2022年10月2日、熊本県にあるオートポリスで2022 AUTOBACS SUPER GT Round7 FAV HOTEL AUTOPOLIS GT 300km RACE 決勝が行われ、17号車Astemo NSX-GT(塚越広大/松下信治)が念願の今季優勝を達成。これでランキング3位に浮上しチャンピオンの権利を得た。2位に100号車STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)、3位には24号車リアライズコーポレーション ADVAN Z(佐々木大樹/平手晃平)が入った。

ホンダ陣営がオートポリスで1-2達成

10月にも関わらず決勝日は30度に迫る気温のなかで行われた第7戦オートポリス。レース序盤は24号車、100号車、19号車WedsSport ADVAN GR Supraが予選順位通りにトップ3を形成する。18周目、予選4番手からスタートした17号車が19号車を捉え3番手に浮上。レースの3分の1である23周目に2番手を走行する100号車がピットインするがピット作業に手間取り、24周目にミスなくピット作業を行った17号車が実質2位に浮上する。

上位陣がミニマムの周回数でピットストップを消化する中、トップの24号車はステイアウト。その後28周目にピットインした24号車だったが、4周早くピット作業を終えた17号車に実質的な首位の座を明け渡してしまった。

SCを狙って第1スティントを長く引っ張った39号車DENSO KOBELCO GR Supraが40周目、37号車KeePer TOM’S GR Supraも41周目にピットインすると、これで17号車がトップに。以下2位に100号車、3位に24号車という並びになった。

52周目にFCYが発動するも大きなアクシデントもなくレースは進んでいき、17号車が首位を堅持しそのままトップでチェッカーを受けた。今シーズン2度の2位表彰台を獲得していた17号車だったが、シーズン終盤で待望の今シーズン初優勝を達成。これでランキング3位になり、チャンピオンへの権利を持って最終戦に臨むこととなった。

2位には終盤24号車の猛追を防ぎ切った100号車が入り、ポールポジションからスタートした24号車が3位でフィニッシュした。仮に24号車に抜かれれば、チャンピオンの可能性が消滅してしまっていた100号車。第2スティントを担当した山本が意地の走りをみせ、僅かではあるがチャンピオンの可能性を残した。

公式練習のクラッシュを乗り越えた17号車

ランキング5位につけ、チャンピオン争いに踏みとどまった17号車。しかし予選前の専有走行で松下がクラッシュを喫してしまう厳しい出だしだった。

公式練習では4番手につけ、順調な出だしかと思われた17号車だが、予選直前の専有走行で松下がまさかのクラッシュを喫してしまった。タイムアタックを想定したラップだった為攻めていたという松下だが、予選に参加できない可能性もある痛恨のミスでもあった。

しかしチームはQ1までの僅かな時間でマシンを修復し予選に間に合わせた。このチームの頑張りにミスを犯してしまった松下が奮起、見事Q2進出を決めるのであった。Q2では塚越がさらにタイムをあげ予選4番手を獲得。練習走行からの流れを見ると、まさにチーム一丸となって掴み取った優勝といえる。

シーズンは最終戦を残すのみとなり、チャンピオンの可能性があるチームは6台に絞られた。ランキング4位の100号車、5位の37号車、6位の14号車はチャンピオンの可能性が僅かであり、実質的なチャンピオン争いはランキングトップの3号車、2位の12号車、3位の17号車で繰り広げられるだろう。

今年、日産が投入したZがデビューイヤーを飾るのか、はたまたNSXがホームもてぎで逆転のチャンピオンを決めるのか。ウェイトなしのガチンコ勝負で行われる最終戦、見逃せない!(写真提供:GTA)

●■2022年スーパーGT 第7戦決勝 GT500結果

1位 17 Astemo NSX-GT(塚越広大/松下信治) 65周
2位 100 STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)+13.162s
3位 24 リアライズコーポレーション ADVAN Z(佐々木大樹/平手晃平)+13.162s
4位 14 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)+19.045s
5位 19 WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/阪口晴南)+19.621s
6位 12 カルソニック IMPUL Z(平峰一貴/ベルトラン・バゲット)+20.348s
7位 3 CRAFTSPORTS MOTUL Z(千代勝正/高星明誠)+31.560s
8位 36 au TOM'S GR Supra(坪井翔/ジュリアーノ・アレジ)+38.330s
9位 37 KeePer TOM'S GR Supra(サッシャ・フェネストラズ/宮田莉朋)+39.762s
10位 39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra(関口雄飛/中山雄一)+40.849s

●■2022年スーパーGT GT500 ドライバーズランキング

1位 3 CRAFTSPORTS MOTUL Z(千代勝正/高星明誠)58
2位 12 カルソニック IMPUL Z(平峰一貴/ベルトラン・バゲット)55.5
3位 17 Astemo NSX-GT(塚越広大/松下信治)54
4位 100 STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)41
5位 37 KeePer TOM'S GR Supra(サッシャ・フェネストラズ/宮田莉朋) 38
6位 14 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)38
7位 23 MOTUL AUTECH Z(松田次生/ロニー・クインタレッリ)37
8位 39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra(関口雄飛/中山雄一)33
9位 24 リアライズコーポレーション ADVAN Z(佐々木大樹/平手晃平)30.5
10位 36 au TOM'S GR Supra(坪井翔/ジュリアーノ・アレジ)27.5