2021年9月2日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンはコンパクトSUV 「Tクロス」のオプションパッケージに変更を行った。「テクノロジーパッケージ」に同一車線内全車速運転支援システム「トラベルアシスト」を追加し、「ディスカバーパッケージ」が9.2 インチの大型モニターを搭載した 「ディスカバープロパッケージ」へとアップグレードが行われた。

9.2インチ大型モニターもオプションパッケージに

フォルクスワーゲンでもっとも小柄なSUVとして日本でも人気の「Tクロス」。2020年には年間販売台数8930台を記録し、輸入車SUVナンバー1の座に輝いた。そんなTクロスのオプションパッケージ「テクノロジーパッケージ」と「ディスカバーパッケージ」に変更が加えられた。

まずはテクノロジーパックから説明しよう。「スマートフォンワイヤレスチャージグ」とデジタルメータークラスター「デジタルコックピットプロ」のラインアップで人気のオプションパッケージだが、これに同一車線内全車速運転支援システム「トラベルアシスト」が追加された。

トラベルアシストは、車間距離を制御するACC(アダプティブクルーズコントロール)とレーンキープ機能を併せ持つシステムで、すでにゴルフを始め多くのフォルクスワーゲン車に採用されているが、Tクロスもついにその仲間入りをしたわけだ。

トラベルアシストの作動操作はいたって簡単で、「トラベルアシストボタン」を押すだけで、あらかじめ設定した速度(0〜210km/h)の範囲で、前車との車間距離及び走行レーンの維持をサポートする。高速道路や長距離ドライブでの安全性向上と疲労軽減への強い味方となるはずだ。静電容量式センサー採用のステアリングにより、軽く手を添えるだけで同システムが継続的に作動してくれるところも嬉しい。

もう一方、ナビゲーションシステムを利用できる「ディスカバーパッケージ」は、新たに9.2インチの大型モニターを搭載した「ディスカバープロパッケージ」へとアップグレードされた。従来と異なる一面フラットの大画面により、これまで以上の視認性向上が期待できる。

オプションパッケージ以外にも手が加えられている。インテリアでは、2021年よりフォルクスワーゲン車に順次採用されている「タッチコントロール式エアコンディショナーパネル」をTクロスにも装備される運びとなった。また、TSIアクティブに「パドルシフト」が標準装備される。エクステリアは、「スモーキーグレーメタリック」(全グレード)と「アスコットグレー」(TSIアクティブ/TSIスタイル)の2色が新たに加えられ、全8色となった。

フォルクスワーゲン Tクロス ラインナップ

TSI アクティブ:286万7000円
TSI スタイル:312万6000円
TSI Rライン:350万3000円

●フォルクスワーゲン Tクロス TSIスタイル 主要諸元

●全長×全幅×全高:4115×1780×1580mm
●ホイールベース:2550mm
●車両重量:1270kg
●エンジン:直3 DOHCターボ
●総排気量:999cc
●最高出力:85kW(116ps)/5000−5500rpm
●最大トルク:200Nm/2000−3500rpm
●トランスミッション:7速DCT(DSG)
●駆動方式:FF
●燃料・タンク容量:プレミアム・40L
●WLTCモード燃費:19.3km/L
●タイヤサイズ:205/55R17
●車両価格(税込):312万6000円