ハイウエイ ドライブの楽しみのひとつといえば、SA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)での食事やおみやげ。今回は、常磐自動車道・友部SA(下り)のテイクアウトを紹介しよう。

水戸に一番近い、茨城県のほぼ真ん中にあるSA

常磐自動車道の友部SA(下り)は、茨城県の県庁所在地である水戸市に最も近いSA。また、北関東道との分岐となる友部JCTのひとつ手前にあるSAでもあります。地図で見ると、茨城県のほぼ真ん中にあるSAということが分かります。

そんな茨城の真ん中にあるSAですから、当然、茨城の名物となるグルメやおみやげを数多く用意しています。さて、茨城の名物として最も有名なものといえば「納豆」。その納豆を使ったテイクアウトのメニューが友部SA(下り)では人気だというのです。

ホットドッグに納豆をプラスした名物グルメ

友部SA(下り)の売店「サテライト」で、ロングセラーとなっているのが「納豆ドッグ」(370円)です。名前のとおりに、ホットドッグに納豆を挟んだというもの。なんと20年ほども前から販売されているとか。まさに友部SA(下り)の大定番です。納豆は、茨城で大人気の水戸天狗納豆。これもご当地グルメとしてはうれしいポイントでしょう。

ちなみにお店で提供される「納豆ドッグ」は、パンにソーセージと納豆が挟まっていて、下に千切りのキャベツが入っただけ。これに、お店の前に用意されているケチャップとマスタードを、買ってから自分の好みでかけるというスタイルです。

では、これがどんな味なのか? おそるおそるカジリつけば・・・、意外な相性の良さにびっくり。完全に洋風な普通のホットドッグなのに、納豆が自然に調和しているのです。納豆の匂いはマスタードが中和してくれて、あまり気になりません。そういえば、普通の納豆にも、黄色いカラシが付いていますからね。それと同じ働きをマスタードがしているようです。

そして、パンがまるでご飯のようにも感じられます。納豆好きであれば、間違いなくストライクな味なので、ぜひ試して欲しいメニューです。なるほど、リピーターが多く、20年も続くロングセラーというのも納得です。

普通においしい、お総菜パンも大人気

友部SA(下り)には、パンの専門店「Bread‘s Court」があり、こちらでは普通(?)のパンが人気を集めています。それが「パーカーサンドシリーズ」です。「海老カツサンド」(370円)を筆頭に、「牛肉コロッケサンド」(330円)、「コロッケカレーサンド」(330円)、「メンチカツサンド」(420円)、「ヒレカツサンド」(400円)の5種類が用意されています。

ちなみに5種類が揃うのは週末のみで、取材した平日は「海老カツサンド」、「牛肉コロッケサンド」、「ヒレカツサンド」の3種のみの販売となっていました。

さっそく3種のパンをいただけば、どれも具材とパンの一体感に感動しました! しかも、それぞれの具材のおいしさも秀逸。「海老カツサンド」は、ゴロゴロと入った海老の大きさとおいしさによるゼイタク感がたまりません。「牛肉コロッケサンド」は、ほくほくのジャガイモのおいしさに、おかわりが欲しくなるほど。「ヒレカツサンド」は、カツの柔らかさと旨味に大満足。

パンだけ、具材だけではなしえない、パンと具材が揃ってこそ生まれるおいしさがあります。これも大人気というのも、大いに納得できるメニューでした。

納豆を使った変化球のパンと、王道をゆくサンドパン。同じパンなのに、アプローチは正反対。でも、どちらもとてもおいしい。なんとも楽しく、嬉しい、友部SA(下り)のテイクアウト グルメでした。(文と写真:鈴木ケンイチ/取材協力:NEXCO東日本)
※仕入れ価格の状況により、価格が変更になる場合があります。

●■常磐自動車道・友部SA(下り)

●営業時間
「サテライト」 8時〜15時(土日祝日は7時〜17時)
「Bread’s Court」 7時〜17時(土日祝日は7時〜19時)
※コロナ禍の影響により、営業時間が変更になる場合があります。