2021年1月28日、メルセデス・ベンツのフラッグシップ サルーンである「Sクラス」がフルモデルチェンジされた。そのディテールを写真で紹介しよう。

新型Sクラスは世界最高峰の安全&快適装備を満載

メルセデス・ベンツだけでなく世界を代表するフラッグシップ サルーンの「Sクラス」が、7代目にフルモデルチェンジされた。

最新のメルセデス車に共通の「センシュアル ピュリティ(官能的純粋)」というデザインの基本思想に基づいたスタイリングのエクステリアは、ラインやエッジを大幅に削減して曲線を描く彫刻的な面で構成されている。従来型より細身になったヘッドランプ、横長三角形のテールランプ、スリーポインテッドスターが輝くボンネットマスコット、そしてメルセデス車初の格納型ドアハンドルなどが特徴的だ。

インテリアでは、12.3インチのメータークラスターやセンターコンソールの縦型12.8インチ 有機ELメディアディスプレイが目を引く。ウッドトリムの面積も広がり、アンビエントライトのLED光源も増えている。リアシートにはオプションだが世界初のSRSリアエアバッグも搭載している。安全運転支援システムでは、最新の「インテリジェントドライブ」を搭載している。

パワートレーンは、S400dは3Lの直6ディーゼルターボ、S500は3Lの直6ガソリンターボ+ISG(インテグレーテッド スターター ジェネレータ−)のマイルドハイブリッドを搭載。いずれも9速ATと組み合わされ、駆動方式は4WDの4MATIC。後輪操舵も備え、低速では回転半径を小さくし、高速では走行安定性を高める。

進化した対話型インフォテインメントシステム「MBUX」や、生体認証(指紋/顔/声)によるシートポジションなどの設定が可能なども装備して、新型Sクラスはすべての要素において最新のラグジュアリーを再定義したフラッグシップといえるだろう。

●メルセデス・ベンツ S500 4MATIC ロング(AMGライン) 主要諸元

●全長×全幅×全高:5320×1930×1505mm
●ホイールベース:3215mm
●車両重量:2250kg
●エンジン:直6 DOHCターボ+モーター
●総排気量:2996cc
●エンジン最高出力:320kW<435ps>/6100rpm
●エンジン最大トルク:520Nm<53.0kgm>/1800−5800rpm
●モーター最高出力:10kW<16ps>
●モーター最大トルク:250Nm<25.5kgm>
●トランスミッション:9速AT
●駆動方式:フロント縦置き4WD
●燃料・タンク容量:プレミアム・76L
●WLTCモード燃費:11.0km/L
●タイヤサイズ:前255/40R20、後285/35R20
●車両価格(税込):1724万円(AMGラインは+99万8000円)