「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回はクライスラーグループから、ダッジ ナイトロとジープ グランドチェロキーというSUV2台を乗り比べてみた。

ダッジ ナイトロ(2011年)

以前に、[フォード(リンカーン)]、[GM(シボレー&キャデラック)]とアメリカンSUVを試乗してきたが、今回はビッグ3(もはや死語か)の残り1社、クライスラー グループのSUV2台を短時間だが試乗できた。まずは、ダッジ ナイトロから。

ダイムラー・クライスラー日本(当時)が満を持して「ダッジ」ブランドを日本に導入して展開を始めたのが2007年。だが、クライスラーの経営不振などの影響もあり、間もなくダイムラーとクライスラーは袂を分かち、現在(編集部註:2011年)日本に導入されているダッジ車は、このナイトロ1車種だけになってしまった。

とはいえ、この独特の存在感は他車の追随を許さないナイトロの特権といえるだろう。3.7LのV6エンジンを納めるフラットなボンネットフードに、おとな5人がゆったりと過ごせるボクシーなキャビン。同じクライスラー グループのジープ ラングラーをも彷彿とさせるスタイリングだ。それでも、クロームパーツを効果的に配して、ダッジらしさを押し出している。

ドアを開けて運転席に乗り込もうとすると、ステップはけっこう狭く、またグリップもない。大柄なアメリカ人には問題ないのだろうが、女性や小柄な人では飛び乗る感覚になる。それでも、後席は頭上も足元も広々としており、幅広のステップがあるから乗降もスムーズだ。

4WDはパートタイム式で、悪路というよりは「悪天候型」といったセッティングにとどまる。すなわち、FRベースのジープ チェロキーとプラットフォームを共有するため、オンロードとのバランスの良さが持ち味といえそうだ。

けっこう勾配のきついワインディングロードを走ってみたが、アイポイントが高いのに、そのロール感覚はまるでハイパフォーマンスカーのようだ。つまり、シャープでフラット。その割りにはステアリングのフィールは大らかで、ボワンと揺れながらも的確にトレースしていく。

これは驚くほどの新感覚だ。ナイトロは見た目だけでなく、走ってもかなり面白い。しかも、300万円を切るという車両価格だから、お買い得感も強いといえるだろう。

ジープ グランドチェロキー(2011年)

続いて、いまやジープのフラッグシップモデルとなったグランドチェロキー。日本仕様が発表されたばかりの4代目となる新型はますます洗練され、紳士的になった。その姿は、まさにジープ 一族のフラッグシップにふさわしい威厳を持つ。

ボディサイズはそれほど拡大した印象は受けないが、キャビンでは後席のレッグスペースが約10cm広がり、ラゲッジスペースも11%ほど拡大している。ボディには高張力剛板を61%使用したことで、ねじれ剛性は145%もアップしているという。4WDシステムは、もちろん本格的なクォドラトラックIIで、アプローチアングルなどの確保も不足はない。また、セレクテレインというトラクションコントロールでは、12のシステムを制御して5種類の走行モードを自在にする。

そして心臓部に収まるパワートレーンは、3.6LのV6エンジンと5速ATの組み合わせだ。今回、一般道と高速道路のみで試乗したかぎりでは、とにかくガッチリとした乗り味が強く印象に残った。ギャップではドンッと素直に入力を伝える代わりに、コーナーや高速の追い越し中などでは路面にグッと踏ん張る感覚が頼もしい。なめらかなステアリングフィール、ガサツさのかけらもないエンジン音は、本当に紳士的だ。ドライビングポジションは深くすっぽりと収まる感覚で、安心感に包まれている。

新型グランドチェロキーは、クライスラーがダイムラーと合併していた時期に開発をスタートした関係で、プラットフォームをはじめとしたコンポーネンツのおよそ30%をメルセデス・ベンツ Mクラスと共用している。ボディやエンジン、そして走りっぷりも紳士的なのは、その影響が大きいのは間違いない。

それでも、ワンタッチでリアシートが格納できてラゲッジスペースを拡大できたり、取り外し可能な床下収納ボックスも完備するなど、使い勝手は高められている。走りは洗練されたが、こういうところにはアメリカンな大らかさや合理性が息づいているのがわかる。やはり、グランドチェロキーは「ジープ」なのだ。

●■ダッジ ナイトロ SXT 主要諸元

●全長×全幅×全高:4580×1860×1785mm
●ホイールベース:2765mm
●車両重量:1890kg
●エンジン種類:V6 SOHC
●排気量:3700cc
●最高出力:151kW<205ps>/5200rpm
●最大トルク:314Nm<32.0kgm>/4200rpm
●トランスミッション:4速AT
●駆動方式:フロント縦置き4WD
●JC08モード燃費:7.3km/L
●タイヤ:235/65R17
●当時の車両価格(税込):298万円

●■ジープ グランドチェロキー リミテッド(エアサス仕様) 主要諸元

●全長×全幅×全高:4825×1935×1770mm
●ホイールベース:2915mm
●車両重量:2200kg
●エンジン種類:V6 DOHC
●排気量:3604cc
●最高出力:210kW<286ps>/6350rpm
●最大トルク:347Nm<35.4kgm>/4300rpm
●トランスミッション:5速AT
●駆動方式:フロント縦置き4WD
●JC08モード燃費:7.7km/L
●タイヤ:265/60R18
●当時の車両価格(税込):523万円