2022年11月7日、栃木県のモビリティリゾートもてぎで2022 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT 300km RACE GRAND FINALが行われ、55号車ARTA NSX GT3(武藤英紀/木村偉織)がポールトゥウィンを達成した。そしてレース中に何度も順位が入れ替わったチャンピオン争いはランキングトップで最終戦に臨んでいた56号車リアライズ日産メカニックチャレンジGT-R(藤波清斗/J.P.デ・オリベイラ)がポイント差を守り切り、チャンピオンに輝いた。

ファイナルラップまで持ち越されたチャンピオンの行方

雲ひとつない秋晴れの中行われた最終戦は、ランキング上位6台で繰り広げられた。そんな中予選でまさかのクラッシュを喫したランキング2位の61号車SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)が予選16番手に終わり、チャンピオン本命のアクシデントに場内は騒然となった。

ポールポジションを獲得した55号車はトップで1コーナーを抜けるも、2位につける18号車UPGARAGE NSX GT3(小林崇志/太田格之進)が3コーナーで55号車をオーバーテイクしトップに浮上する。前日の予選でクラッシュしてしまった61号車は修理を間に合わせ、決勝は16番手からスタートしたが、ターボに問題があり、次々に抜かれてしまう厳しい展開となってしまった。

大きな接触はなかったスタート直後だが、9周目の3コーナーでGT500車両を含む多重クラッシュが発生。このアクシデントによりFCY(フルコースイエロー)が導入される。しかし翌周にはSC(セーフティカー)に切り替わり、ホームストレートで隊列整理が行われた。

リスタートも迫っていたSCラン中に2度目のアクシデントが発生。5号車マッハ車検 エアバスター MC86 マッハ号(冨林勇佑/平木玲次)に31号車apr GR SPORT PRIUS GT(嵯峨宏紀/中山友貴)が追突。スピード差もあり大きなクラッシュとなった。幸いドライバーに怪我はなかったが、車両撤去のため、SCが継続されることになった。

レースは20周目に再開。25周目にトップの18号車がピットインするも、スタートに手間取ってしまい優勝戦線から離脱、55号車が実質的なトップに返り咲く。

ピットインのタイミングということもあり順位の入れ替えが激しい中、レースは後半戦へ。全車ピットストップを終え、55号車、52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹/川合孝汰)、10号車TANAX GAINER GT-R(富田竜一郎/大草りき)、56号車のトップ4となった。このままの順位のままレースを終えると56号車のタイトル獲得という状況であったが、42周目に56号車がまさかのスローダウン。右のフロントタイヤが外れてしまうがなんとかピットに戻りタイヤを装着しコースに復帰。しかし19位まで下がってしまい3位を走る10号車にチャンピオンの可能性が出てきた。

しかし87号車Bamboo Airways ランボルギーニ GT3(松浦孝亮/坂口夏月)が10号車を猛追。52周目に10号車をパスし3位に浮上、さらに10号車の背後には18号車も接近。2周に渡るサイドバイサイドのバトルを繰り広げるも10号車の富田は18号車太田の猛攻を防ぎ切ることができず54周目に4位に後退。10号車をパスした87号車は勢いそのままに2位の52号車もオーバーテイク、これで52号車のタイトルのチャンスがほぼなくなってしまった。

さらに10号車に88号車Weibo Primez ランボルギーニ GT3(小暮卓史/元嶋佑弥)が急接近。10号車が88号車に抜かれれば、ノーポイントであっても56号車にチャンピオンの称号が与えられるため、10号車富田が必死に小暮を抑えていく。しかしファイナルラップでついに88号車小暮が10号車富田をオーバーテイク。

55号車は見事ポールトゥウィンを達成、そして10号車が8位でフィニッシュした瞬間、56号車のチャンピオンが決まるという劇的な展開で最終戦は終了した。

チャンピオンは1年の積み重ね

ランキングトップで最終戦に乗り込んだ56号車。予選でも安定したポジションにつけチャンピオンにむけ自信も覗かせていた。しかし決勝では右のフロントタイヤが外れるというまさかのアクシデントに見舞われ19位でのフィニッシュとなった。

しかしこれまでの貯金が56号車に奇跡をもたらした。最終戦だけでチャンピオンは決まらない、1年の積み重ねでチャンピオンが決まる。サクセスウエイトというレギュレーションが存在するスーパーGTにおいて、シーズンを通じてランキングトップを維持し続けるのはなかなかできることではない。

これは自分ができる最大限の仕事は何かを理解する賢さと、実行に移せる技術、そして速さをドライバーが兼ね備えている証拠である。それはチームにも言えることであり、シーズンを通してこれらを維持し続けたことが開幕から最終戦までトップで居続けられた理由ではないだろうか。

今回のレースは56号車にとってまさに悪夢のような展開となった。しかし開幕から積み重ねてきたポイントにライバル勢は届かなかったのだ。確かに最終戦はライバル勢の動きに左右されたが、運だけではチャンピオンになれないというモータースポーツの厳しさと、1年を通して多くのポイントを獲得し続けた56号車の凄さを改めて感じさせるレースだった。(PHOTO:井上雅行)

●■2022年スーパーGT第8戦決勝 GT300結果

1位 55 ARTA NSX GT3(武藤英紀/木村偉織)60周
2位 87 Bamboo Airways ランボルギーニ GT3(松浦孝亮/坂口夏月)+4.048
3位 52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹/川合孝汰)+8.204
4位 18 UPGARAGE NSX GT3(小林崇志/太田格之進)+11.223
5位 88 Weibo Primez ランボルギーニ GT3(小暮卓史/元嶋佑弥)+21.511
6位 96 K-tunes RC F GT3(新田守男/高木真一)+24.451
7位 4 グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝/片岡龍也)+25.113
8位 10 TANAX GAINER GT-R(大草りき/塩津佑介)+25.117
9位 7 Studie BMW M4(荒 聖治/アウグスト・ファルフス)+50.882
10位 360 RUNUP RIVAUX GT-R(青木孝行/名取鉄平)+51.315

●■2022年スーパーGT GT300 ドライバーズランキング

1位 56 リアライズ 日産メカニックチャレンジ GT-R(藤波清斗/J・P・デ・オリベイラ)52
2位 61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)49.5
3位 10 TANAX GAINER GT-R(大草りき)49
4位 52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT(川合孝汰)48
5位 52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹)47
6位 10 TANAX GAINER GT-R(富田竜一郎)45
7位 11 GAINER TANAX GT-R(安田裕信/石井京侍)35
8位 18 UPGARAGE NSX GT3(小林崇志/太田格之進)34
9位 4 グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝/片岡龍也)33
10位 65 LEON PYRAMID AMG (蒲生尚弥/篠原拓朗)33