2022年3月17日、ステランティス ジャパンはDSオートモビルのフラッグシップセダン「DS9」を日本でも発表した。そのディテールを写真で紹介しよう。

プラグインハイブリッドとガソリンターボを設定

DS9は、DS7クロスバック、DS3クロスバックに続く、DSブランドのオリジナルモデル第3弾だ。これまでの2台はSUVタイプだったが、このDS9はDSシリーズのフラッグシップにふさわしい4ドアセダンとして誕生した。

DS9はEセグメントに分類され、メルセデス・ベンツ EクラスやBMW 5シリーズなどがライバルとなるだろう。5m近い全長と1.8mを超える全幅だが、全高は1.5m以下におさえられ、シルエットは4ドアクーペ風だ。ホイールベースは2.9m近くあり、室内空間はライバルに比べて広々としている。エクステリアでは、ボンネット上の「セイバー(サーベルの意味)」と呼ばれるクローム装飾が特徴的だ。

日本仕様のトリムは、深紅のルビーのような色調のムラ染めレザーを貼り込んだ「オペラ」と、シックなブラック基調のレザーにダイヤモンドパターンのステッチを施された「リヴォリ」が設定される。上級グレードのオペラでは、リアシートにもヒーターやベンチレーション機能なども備え、ラグジュアリーな空間とされている。

パワーユニットは、1.6Lの直4ガソリンターボエンジンと、これに電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッド(PHEV)の2タイプを設定。前車は200psと300Nmを、後者はシステム総合で250psと300Nmを発生する。トランスミッションは8速ATを組み合わせ、前輪を駆動する。PHEVは200Vのウオールボックスタイプの普通充電器なら約2時間半で満充電が可能で、モーターのみで61km(欧州仕様値)を走行できる。

フラッグシップセダンにふさわしく、運転支援などの安全装備や快適装備も充実。ガソリンモデルなら630万円からという戦略的価格設定で、ドイツをはじめとするEセグメントのライバルたちに挑む。

●■DS9 オペラ Eテンス 主要諸元

●全長×全幅×全高:4940×1855×1460mm
●ホイールベース:2895mm
●車両重量:1930kg
●エンジン:直4 DOHCターボ+モーター
●総排気量:1598cc
●最高出力:147kW(200ps)/6000rpm
●最大トルク:300Nm/3000rpm
●モーター最高出力:81kW(110ps)/2500rpm
●モーター最大トルク:320Nm/500−2500rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:FWD
●燃料・タンク容量:プレミアム・43L
●WLTCモード燃費(ハイブリッド):15.7km/L
●タイヤサイズ:235/45R19
●車両価格(税込):787万9000円