2022年11月18日、TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は、2023年シーズンの国内外ラリー参戦体制を発表した。またあわせて誰でも手軽にエントリーできる参加型ラリー「TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジ」の2023年の開催概要も明らかにした。

WRCと全日本ラリーにヤリスで参戦

「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」を進めるTOYOTA GAZOO Racing(TGR)は、ラリーでは、世界の頂点へのチャレンジとなる「WRC(FIA世界ラリー選手権)」と国内のトップラリー「全日本ラリー選手権」に参戦する。

WRCでは、3年連続の3冠(マニュファクチャラー/ドライバー/コ・ドライバー)獲得を目指し、2022年シーズン同様、3台のGRヤリス ラリー1でトップカテゴリーに参戦する。

ビッグニュースとして、2022年大きく飛躍した勝田 貴元/アーロン・ジョンストン組がTOYOTA GAZOO Racing WRT(マニュファクチャラーチーム)に昇格し、セバスチャン・オジエ/ヴァンサン・ランデ組とラリーの特性にあわせて3台目のシートをシェアすることになった。なお、勝田 貴元組はTGR-WRTとして参戦しないラリーにはチーム外で参戦する。

●■世界ラリー選手権(WRC)

マシン:GRヤリス ラリー1
ドライバー:カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン
エルフィン・エバンス/スコット・マーティン
セバスチャン・オジエ/ヴァンサン・ランデ
勝田 貴元/アーロン・ジョンストン

全日本ラリー選手権では、トヨタの開発エンジニアが監督やスタッフ、メカニックとして参加して、「人材育成」と「もっといいクルマづくり」を実践。2022年に引き続き、勝田 範彦/木村 裕介組、眞貝 知志/安藤 裕一組がトップカテゴリーのJN1クラスに参戦する。なお勝田 範彦は第2戦より、マシンをこれまでのGR ヤリス GR4 DAT ラリーから、GR ヤリスをベースに現在開発中のGR ヤリス WR コンセプト(仮称)にスイッチする。

●■全日本ラリー選手権JN1クラス

マシン:GR ヤリス GR4 DAT ラリー/GR ヤリス WR コンセプト
ドライバー:勝田 範彦/木村 裕介
眞貝 知志/安藤 裕一

参加型イベント「TGRラリーチャレンジ」を主催

TGRはモータースポーツ全体の将来的な発展のため、「モータースポーツをより魅力的でサステナブルにする」ために、トップカテゴリーへの参戦やサポートだけでなく、さまざまな活動を行っている。

TGRが主催する「TGRラリーチャレンジ」もそのひとつで、誰でも手軽にエントリーできる参加型ラリーとして年々大きな盛り上がりを見せている。

競技には日本自動車連盟(JAF)が発行する国内Bライセンスがあればエントリー可能で、GR86やGRヤリスのようなスポーツカーだけでなく、ヤリス、アクアなどオートマチック車でも参加できる。また開催に際しては、ラリー観戦と地域の魅力を体感する「ラリーツーリズム」、モータースポーツで培った知識と技術を安全運転に活かす活動である「グッドドライバーレッスン」を実施するとともに、地元名産品やグルメで地域を盛り上げる活動も行っていく。

●■TGRラリーチャレンジ2023  開催スケジュール

3月25-26日 三好(徳島県)
4月15-16日 八ヶ岳 茅野(長野県)
5月20-21日 恐竜 勝山(福井県)
6月3-4日 蘭越 ニセコ(北海道)
7月1-2日 渋川 伊香保(群馬県)
7月22-23日 利府(宮城県)
9月2-3日 唐津(佐賀県)
9月23-24日 びわ湖 高島(滋賀県)
10月21-22日 高岡 万葉(富山県)
11月4-5日 富士山すその(静岡県)
11月25-26日 豊田(愛知県)