2021年度も、日本でいちばん売れたクルマはホンダ N-BOXだった。その魅力を探るべく、2021年12月に一部改良された最新モデルに試乗してみた。

11年で4回も「日本でいちばん売れたクルマ」になる

2022年も4月を迎え、前年度の新車販売成績が出そろった。2021年度(2021年4月〜2022年3月)に、日本でいちばん売れたクルマは、ホンダのN-BOXだった。販売台数は19万1534台。軽自動車としては2015年度から7年連続の9回目、登録車全体としては1年ぶり4回目の栄冠となる。

2011年12月のデビューから11年で、つねに軽自動車のベストセラーの座をほぼ守り続け(1位でなかったのは、デビュー年度と2014年<2位>の2回だけ)、登録車を併せても11年で4回も1位になるというのは、まさに偉業と呼ぶ成績。現代の「国民車」と呼んでも言い過ぎではないだろう。

そんなN-BOX、最新モデルの走りっぷりはどんなものなのか、試乗してみることにした。今回の試乗車は、2021年12月に一部改良が施されたモデルで、ミドルグレードの「EX」。NA(自然吸気)エンジンにトランスミッションはCVTを組み合わせたFFモデルだ。車両本体価格は税込で168万8600円となる。

今回の一部改良によって、パーキングブレーキがオートブレーキホールド付き電子制御式となった。また、安全運転支援システムのホンダセンシングでACC(アダプティブ クルーズコントロール)は渋滞追従機能付きへと進化している。つまり、ACC作動中に先行車が停まれば、それに合わせて自車も自動で停まるようになった。最先端の運転支援システムが、軽自動車にも標準装備になったのだ。

このN-BOXを、街中から、高速道路を使った遠出、そしてワインディングロードまで、数日間にわたって走らせてみた。そこで、つくづく感心したのが、至れり尽くせりの機能や装備の充実度だ。

ホンダセンシングは、自動ブレーキだけでなく車線からはみ出ないようにハンドルのアシストも行う。LEDヘッドライトはハイ/ローを自動で切り替える。高速道路の疲労を大きく軽減させるACCも渋滞時に先行車にあわせて停まるように進化した。10年前であれば、欧州プレミアムカーだけのものだったような装備が、今や日本で一番に売れるクルマに標準装備となっているのだ。10年ひと昔と言うが、文字どおり隔世の感がある。

普通に走るのなら、まったく不満はない

また、ハンドルこそ本革巻きではないものの、運転席&助手席にはシートヒーターが備わり、左側のスライドドアは電動開閉で、スライドドアのウインドーにはサンシェードも備わる。当たり前のように、スマートキーやサイドカーテンエアバッグ、ヒルスタートアシストもすべて標準装備されている。

しかも、試乗車の「EX」はミドルグレードで、上位グレードはさらに装備が充実している。約170万円という車両価格はけっして安くはないけれど、装備だけを考えれば200万円以下で欲しいものがすべて揃っている。

ちなみにカーナビはオプションで約10〜20万円。それを含めても、200万円以下でおさまる。軽自動車に何を求めるのかは人それぞれだが、約150〜200万円という価格帯のN-BOXは、絶対的な安さではなく、装備と価格のバランス、つまりコスパ(コストパフォーマンス)を追求しているのではないだろうか。

では、走り味はどうか。正直に言って、速いとか、運転していて楽しいと感じるものではない。3時間以上も続けて運転するようなシーンでは、お尻が痛くなった。運転姿勢がアップライトで、お尻に体重が集中するのに対してクッションが弱いのだろう。もっとも、そんな長い時間もN-BOXで走り続けることは想定外なのかもしれない。

ただ、最高出力は58psにすぎないNAエンジン車にもかかわらず、高速道路の巡航を苦もなくこなす。きつい勾配のアップダウンでも、少々エンジン音がうるさくなるものの道の流れに乗って楽々と走る。流れをリードしようと考えずに、普通に走ろうというのであれば、まったく不満を感じることはないのだ。

また、直進性と曲がりやすさのバランスも、乗るたびに良くなっている。先代モデルで感じられた、まるで船のような反応の遅さや鈍さも改善されている。走る、曲がる、止まるといったクルマの基本性能も、世代を重ねるほどに進化している。

家族と荷物、ときには自転車も積んで、子育てや買い物、送迎といった日常生活を支えるのが、N-BOXの仕事だ。広さという点では、そもそも文句なし。デビューから11年、2世代にわたって、走りを磨き上げ、便利で快適、そして安全装備などを充実させてきた。日常生活の気軽で便利な足としてN-BOXを見れば、必要なものはすべて揃っている。「国民車」と呼べるほどヒットするのも、納得できるというものだ。(文:鈴木ケンイチ/写真:Webモーターマガジン編集部)

●■ホンダ N-BOX EX 主要諸元

●全長×全幅×全高:3395×1475×1790mm
●ホイールベース:2520mm
●車両重量:930kg
●エンジン:直3 DOHC
●総排気量:658cc
●最高出力:43kW(58ps)/7300rpm
●最大トルク:65Nm(6.6kgm)/4800rpm
●トランスミッション:CVT
●駆動方式:横置きFF
●燃料・タンク容量:レギュラー・27L
●WLTCモード燃費:21.2km/L
●タイヤサイズ:155/65R14
●車両価格(税込):167万8600円