アルファロメオ最小サイズのSUV「トナーレ」は、ブランド初のコンパクトSUVにして初めて電動化を果たしたモデルでもある。そして今後モーター駆動を取り入れていったとしても、アルファロメオらしい爽快な走りは受け継がれていくと感じさせるモデルであった。(Motor Magazine 2022年7月号より)

ホットハッチのようなハンドリングが楽しい

アルファロメオ初のコンパクトSUVであるトナーレは、姉にあたるステルヴィオと同じベクトルにある、走ることそのものをたっぷり楽しめるスポーツ系SUVであった。違っている点は、ご存知のとおりアルファロメオにとっては初めてとなる電動化モデルであることだ。

今回試乗できたのは、おそらく日本でもメインとなる、可変ジオメトリーターボ付き1.5L直4エンジンと、P2モーターを内蔵した7速DCTを組み合わせた前輪駆動のハイブリッドモデル。エンジンは最高出力160ps、最大トルク240Nm、P2モーターは最高出力20ps、最大トルク55Nmとなる。ただしモーターのトルクはトランスミッション比の関係で、ギアボックス入力値だと135Nmに相当するという。

このシステムは、マイルドハイブリッドでありながら低い速度域ではモーターだけで走ることができる。だが、本領発揮はハイブリッド走行になってから。アクセルペダルをグッと踏み込んでいくと、エンジンは4気筒らしい乾いた感じのサウンドを響かせながら、トップエンドまで淀みなく気持ち良く回っていく。

意外や回していくのが楽しい高回転型だが、回転の低い領域は低中速トルクの豊かさとモーターによるアシストの相乗効果でまかなっている感じ。馬鹿っ速とは言えないが、どこから踏んでも爽快に加速する、スポーティで楽しいパワートレーンである。

「これって本当にSUVか?」と思わせる「らしからぬ」ハンドリング

しかし、もっと楽しいのは、やっぱりFFのSUVらしからぬハンドリング。できのいいホットハッチでも走らせてるみたいによく曲がる。ヘアピンのようなコーナーでも、ハンドルを切って前輪が反応するやいなや、後輪もきっちり素早く追従してくる。

アンダーステアなどまず感じないし、走らせ方次第ではスルリとリアを泳がせて曲がっていくことだってできる。「これって本当にSUVか?」と思わせる走りなのだ。ステルヴィオより横幅が狭い車体もアドバンテージになるだろう。

美しく楽しいSUVを望む方は、おそらく2022年末ぐらいとなるトナーレの日本上陸を待つのが吉、だと思う。(文:嶋田智之/写真:ステランティス)