冬の運転に欠かせないのが、スタッドレスなど冬用タイヤだ。これを車両に装着すれば、一般的な雪道では走行可能となる。しかしいかに冬用タイヤを履いていても、通行できない地域がある。それがチェーン規制区域だ。

スタッドレスは雪道で万能ではない

2018年12月14日から、新しい交通標識が制定された。それが「タイヤチェーンを取りつけていない車両通行止め」。通称チェーン規制だ。この標識は常設ではなく、大雪警報が発令された時、チェ―ン未装着車両が立ち往生した前例のある全国13箇所に絞られ設置される。

なぜスタッドレスなど冬用タイヤを履いても、チェーンを装着しなければならないのかというと、スタッドレスはパウダースノーが深く積もった場合にグリップ力を存分に発揮することができず、走行不能となり、雪道の大渋滞を引き起こす一因となるからだ。また勾配率5%以上の積雪の深い坂道でも、登坂できない可能性が高まる。そこで大渋滞の発生を抑えるために、チェーン規制を必要に応じて必要な区間で実施するのだ。

ではチェーン規制が実施される全国13箇所はどこかといえば、以下の通りだ。

<一般道>
●山形県 国道112号月 山道路(西川町月山沢〜鶴岡市上名川)26.7km
●山梨県・静岡県 国道138号 山中湖・須走(山梨県山中湖村平野〜静岡県小山町須走字御登口)8.2km
●新潟県 国道7号 大須戸〜上大鳥(村上市大須戸〜村上市上大鳥)15.3km
●福井県 国道8号 石川県境〜坂井市(あわら市熊坂〜あわら市笹岡)3.2km
●広島県・島根県 国道54号 赤名峠(広島県三次市布野町横谷〜島根県飯南町上赤名)2.5km
●愛媛県 国道56号 鳥坂峠(西予市宇和町〜大洲市北只)7.0km

<高速道路>
●新潟県・長野県 上信越道「信濃町IC〜新井PA(上り線)」24.5km
●山梨県 中央道「須玉IC〜長坂IC」8.7km
●長野県 中央道「飯田山本IC〜園原IC」9.6km
●石川県・福井県 北陸道「丸岡IC〜加賀IC」17.8km
●福井県・滋賀県 北陸道「木之本IC〜今庄IC」44.7km
●岡山県・鳥取県 米子道「湯原IC〜江府IC」33.3km
●広島県・島根県 浜田道「大朝IC〜旭IC」26.6km

さまざまな種類のチェーンが走行可能。薬剤吹付はNG

チェーン規制が実施される付近の住民なら冬期はチェーンを常に車載しているはずだが、他地域の住民もタイヤチェーンの購入をオススメしたい。というのもいつチェーン規制区域を通行するかわからないし、チェーン規制区域外でも積雪によって立ち往生することもあるからだ。タイヤチェーンは金属チェーン、ウレタン&ゴムチェーン、布製カバータイプから選びたい。これらなら通行できるが、薬剤を吹き付けるタイプは通行不可だ。

一般道のチェーン規制該当区域を通行する際、まず該当区域に通じる道路にはチェーン規制実施の電子案内が掲出される。これを見て規制区域を把握し、通行する必要がないなら近寄らないようにしたい。チェーン規制該当区域のすぐ手前には雪かき作業車が常駐するスノーステーションがあり、そこに誘導されチェーンのチェックを受ける。ここでチェーンを装着するか、未携帯の場合引き返すか、チェーン規制が解除となるまで待機する必要がある。

高速道路でチェーン規制が入ったら、早めに一般道に降りよう

チェーンを装着して規制区域内を走行中に、チェーンが破損したり積雪量が想像以上だったりで運転が難しい状態になったら、規制区域道中には退避用の側道や牽引車の基地があるので、それらに避難したらいい。もし避難場所に辿りつけないなら、可能ならUターンして引き戻るか、ストップせざるをえない。この時には発煙筒を焚いて、周囲に存在を知らせて救助を待つしかない。

高速道路でもチェーン規制区域の前から電子案内が掲出されるので、早めに最寄のインターから一般道に降りよう。チェーン規制区域手間のSAやPAでチェーン検査が行われ、チェーンを携帯しているなら装着し、未携帯なら次のインタ―チェンジで一般道に降りるよう促される。もし高速道路を走行中にチェーン規制が実施されたら、落ち着いてスピードを落として次のSA/PAまで辿り着くことだ。そこでチェーンを装着するか、待機したらいい。間違えても側道に停車しないことだ。さらなる交通事故を誘発しかねない。

タイヤチェーンは消耗品で、筆者は金属製でも2シーズンで交換していた。まだ使えるではなく、いざという時の予防交換と思ってのこと。タイヤチェーンはできるだけ、常に万全の状態にしておきたい。(文:猪俣義久)