2020年11月24日、アウディジャパンから「A1 シティカーバー リミテッドエディション(citycarver limited edition)」が限定車として登場した。A1 シティカーバーは2019年のフランクフルトモーターショーでデビュー、A1スポーツバックをベースにSUVルックに仕立てられた派生モデルとなる。

Qシリーズとは異なる都会派SUVの新シリーズ

2019年にデビューしたアウディA1スポーツバックは、全長約4mのコンパクトなボディながら広い室内空間を実現し、そこに先進技術をつめこんだ、アウディのプレミアムコンパクトハッチバックモデル。先代よりホイールベースを95mm延伸したことで居住空間を大幅に拡大。高剛性ボディと機敏な運動性能に加え、バーチャルコックピットやタッチディスプレイ、スマートフォンインターフェイスなどの最新デジタル技術と上級モデル譲りの運転支援システムを採用し、発売以来高い人気を博している。

A1 シティカーバーはA1スポーツバックから独立する形で登場したクロスオーバーモデルで、日本へはまず限定車「A1 シティカーバー リミテッドエディション」が導入されることになった。エクステリアはオクタゴン(八角形)のシングルフレームグリルやオフロードルックのシティカーバー専用デザインを採用するのが特徴で、コントラストルーフやブラックアピアランスパッケージ、専用17インチアルミホイールにより力強さを強調するとともに、最低地上高を40mmアップしてオフロードをイメージをしたモデルとしている。

今回登場したA1 シティカーバー リミテッドエディションでは、インテリアにS-lineインテリアプラスパッケージやナビゲーションパッケージ、コンビニエンスパッケージ、センターアームレストをはじめ運転支援システムのアシスタンスパッケージなど、A1 スポーツバックで人気のオプションを標準装備。パワーユニットは最高出力116ps、最大トルク200Nmを発揮する1L直噴ターボエンジンに、乾式デュアルクラッチの7速Sトロニックトランスミッションを組み合わせる。駆動方式はFFのみ。

エクステリアカラーは、ミサノレッドパールエフェクト、アローグレーパールエフェクト、パイソンイエローメタリックの3色の設定で、計250台の限定モデルとなる。

車両価格は483万円で、全車右ハンドル。

●アウディA1 シティカーバー リミテッドエディション 主要諸元

●全長×全幅×全高:4050×1755×1485mm
●ホイールベース:2465mm
●エンジン:直4DOHCターボ
●排気量:999cc
●最高出力:116ps/5000-5500rpm
●最大トルク:200Nm/2000-3500rpm
●駆動方式:FF
●トランスミッション:7速DCT
●乗車定員:5名
●WLTCモード燃費:15.3km/L
●車両価格:483万円