2021年9月3日、1985年以来36年ぶりとなるオランダGPがザントフォールト・サーキットで開幕した。初日はやや風があるものの快晴の中でフリー走行が行われたが、1回目、2回目ともにトラブルやコースアウトによって赤旗中断が発生。母国GPで優勝を狙うマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)はニュータイヤでのアタックができず5番手となった。トップタイムをマークしたのはシャルル・ルクレール(フェラーリ)。ルイス・ハミルトン(メルセデス)はフリー走行2回目開始わずか5分でエンジントラブルのためマシンを止めた。

ザントフォールトはアップダウンが激しいタフなコース

オランダGPの舞台となるザントフォールト・サーキットは快晴。フリー走行1回目は気温23度、路面温度27度というコンディションでスタートしたが、開始約20分に差し掛かるところで、セバスチャン・ヴェッテル(アストンマーティン)のマシンがパワーユニットのトラブルでコース上にストップ。これでセッションは赤旗中断となったが、漏電の恐れから車両撤去が遅れ、さらにFIAのネットワークトラブルも重なって、残りわずか6分での再開となった。

走行再開後、1分11秒500のトップタイムをマークしたのはハミルトン。フェルスタッペンが2番手、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が10番手に入り、コース上の混雑によってクリーンラップが取れなかったセルジオ・ペレスは16番手となった。

角田裕毅は赤旗中断の前、ハードタイヤでコースインしてスロットルを開けた瞬間にスピン。その後、ピットに戻りパワーユニットのマイナートラブルの修復のためタイムを記録せずに、このセッションを終えている。

フリー走行2回目は気温25度、路面温度30度というコンディションになったが、ここでもアクシデントが頻発。開始5分でルイス・ハミルトン(メルセデス)がコース上にマシンを止めて赤旗中断。さらに、再開後もターン11でニキータ・マゼピン(ハース)がスピンしてグラベル上にストップして再び中断となる。

フェルスタッペンは新品のソフトタイヤでアタックラップに入っており、全体ベストのペースで走行していたものの、この赤旗によってアタックを中断。再開後は各チームと同様ロングラン走行に入ったためラップタイムは短縮できなかったものの、ペースはよく、順調に5番手につけた。

このセッションではフェラーリが好タイムをマーク。トップはシャルル・ルクレール、2番手はカルロス・サインツで、3番手にアルピーヌ・ルノーのエステバン・オコンがつけた。

●2021年F1第13戦オランダGPフリー走行1回目 結果

1位 44 L.ハミルトン(メルセデス)1:11.500
2位 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)1:11.597
3位 55 C.サインツ(フェラーリ)1:11.601
4位 16 C.ルクレール(フェラーリ)1:11.623
5位 77 V.ボッタス(メルセデス)1:11.738
6位 14 F.アロンソ(アルピーヌ・ルノー)1:12.158
7位 31 E.オコン(アルピーヌ・ルノー)1:12.231
8位 99 A.ジョビナッティ(アルファロメオ・フェラーリ)1:12.359
9位 18 L.ストロール(アストンマーティン・メルセデス)1:12.431
10位 10 P.ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)1:12.515
・・・・・・・・・
16位 11 S.ペレス(レッドブル・ホンダ)1:13.328
20位 22 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)ノータイム

●2021年F1第13戦オランダGPフリー走行2回目 結果

1位 16 C.ルクレール(フェラーリ)1:10.902
2位 55 C.サインツ(フェラーリ)1:11.056
3位 31 E.オコン(アルピーヌ・ルノー)1:11.074
4位 77 V.ボッタス(メルセデス)1:11.132
5位 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)1:11.264
6位 14 F.アロンソ(アルピーヌ・ルノー)1:11.280
7位 10 P.ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)1:11.462
8位 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス)1:11.488
9位 99 A.ジョビナッティ(アルファロメオ・フェラーリ)1:11.678
10位 5 S.ヴェッテル(アストンマーティン・メルセデス)1:11.911
・・・・・・・・・
12位 11 S.ペレス(レッドブル・ホンダ)1:11.946
13位 22 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)1:12.096

