2021年4月29日、FIA世界耐久選手権(WEC)がスパ・フランコルシャン6時間レースで幕を開ける。LMP1カーの時代が終わり、今シーズンから「ル・マン ハイパーカー」の新時代へと移るが、その戦いはどうなるのだろうか。

ハイパーカーの規定は公道走行可能な車両をベースに想定

ル・マン24時間耐久レース/WEC世界耐久選手権のトップクラスの戦いは、従来までのLMP1-Hのレーシングハイブリッドカーから、市販車に近い「ル・マン ハイパーカー」に今シーズンから移行する。

これに向けて、トヨタ、フェラーリ、ランボルギーニ、アストンマーティン、ポルシェ、アウディ、プジョー、BMW、アルピーヌなどの強豪が参戦に乗り出していたが、残念ながらハイパーカー初年度の開幕戦のハイパーカークラスにエントリーしているのは、トヨタ、アルピーヌ、スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスのみ。まずは、LMP1-Hクラスで無敵を誇ったトヨタが新しいシリーズの牽引役となりそうだ。

ただ、LMP1-Hクラスで無敵だったとはいえ、ハイパーカークラスのニューマシン「トヨタ GR010 ハイブリッド」は従来とはまったく異なるマシンで、予断は許されない状況だ。

ハイパーカーは燃料消費やエレクトリックパワーの使用を厳しく制限されているわけではないが、TS050ハイブリッドほどパワーは大きくないし、車両重量も大きい。ハイパーカーの規定は公道走行可能な車両をベースに想定していて、全長は5000mm以下、全幅2000mm以下、全高は1150mm以下で、前面投影面積が1.6平方メートル以上、車両重量は1030kg以上とされている。また、排気量、気筒数などは自由で、ハイブリッドシステムを搭載する場合はフロントアクスルを駆動することと規定されている。

この規定のもとで開発されたトヨタ GR010 ハイブリッドは、120km/hを超えると前輪に装着された最大272psのモータージェネレーターユニットと680psを発揮する3.5L V6ツインターボエンジンを組み合わせて4輪駆動として走行する。(TS050ハイブリッドは後輪にもハイブリッドシステムを搭載して1000psを発揮していた)

また、LMP2カーやGTカーを追い越す際などに最大限のパフォーマンスを引き出すためこれまでとは異なるセッテイングや複雑な操作が必要となり、またボディはシリーズをとおして同じ形状、エアロダイナミクスとすることと定められているため、実質ル・マン24時間レース仕様ですべてのサーキットを走ることになる。

加えてBoP(バランス・オブ・パフォーマンス)が初めて導入されるのもポイントで、トヨタ GR010 ハイブリッドはパワーがTS050ハイブリッドよりも32%絞られ、ル・マンのサルテサーキットのラップタイムで10秒程度遅くなると言われる。まだまだ実戦でなにが起きるかわからないというのが実状だ。

そんな中でトヨタは、世界チャンピオンの防衛とル・マン24時間レース4連覇を目指し、昨年と同じドライバーラインアップでシーズンに臨む。

TOYOTA GAZOO Racing WECチーム体制

7号車 トヨタGR010 ハイブリッド
小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス

8号車 トヨタGR010 ハイブリッド
中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、ブレンドン・ハートレー

TOYOTA GAZOO Racing の村田久武 WECチーム代表は、開幕戦を前に「ハイパーカーによる耐久レースのエキサイティングな新時代が始まります。ル・マンでは多くのトップチームと競い合うことになります。TOYOTA GAZOO Racingが、この新時代のスターティンググリッドに立てることを誇りに思います。我々のWECプロジェクトの第一段階を締めくくったTS050 HYBRIDでは、レーシングハイブリッド技術の向上に徹底的に取り組み、もっといいクルマづくりに繋げてきました。ここからは第二段階に入り、将来、もっとエキサイティングなスポーツカーをお客様にお届けできるよう、レーシングハイブリッド技術の限界をさらに押し上げ、再びワンチームで戦っていきます。GR010 HYBRIDを通して、人を鍛え、技術、プロセスをさらに強化していきます。簡単なシーズンにはならないとは思いますが、私たちは決して諦めません」とコメントしている。

まずはスパ6時間がどんなレースになるのか、楽しみだ。

WEC世界耐久選手権開幕戦スパ・フランコルシャン6時間レースは4月29日(木)に予定されているフリー走行でスタート。30日(金)に2度のフリー走行と予選を行い、5月1日(土)の決勝レースを迎える。なお、今季より予選は1台の車両につき1人が1周のみアタックする新たなフォーマットで実施される。

トヨタ GR010ハイブリッド 主要諸元

●全長×全幅×全高:4900×2000×1150mm
●車両重量:1040kg
●エンジン:V型6気筒DOHCツインターボ
●排気量:3.5L
●エンジン出力:500kW(680ps)後輪駆動
●モーター出力:200kW(272ps)前輪駆動
●ギアボックス:横置き7速シーケンシャル
●駆動方式:4WD
●燃料タンク容量:90L
●サスペンション:プッシュロッド式独立懸架ダブルウイッシュボーン

WEC 2021年シーズンカレンダー

第1戦:スパ・フランコルシャン6時間(5月1日)
第2戦:ポルティマオ6時間(6月13日)
第3戦:モンツァ6時間(7月18日)
第4戦:ル・マン24時間(8月21〜22日)
第5戦:富士6時間(9月26日)
第6戦:バーレーン6時間(11月20日)