2022年9月15日、スバルは新型クロスオーバーSUVの「クロストレック」をオンラインで世界初公開した。従来の「XV」から車名が変更されてのフルモデルチェンジだ。2023年以降に日本市場への導入を皮切りに、順次世界各国市場で導入を予定している。

フルモデルチェンジを機に、車名を世界統一名称に

これまて「クロストレック(CROSSTREK)」は、スバル XVの輸出仕様の名称だった。ちなみにクロストレックとは「クロスオーバー」と「トレッキング」をかけ合わせた造語だという。つまり今回、3代目(インプレッサXVから数えれば4代目)となるXVのフルモデルチェンジを機に、グローバル展開するモデルであることから日本仕様も車名をクロストレックに統一したというわけだ。

スタイリングは、クロスオーバーSUVとして突き抜けたデザインを狙った。大型ヘキサゴングリルから始まる立体的で迫力あるフロントフェース、クラッディングエリアを拡大してダイナミックなラインや造形を盛り込んで頼もしさと躍動感を両立したサイドビュー、絞り込んでフェンダーの張り出しを強調して安定感を表現したリアビューなどが特徴的だ。

インテリアは、シンプルながら表情豊かなインパネデザインとし、センターコンソール上面の位置を高くして包まれ感を表現しながら操作性も向上させている。フロントシートは医学的知見を取り入れて、乗員の骨盤をしっかり支えて頭の揺れを抑制する構造とし、乗り心地を高めて疲労軽減にも貢献している。

プラットフォームは、SGP(スバル グローバル プラットフォーム)の進化版を採用。現段階で発表されているパワートレーンは、2.0Lの直噴 水平対向4気筒DOHCにモーターを組み合わせたハイブリッド(eボクサー)で、トランスミッションはクロストロニックCVT、駆動方式はスバル得意の4WDとなる。

インテリアも上級志向。スバル初の広角単眼カメラが安全をサポート

絞り込んだキャビンや低いルーフラインとしながら、室内空間は従来型同等の室内空間を実現した。ラゲッジスペースも従来型同等の大きな荷室開口部と必要十分な荷室容量を確保している。

安全装備では、新世代アイサイトにスバル初の広角単眼カメラを組み合わせ、アイサイトとしては最高の性能を実現している。

なお、これまではインプレッサから派生してXV(クロストレック)が開発されていたが、この新型ではクロストレックをベースにインプレッサの開発を進めているという。[アウトバックの一部改良]や[フォレスターSTIスポーツの追加]など、ここのところ動きの活発なスバルだが、今後はますます注目されていくに違いない。

●■スバル クロストレック 主要諸元

●全長×全幅×全高:4480×1800×1580mm(グレードにより異なる。ルーフレールとシャークフィンアンテナなしは全高が1550mm)
●ホイールベース:2670mm
●車両重量:1540〜1620kg
●パワートレーン:水平対向4気筒DOHC+モーター
●総排気量:2.0L
●トランスミッション:リニアトロニック(CVT)
●駆動方式:フロント縦置き4WD
●タイヤサイズ:225/60R17 or 225/55R18(グレードにより異なる)