アウディは20年内にPHEV(プラグインハイブリッド車)を12モデルに増やすということを発表し、そのラインナップを着実に増やしつつある。今回はその中からA3、Q3、Q8に設定されたPHEVに試乗する機会を得た。(Motor Magazine2021年3月号より)

ドイツでの売れ行きが好調なPHEVモデル

2021年、欧州で販売する自動車のCO2排出量は、基本的にはすべて1km走行あたり95g以下でなければならない。これはディーゼルエンジン搭載車では100kmあたり3.6L(約27.8km/L)、ガソリン車では4.1L(約24.4km/h)の燃費を達成しなければならないことを意味する。

現状、この数値をクリアするには通常の内燃機関を搭載したクルマではまず不可能に近い。そこで電気の力を借りたMHEVやPHEV(プラグインハイブリッド)、そしてBEVがここ数年で続々と登場している。

ドイツの年の状況を見ると、新車の総販売台数272万台のうち、MHEVは53万台、PHEVが20万台、そしてBEVも19万台(6.7%)と、それぞれが19年よりも最大で3倍以上の勢いで増加している。その結果、電動化のシェアは31%を超え、新車の平均CO2排出量は19年の157g/kmから11%減少して139.8g/kmとなった。

さらにこの中でBEVと違って充電インフラに必ずしも頼る必要のないPHEVの人気はここ数年とくに高く、20年は前年比の342.1%を記録しているという。こうした状況を読み取っていたアウディは、リニューアルしたPHEVシステムを搭載した3台のアップデートモデルを発表。そのワークショップを開催すると同時に、試乗するチャンスも与えてくれた。

自然な加減速の制御と乗り心地が良いのが好印象

試乗したすべてのPHEVモデルはフェイスリフトされたが、エクステリアには大きな変化はなく、わずかにエレクトリックの「E」を表すターニングライトが特徴となる。全車に共通する点はアウディらしい乗り心地重視で、ハイブリッドモードでのブースト加速や最大0.3Gまでのブレーキ減速も含め、とても自然な運転感覚を提供している。ちなみに新しいブレーキシステムはA3 TFSI eとQ3 TFSI eでは40kW、Q8 TFSI eでは80kWまでエネルギーを回生することができる。

今回のアウディPHEVのコンセプトである「使いやすい」を象徴するのが、ドライブロジック「eトロン ドライブモード」だ。オートハイブリッドモードでは常にEV走行可能距離と最大航続距離が見やすく読み取れ、バッテリーホールド&チャージモードではグリーンゾーンの目的地でのEV走行を、リアルタイムの地図データなどをもとにルートや速度を予測する「プレディクトエフィシェンシーアシスト」によって、効率の良い走りをすることができる。

搭載されているリチウムイオン電池はプリズムタイプで、A3とQ3用は96個のセルで13kWh、Q8用は104個のセルで17.9kWhの総電力量となる。

そして改善された特徴のひとつであるEV航続距離は、A3が74km、Q3が61kmそしてQ8が59kmとなっている。いずれもNEDC値で実際の距離はやや差し引いて考えなければならないが、ドイツ交通局によればプライベートドライバーの95%は1日の走行距離が50km以下、99%は100km以下という数字を発表しており、アウディのPHEVモデルは大半の条件をカバーすることができている。

また今回のコンセプトにある快適な充電システムだが、コンパクトクラスが2.9から3.6kW、アッパークラスのQ8で7.4kWの充電能力が与えられている。これまでのアウディの調査では、ユーザーは1日2回、自宅と勤務先で充電を行っている。前者では5時間、後者は工業用電源を使用するので2時間半から4時間半程度でフル充電が可能だ。さらに遠出をしても欧州内26カ国にある15万5000カ所のAC充電ポイントも利用可能である。

PHEVはBEVと同様にドイツでは政府からの補助金が支給されるので、今後も順調なセールスが期待されている。一方、日本でも東京都が目標に掲げている30年からのガソリン車販売禁止政策では、PHEVは除外されているので、近未来を先取りした今回のアウディワークショップはまさにグッドタイミングだったと言える。(文:アレキサンダー・オースルテン<キムラ・オフィス>/写真:キムラ・オフィス)

●アウディA3スポーツバック40 TFSI e主要諸元

●エンジン:直4DOHCターボ
●総排気量:1395cc
●最高出力:110kW(150ps)/5000−6000rpm
●最大トルク:250Nm/1550−3500rpm
●モーター最高出力:80W
●モーター最大トルク:330Nm
●バッテリー種類:リチウムイオン電池
●総電力量:13.0kWh
●トランスミッション:6速DCT(Sトロニック)
●駆動方式:FF
●0→100km/h加速:7.6秒
●最高速:227km/h

●アウディQ3スポーツバック40 TFSI e主要諸元

●エンジン:直4DOHCターボ
●総排気量:1395cc
●最高出力:110kW(150ps)/5000−6000rpm
●最大トルク:250Nm/1550−3500rpm
●モーター最高出力:85W
●モーター最大トルク:330Nm
●バッテリー種類:リチウムイオン電池
●総電力量:13.0kWh
●トランスミッション:6速DCT(Sトロニック)
●駆動方式:FF
●0→100km/h加速:7.3秒
●最高速:210km/h

●アウディQ8スポーツバック 60 TFSI eクワトロ主要諸元

●エンジン:V6DOHCターボ
●総排気量:2995cc
●最高出力:250kW(340ps)/5300−6400rpm
●最大トルク:450Nm/1340−5300rpm
●モーター最高出力:100W
●モーター最大トルク:400Nm
●バッテリー種類:リチウムイオン電池
●総電力量:17.9kWh
●トランスミッション:8速AT(ティプトロニクス)
●駆動方式:4WD
●0→100km/h加速:5.4秒
●最高速:240km/h