2022年7月29日、F1第13戦ハンガリーGPが首都ブタペスト近郊のハンガロリンクで開幕する。サマーブレイク前の最後の一戦は、どんなレースとなるのだろうか。

速さのフェラーリ、レース巧者のレッドブル

予選で素晴らしい走りを見せるのに、決勝ではそれをうまく結果に結びつけられない。今シーズンのフェラーリの戦いぶりはどうもじれったい。

前戦第12戦フランスGPでは、シャルル・ルクレール(フェラーリ)は予選で見事にポールポジションを獲得すると、タイヤをうまくマネージメントして完全に主導権を握っていたが、突然リアのグリップを失いコースアウト、バリアに激突してしまった。

これでマックス・フェルスタッペン(レッドブル)を追いつめるチャンスを失ったばかりか、差を大きく広げられることになってしまった。

そして迎える第13戦ハンガリーGPは前半戦最後のレース。グランプリは夏休みに入るだけになんとか挽回しておきたいところだが、サーキットの性格がフランスGPとは大きく変わり、また連戦で挑むことになるだけに、その戦いが注目されるところだ。

一方のレッドブルにとっては着実にポイントを加えておきたいレース。速さでフェラーリに差をつけられているのが気になるが、無理をする必要はない。

レッドブルとフェラーリの2強にとって、徐々にパフォーマンスを上げてきたメルセデス勢は注意すべき存在となりつつある。予選でスピード差があるものの、フランスGPではダブル表彰台を獲得している。

●2022年F1ドライバーズランキング(第12戦終了時)

1位 M.フェルスタッペン(レッドブル)233
2位 C.ルクレール(フェラーリ)170
3位 S.ペレス(レッドブル)163
4位 C.サインツ(フェラーリ)144
5位 G.ラッセル(メルセデス)143
6位 L.ハミルトン(メルセデス)127

●2022年F1コンストラクターズランキング(第12戦終了時)

1位 レッドブル 396
2位 フェラーリ 314
3位 メルセデス 270
4位 アルピーヌ・ルノー 93
5位 マクラーレン・メルセデス 89
6位 アルファロメオ・フェラーリ 51
7位 ハース・フェラーリ 34
8位 アルファタウリ・レッドブル 27

いつものグランプリ以上に予選順位が重要

では、ハンガリーGPが行われるハンガロリンク(Hungaroring)はどんなサーキットなのだろうか。

ハンガロリンクはハンガリーの首都ブダペストから約20km北東にあるサーキットで、約4.4kmの短い全長に14のコーナーが待ち構えるタイトでトリッキーなレイアウトとなっている。空力性能よりも高いメカニカルグリップ、パワーよりもドライバビリティが要求される。丘陵地(標高264m)に建設されたため、比較的高低差が大きいのも特徴だ。

コース幅が狭く、直線部分が短いため、オーバーテイクが難しいことでも知られている。路面がバンピーで中速コーナーが多いので、サスペンションやダウンフォースの微妙なセッティングが重要なポイントとなる。また、サーキット全体が円形劇場のような形状で熱がこもりやすく、丘陵地帯にあるため天候が不安定になりやすい。

オーバーテイクが難しいため、いつものグランプリ以上に予選順位が重要となるが、ポールトゥフィニッシュは約30%と意外に高くない。序盤のポジション争いが激しくスタートで混乱もよく起きるし、スタートで首位を守れても逃げ切りはそう簡単ではない。

フランスGPが行われたポールリカールは、速いコーナーや全開のストレートを中心にテクニカルなセクションも併せ持つサーキットだったが、ここではまた違った戦略が必要となる。

2021年はレース直前に降り出した雨で大混乱、オコンが初優勝

昨年2021年のハンガリーGPはレース直前に降り出した雨で大混乱。バルテリ・ボッタス(メルセデス)が1コーナーへの進入でブレーキをロックさせて、ランド・ノリス(マクラーレン)、セルジオ・ペレス(レッドブル)を巻き込むアクシデントが発生。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)もここでマシンを壊してハンデを背負ってしまう。

赤旗中断後の再レースは上位陣で唯一無傷だったルイス・ハミルトン(メルセデス)の独走になるかと思われたが、フォーメーションラップ終了時に乾き始めた路面を見た各車がドライタイヤへの交換に向かう中で、ハミルトン車だけがグリッドへ着くという珍事が発生。すぐにタイヤ交換をしたハミルトンはなんと最下位まで転落してしまう。

これでレースは、1回目のスタート直後の混乱に乗じて順位を上げたエステバン・オコン(アルピーヌ)と、セバスチャン・ヴェッテル(アストンマーティン)の優勝争いとなった。激戦の末、オコンがオーバーテイクの難しいハンガロリンクの特性を利して首位を守り抜き、アルピーヌにF1初優勝をもたらした。

ハミルトンは猛烈なペースで追い上げて最後方から3位でフィニッシュ。さらにヴェッテルの失格で2位に繰り上がり、手負いのマシンでまったくペースが上がらずに9位に終わったフェルスタッペンを逆転。ドライバーズランキングで、リーダーの座に立つことになったのだった。

●■【参考】2021年F1第11戦ハンガリーGP決勝 結果

1位 31 E.オコン(アルピーヌ・ルノー)70周
2位 44 L.ハミルトン(メルセデス)+2.736s
3位 55 C.サインツ(フェラーリ)+15.018s
4位 14 F.アロンソ(アルピーヌ・ルノー)+15.651s
5位 10 P.ガスリー (アルファタウリ・ホンダ)+63.614s
6位 22 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)+75.803s
7位 6 N.ラティフィ(ウイリアムズ・メルセデス)+77.910s
8位 63 G.ラッセル(ウイリアムズ・メルセデス)+79.094s
9位 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)+80.244s
10位 7 K.ライコネン(アルファロメオ・フェラーリ)+1周
・・・・・・・・・・
リタイア 11 S.ペレス(レッドブル・ホンダ)

タイヤを供給するピレリは「ハンガロリンクはタイヤに大きなエネルギーを要求するサーキットではなく、ブレーキングよりもトラクションに重点が置かれます。タイトで曲がりくねったコースであることが特徴で、いくつかのグループとなることがあります。またオーバーテイクが難しいことで知られていますが、今季のマシンは決勝で大きな差がつきにくく、オーバーテイクが見られることを期待しています。タイヤは中間のコンパウンド、つまりハードがC2、ミディアムがC3、ソフトがC4となります。今週末ハンガロリンクには非常に暑くて乾燥するという予報が出ていますし、過去2年のレース直前に雨が降っています。 これまでの経験では結論づけられませんし、いくつかの驚きがあるかもしれません」と分析している。

さて2022年はどんなレースとなるのか。第13戦ハンガリーGPは7月29日14時(日本時間21時)から始まるフリー走行で開幕する。

●■2022年F1第13戦ハンガリーGP タイムスケジュール

フリー走行1回目:7月29日14時〜15時(日本時間21時〜22時)
フリー走行2回目:7月29日17時〜18時(日本時間24時〜25時)
フリー走行3回目:7月30日13時〜14時(日本時間20時〜21時)
予選:7月30日16時〜17時(日本時間23時〜24時)
決勝(70周):7月31日15時〜(日本時間22時〜)