティサポート」も全グレードで搭載。最大のライバルであるトヨタ ルーミー/ダイハツ トール/スバル ジャスティはほぼ同時期にマイナーチェンジされたが、今後もコンパクト ハイトワゴンの市場で鎬を削り合うことだろう。(写真:永元秀和)

●■スズキ ソリオバンディット ハイブリッドMV (FF) 主要諸元

●全長×全幅×全高:3790×1645×1745mm
●ホイールベース:2480mm
●重量:1000kg
●パワーユニット種類:直4 DOHC+ISG
●排気量:1242cc
●エンジン最高出力:67kW(91ps)/6000rpm
●エンジン最大トルク:118Nm(12.0kgm)/4400rpm
●モーター最高出力:2.3kW(3.1ps)/1000rpm
●モーター最大トルク:50Nm(5.1kgm)/100rpm
●トランスミッション:CVT
●駆動方式:横置きFF
●燃料・タンク容量:レギュラー・32L
●WLTCモード燃費:19.6km/L
●タイヤサイズ:165/65R15
●車両価格:200万6400円