2022年5月26日、ホンダは同社を代表するミニバン「ステップワゴン(STEP WGN)」のフルモデルチェンジを発表。6世代目となる新型ステップワゴンは、「エアー(AIR)」と「スパーダ(SPADA)」の2タイプをラインナップし、5月27日より発売が開始される。

ジェントルな「エアー」、スタイリッシュな「スパーダ」

ホンダの「ステップワゴン」は、日本で販売される代表的ミニバンであることに異論をはさむ人はいないだろう。1996年に初代がデビューし、そのユーティリティの高さから多くのユーザーの心をつかみ、現在まで5世代に渡る歴史を積み上げてきたが、ついに6世代目となる新型「ステップワゴン」がデビューを飾った。グランドコンセプトは、「#素敵な暮らし」だ。

さて、その新型ステップワゴンだが、ボディ形状を違えて「エアー」と「スパーダ」の2つのタイプが設定される。

エアーは、クリーンでシンプルなデザインに細いメッキモールがさりげなく施され、上質感をアピール。かたや「スパーダ」は、リアに向けて伸びやかな流れをイメージできる造形としつつ、ワイドかつ重厚なフロントグリルとボディ下端全周に配置したメッキのモールで、より力強く品格ある佇まいを見せる。

インテリアは、エアーが温かみのあるカラーを用いた明るい室内でリビングのような安心感のある室内空間にする一方、スパーダはスタイリッシュな印象を与えるダークトーンのカラーで上質な室内空間に仕上げられている。

歴代モデルが築いてきた「家族のための大空間」をより進化させ、自分の家にいるような居心地の良さと、新たな使い方が見つかる自由な空間を目指してのことという。加えて、乗る人の視野を安定させ乗り物酔いを起こしにくくするよう、水平基調のインテリアデザインとする工夫も行われている。

また、「スパーダ」にはプラチナ調クロームメッキ加飾のエクステリアと、スエード調表皮&プライムスムースのコンビシートなどが施されたインテリアを持ち、機能の充実も図られた「スパーダプレミアムライン(SPADA PREMIUM LINE)」が設定されている。

余裕の室内空間をさらに彩るユーティリティの充実

注目のパッケージングは、家族の成長に合わせた多彩な使い方ができるよう、乗る人が自由に居場所を選べるシートアレンジとされた。2列目シートは、前後のロングスライドだけでなく左右にもスライドできる構造(キャプテンシートのみ)を採用。3列目シートは着座位置を高くするとともに、前方のシート、ヘッドレストの形状を工夫することで開放的な視界を確保するとともに、シートクッションの厚みを増すことで、乗り心地の向上も図られている。ちなみに、室内空間はホンダ史上最大だそうだ。

快適性の充実も忘れていない。瞬時の認知ができ直感的な操作がしやすい10.2インチのデジタルグラフィックメーターの採用や、狭い所での使い勝手に配慮したパワーテールゲートの開閉角度を任意で設定できるメモリー機能追加、パワースライドドアへの従来のハンドル操作に加え、軽く指先を触れるだけで開閉ができる静電タッチセンサー式の世界初採用がまずあげられる。

大気中のPM2.5などの微小粒子物質を検知し、空調制御とフィルターの組み合わせで空気を浄化する空調システム「クリーンエアー(Clean Air)」の全タイプに標準装備もその一環だ。

パワーソースはe:HEVと1.5Lターボの2種類を用意

走行面では、ゆとりある車内空間でドライバーも同乗者も快適なドライブができるよう、ロングホイールベースに加えてトレッドを前後ともに拡大された。大柄な車体ながら直進/旋回時の高い安定性を実現するためという。また、リアを中心に遮音材や吸音材を追加するとともに、フロアを高剛性化も行われた。1列目から3列目までの全席において静粛性と乗り心地の良さを高次元で融合させるためだ。

