ハイウエイドライブの楽しみのひとつといえば、SA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)での食事やおみやげ。今回は、東北自動車道・安達太良SA(下り)のテイクアウトを紹介しよう。

愛され続けて18年、累計販売は56万個を突破!

福島県のほぼ真ん中にあるSAといえば、東北自動車道の安達太良SAです。ここから6kmほどのところにある郡山JCTから、南に行けば郡山市、北に福島市、西に会津若松市、東にいわき市へと連絡できるため、福島の道路交通の要衝といえるでしょう。

そんな安達太良SA(下り)で大人気のテイクアウトグルメが「あだたらのいも小町」(1個210円)です。安達太良SA(下り)限定の和スイーツとして販売を開始されたのが、もう18年も前。それから売れに売れ続け、なんと累計販売数は56万個を突破したというから驚きです。

「あだたらのいも小町」は簡単に言ってしまえば、アンコとサツマイモの入ったお饅頭です。ただし、皮には地元となる本宮市白沢産のトロロ芋を使っているのが特徴。白沢のトロロ芋は「山のうなぎ」とも呼ばれ、品質は国内でも最高レベルとか。中に入っているアンコは北海道十勝産の小豆を使っており、国産のサツマイモは皮つきそのままというのもポイントです。

販売はショッピングコーナーの横で、ホカホカのものが1個ずつ販売されています。また、おみやげに欲しいという人には、冷凍状態で6個入り1400円というものも販売されています。冷凍品は電子レンジでチンするだけでOKという手軽さもうれしいですね。

さっそく熱々の「あだたらのいも小町」をいただいてみると、皮のモチモチ感がすごい! これがトロロ芋を混ぜた特徴になるそうです。一方、アンコとサツマイモの甘さは控えめ。甘みよりも、皮や小豆、サツマイモ本来の味を楽しめるのが、このお饅頭の醍醐味でしょう。リピーターが多いことも納得です。

SAオリジナルのラーメンをおみやげに

続いて人気なのがラーメンです。もともと安達太良SA(下り)のフードコートでは、郡山市の名店「志那そば正月屋」が監修した「あだたらラーメン」が販売されています。そのラーメンを、おみやげにしよう!と生まれたのがテイクアウト用の「あだたらラーメン」(4食入り1080円)でした。これが安達太良SA(下り)の限定品ということもあって話題に。そして1年ほど前に、さらにお手軽になった「レンジでチンする あだたらラーメン」(580円)が登場したのです。今回、これを実際に筆者が自宅で調理、食べてみることに。

まず、大きなドンブリ状のパッケージを開封すると、中に生麺とスープ、具材(豚チャーシューとメンマ)が入っています。ドンブリに生麺を開けて熱湯を注ぎ、そのままレンジで3分半。レンジから出したドンブリからは、もうもうとした湯気。そこにスープと具材を投入すれば完成! 用意するのはお湯だけという簡単さです。でも、そのままだとちょっと寂しいので、刻んだ小ねぎとノリをトッピングしてみました。

で、その味はといえば、「お店の味だ!」というのが第一印象です。また、麺のおいしさも特筆もの。伊達鶏の入った鶏ガラしょう油のスープは、すっきりとしつつもコクと旨味がたっぷり。豚チャーシューはちょっと薄めのスライスで残念ですが、トロトロで味はばっちり。こんなに簡単なのに、しかもこんなにおいしいなんてズルい!と思えるほど。なるほど、この人気ぶりも当然のことでしょう。ラーメン好きにおススメの逸品です。

福島三大銘菓のひとつ「ままどおる」

最後に紹介するのが、福島の三大銘菓のひとつと呼ばれる、三万石の「ままどおる」(5個入り600円)。「おみやげに迷ったときは、これを買っていけばOK!」というほど大定番の福島スイーツです。ちなみに、残りのふたつは安達太良SA(下り)の支配人さんいわく、「柏屋の薄皮饅頭」と「かんの屋のゆべし」とか。

で、「ままどおる」とは、バターを使った生地でミルク味の餡を包んだ焼き菓子です。なんと、1967年(昭和42年)から発売されている歴史ある商品です。実際に食べてみれば、ふんわりと柔らかい食感。そして、ミルクとバターの香りが鼻をくすぐる優しい甘さです。文句なしにおいしい! 定番になるのも、ひと口でわかる味でした。

安達太良SA(下り)ならではのグルメと福島の銘菓、どれを買っても、おみやげで喜ばれることは間違いないでしょう。(文と写真:鈴木ケンイチ/取材協力:NEXCO東日本)

●■東北自動車道・安達太良SA(下り)

●営業時間
ショッピングコーナー:24時間
※コロナ禍の影響により、営業時間が変更になる場合があります。