モーターマガジンMovieの「竹岡圭の今日もクルマと」で長年に渡ってレポートを務めるモータージャーナリストの竹岡 圭さん。このコーナーではその中から人気の動画を紹介していきます。今回は、2代目へと進化した「ホンダ ヴェゼル」の登場です。(2021年4月フルモデルチェンジ)

ユーティリティの充実ぶりと高い質感が好印象

この動画は、2世代目となった新型ホンダ ヴェゼル」が2021年4月にデビューして早々に試乗を行ったものです。

竹岡 圭さんがまず注目したのが、先代と打って変わった水平基調でワイド感のあるエクステリアでした。とっても洗練された印象を受けたようです。インテリアは、ソフトパッドが多用されているんですが、その高い質感にも好印象の様子でした。

次に確認したのが、コネクティッド面。いまや新型車に欠くことのできないアイテムですが、スマホデジタルキー、車内専用Wi-Fi、ナビシステムの自動地図更新サービスなどの充実ぶりにご満足。快適装備としては、心地よい風を送ってくれる「そよ風アウトレット」に高評価を与えています。そのアイデアに関心しきりでした。

さて今回試乗したのは、1.5Lガソリンエンジン+2モーターによるハイブリッド仕様の前輪駆動モデルの「e:HEV PLaY」です。バッテリーに十分な電力を残しているときにモーターで走行し、逆に少ない残量のときや力強く加速するときは、エンジンでの発電を加えてモーターにパワーを与えるという、ホンダ独自のパワートレーンが採用されています。

さて試乗ですが、今回は一般道中心のテストとのため8割がたモーターのみで走行している感じでした。とはいうものの、新型ヴェゼルの特徴を十分感じ取れると思います。ちなみに燃費ですが、WLTCモード燃費24.8km/Lとなかなかなものです。さっそく、動画でご確認下さい。

●ホンダ ヴェゼル e:HEV PLaY 主要諸元

●全長×全幅×全高:4330×1790×1590mm
●ホイールベース:2610mm
●車両重量:1400kg
●エンジン:直4 DOHC+モーター
●総排気量:1496cc
●最高出力:78kW(106ps)/6000−6400rpm
●最大トルク:127Nm/4500−5000rpm
●モーター最高出力:96kW(131ps)/4000−8000rpm
●モーター最大トルク:253Nm/0−3500rpm
●トランスミッション:電気式無段変速機
●駆動方式:FF
●燃料・タンク容量:レギュラー・40L
●WLTCモード燃費:24.8km/L
●タイヤサイズ:225/50R18
●車両価格(税込):329万8900円