パワーソースは2種類が用意される。モーター走行を中心にさまざまなドライブモードを使い分ける、ホンダ独自の2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」と、静粛性の向上と高出力化を実現した1.5L 直噴 VTECターボエンジンとだ。

e:HEV搭載モデルでは、組み合わされる2Lエンジンの徹底したフリクション低減による熱効率向上の追求により、モーターがもたらす低速から高速までの力強く滑らかな加速による走行に加え、クルーズ走行時にはエンジン直結技術による効率の良い走りが実現しているという。

また、急な下り坂では、エレクトリックギアセレクターを「B」にすることで、アクセルオフ時の減速度がより強くなり下り坂でのブレーキ操作を軽減。ドライバーが安心して運転に集中できるようにサポートしてくれる。駆動はFFのみだ。

VTECターボエンジン(150ps/203Nm)は、エキゾーストポートやタービンなどの改良でターボチャージャーの応答性を向上させ、先代以上に爽快な加速を味わえるという。また、FFに加え4WDモデルも設定されている。

コネクテッド関連は、新世代コネクテッド技術を搭載した車載通信モジュール「ホンダコネクト(Honda CONNECT)」を通じて、より安心・快適なカーライフが楽しめるコネクテッドサービス「ホンダトータルケアプレミアム(Honda Total Care)」を利用することができる。

先進安全運転支援システムは、サポカー S<ワイド>対応の最新「ホンダセンシング(Honda SENSING)」が全タイプに標準装備される。「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」が、全タイプで渋滞追従機能付きへと進化するとともに、「後方誤発進抑制機能」、「近距離衝突軽減ブレーキ」、「オートハイビーム」、渋滞運転支援機能「トラフィックジャムアシスト」が追加されている。

また、「スパーダプレミアムライン」には、周辺状況に応じてヘッドライトの照射範囲を自動でコントロールする「アダプティブドライビングビーム」が標準装備となる。

他には、クルマの死角に目が届く「マルチビューカメラシステム」や斜め後ろにいるクルマの存在を知らせる「ブラインドスポットインフォメーション」が新たに装備される。

ホンダ ステップワゴン ラインナップ

■ステップワゴン ハイブリッド(2L直4+2モーター)仕様
e:HEVエアー:338万2500円(FF・7名)/340万4500円(FF・8名)
e:HEVスパーダ:364万1000円(FF・7名)/366万3000円(FF・8名)
e:HEVスパーダ プレミアムライン:384万6700円(FF・7名)
■ステップワゴン ガソリンエンジン(1.5L直4ターボ)仕様
エアー:299万8600円(FF・7名)/302万0600円(FF・8名)
エアー:324万0600円(4WD・7名)/326万2600円(4WD・8名)
スパーダ:325万7100円(FF・7名)/327万9100円(FF・8名)
スパーダ:347万7100円(4WD・7名)/349万9100円(4WD・8名)
スパーダ プレミアムライン:346万2800円(FF・7名)
スパーダ プレミアムライン:365万3100円(4WD・7名)

●ホンダ ステップワゴン e:HEV エアー(FF・7名) 主要諸元

●全長×全幅×全高:4800×1750×1840mm
●ホイールベース:2890mm
●車両重量:1810kg
●エンジン:直4 DOHC+モーター
●総排気量:1993cc
●最高出力:107kW(145ps)/6200rpm
●最大トルク:175Nm/3500rpm
●モーター最高出力:135kW(184ps)/5000-6000rpm
●モーター最大トルク:315Nm/0-2000rpm
●トランスミッション:電気式無段変速機
●駆動方式:FF
●燃料・タンク容量:レギュラー・52L
●WLTCモード燃費:20.0km/L
●タイヤサイズ:205/60R16
●車両価格(税込):338万2500円

●ホンダ ステップワゴン スパーダ(4WD・8名) 主要諸元

●全長×全幅×全高:4830×1750×1855mm
●ホイールベース:2890mm
●車両重量:1800kg
●エンジン:直4 DOHCターボ
●総排気量:1496cc
●最高出力:110kW(150ps)/5500rpm
●最大トルク:203Nm/1600-5000rpm
●トランスミッション:CVT
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:レギュラー ・52L
●WLTCモード燃費:13.1km/L
●タイヤサイズ:205/60R16
●車両価格(税込):349万9100円