ホンダ勢は順調にデータ収集、連続走行でのペースも良好

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは「フリー走行1回目、2回目ともにトラブルやコースアウトによって赤旗中断が発生して走行時間を削られることになりましたが、最低限のメニューは消化して貴重なデータを得ることができています。レッドブル・ホンダ、アルファタウリ・ホンダともに連続走行でのペースはよくフェルスタッペン選手が全体の5番手、ガスリー選手が7番手、ペレス選手は12番手につけました。角田選手はフリー走行1回目にパワーユニットの不具合が発生しましたが、午後には問題なく走行できることを確認、30周を走行してペレスから0.15秒差の13番手となりました。これまでのセッティングの結果とその実走データを元に、パフォーマンスを上げていきます」とコメント。各ドライバーは次のように語っている。

●マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

「今日はいい一日になりました。オレンジに染まったスタンドのファンが楽しんでいる姿を見られたことは本当によかったです。このサーキットは高速コーナーが多く、ドライビングも楽しいので、ここでレースができたこともうれしく思っています。ベストタイムはユーズドタイヤによるもので、今日のラップタイムが実力を示しているとは思っていません。別のラップでもっといいタイムを出していましたが、マゼピン選手のスピンがあって途中でやめてしまったので、それがなければもう少しポジションは上だったと思います。まだ金曜日なので、ここから詳細を詰めていき、明日に向けて改善点を確認していきます。今日はロングランペースはよかったのですが、ここではスターティンググリッドが重要になるので、今夜の作業でさらなるステップアップを図り、明日の予選は全力でプッシュしたいと思います」

●セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

「普段のコースとは大きく異なり、右コーナーが多く連続しているレイアウトはとても独特で、フィジカル面でもチャレンジになります。このコースでの経験はなく、赤旗による中断が多かったことでリズムに乗るのが難しかったですが、こうした昔ながらのサーキットをドライブするのは素晴らしい気分でした。マシンはまだ完璧に快適とは言い難い状態で、いくつか見直す部分があります。グランドスタンドに多くのファンが詰めかけて楽しんでいる光景は素晴らしかったので、それがレースウイークを通じて向上していくエネルギーになってくれればと思います」

●角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

「午前はいくつか空力コンポーネントをテストしましたが、パワーユニットにちょっとした問題が発生して走行を切り上げざるを得ませんでした。午後のセッションで初めてプッシュしたラップができましたが、ここはランオフエリアが狭いので、最初は気負わずに入りました。最終的にはかなり満足のいくラップができるようになり、まだ今夜取り組むべき課題はあるものの、マシンには自信が持てています。チームにとってもこうしたデータは重要なので、明日の予選に向けた準備も整うはずです。レースでのオーバーテイクは難しくなるので、予選がとても大事になると思います」

●ピエール・ガスリー (アルファタウリ・ホンダ)

「本当に楽しい一日でした。コースは素晴らしく、とてもユニークで、特にターン3はバンクによってまるで犬ぞりで滑走しているようでした。セッションは赤旗による中断が多かったので、プログラムをすべて消化するのは難しかったのですが、大体のことはできています。まだ望んでいたほどの状態にはなっていないので、明日に向けてもう少しパフォーマンスを上げられるように、今晩取り組んでいきますし、達成できる自信はあります。明日はQ1でのトラフィックが課題になるはずで、上手く混乱を避けられるように臨む必要があります。レースに向けては、オーバーテイクが非常に難しいと思うので、いいスタート位置を手にすることが重要です」

タイヤを供給するピレリは「フリー走行1回目が赤旗により短時間となったため、予選、決勝と同時刻に行われるフリー走行2回目はとくに重要となりました。フリー走行2回目は気温25度、路面温度30度の晴天で始まりましたが、ここでも2度の中断がありました。トラック表面には砂と砂利があり汚れていましたが、ここではトラックと3つのタイヤコンパウンドのチェックが重要なポイントでした。ただ、最適な戦略を理解するためには、明日はさらに多くの作業と情報が必要です。今日の限られた走行では、タイヤギャップを正確に予測することはできませんが、ソフトとミディアムタイヤの間のギャップは0.7秒、ミディアムとハードタイヤの間のギャップは0.6秒と見ています」と分析している。

F1第13戦オランダGPの予選は9月4日日本時間22時(現地時間15時)、決勝は9月5日日本時間22時(現地時間15時)に開始される。

●2021年F1第13戦オランダGPタイムスケジュール

フリー走行3回目:9月4日12時〜13時(日本時間19時〜20時)
予選:9月4日15時〜16時(日本時間22時〜23時)
決勝(72周):9月5日15時〜(日本時間22時〜)