2022年11月22日、フォルクスワーゲンジャパンは同ブランドの電気自動車(BEV)として初の日本導入モデル「ID.4(アイディフォー)」を発売した。

フォルクスワーゲン初のフル電動SUV

ゼロエミッション、カーボンニュートラルなどさまざまな呼び方があるが二酸化炭素排出量の低減は全人類の命題だとも言われている。各国の自動車メーカーも独自の方法で道筋を進んでいるが、フォルクスワーゲンはその着手も早かった。

電気自動車ブランドIDシリーズを立ち上げ、最初のモデルとなるコンパクトハッチバックボディの「ID.3」を2020年に欧州で発売。その後、米国と中国でクロスオーバーSUVの「ID.4」を、またSUVクーペの「ID.5」を、さらに中国向けの7シーター電動SUVの「ID.6」を相次いで市場投入してきた。2022年には話題作「ID.BUZZ」の予約受注を欧州ですでにスタートしている。

しかし、世界的な部品不足や充電インフラを含めた日本の市場環境が整っていなかったりなど、さまざまな要因から日本へのIDシリーズ投入は今日まで実現していなかった。

そしてついに2022年11月22日、IDシリーズ日本導入最初のモデル「ID.4」が発売された。実はこのモデル、先行販売されている海外で人気を博しており、2021年に「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」を獲得、フォルクスワーゲンブランドのBEVとして世界最量販となる15万台以上を販売したモデルでもあるのだ。ボディサイズや航続可能距離の設定などから、日本でも人気を呼ぶことが予想される。

ではID.4とはどんなモデルなのか。

まず、ボディサイズは全長4585×全幅1850×全高1640mmで、この数値はフォルクスワーゲンのゴルフをベースとしたミニバン「ゴルフトゥーラン(4535×1830×1670mm)」やSUV「ティグアン(4515×1840×1675mm)」を少し大きくしただけであることから、日本の道路環境においても道を選ぶ必要はなさそうだ。

BEV専用に新たに開発されたMEBプラットフォームの採用により2770mmのロングホイールベースを実現、駆動用バッテリーを前後の車軸間にレイアウトすることで、従来のカテゴリーよりも1クラス上に相当する広い室内空間と、543〜1575Lという容量の大きな荷室が確保されている。

バッテリー容量の違いによりふたつのグレードラインナップを用意する。ひとつがバッテリー容量77kWhの「プロ(Pro)」で航続距離は561kmとロングレンジなモデル、そしてもうひとつの「ライト(Lite)」は52kWhで航続距離388kmのエントリーモデルとなっている。

グレードによって駆動モーターのパワーは異なり、最高出力150kW(204ps)/最大トルク310Nmを発生するプロ、125kW(170ps )/310Nmのライトと住み分けをなされていて、いずれもリアにモーターを配置したRWDである。ただ数値を見てわかるとおり、速さだけを訴求するタイプのBEVではなく、あくまでファミリーカーやレジャーでの使用を主眼に開発されていることがわかる。こうした「ちょうど良さ」も海外で人気を呼んでいる要素のひとつと言えるかもしれない。

また日本導入を記念した特別仕様車「ローンチエディション」がライトとプロの両グレードに設定、発売された。運転の疲れを癒してくれるシートマッサージ機能や、室内の広い空間をさらに開放的にしてくれる電動サンシェード付パノラマサンルーフなど、快適装備を充実。また純正イントテインメントシステム「Ready2 Discover MAX」はプロ ローンチエディションに標準装備されている。

フォルクスワーゲン ID.4 ラインナップ

ライト ローンチエディション(170ps/310Nm・52kWhバッテリー):499万9000円
プロ ローンチエディション(204ps/310Nm・77kWhバッテリー):636万5000円

●フォルクスワーゲン ID.4 プロ ローンチエディション 主要諸元

全長×全幅×全高:4585×1850×1640mm
ホイールベース:2770mm
車両重量:2140kg<1950kg>
パワートレーン:1モーター(リア)
最高出力:150kW(204ps)<125kW(170ps)>
最大トルク:310Nm
最小回転半径:5.4
駆動方式:RWD
WLTCモード一充電走行距離:561km<388km>
総電力量:77kWh<52kWh>
タイヤサイズ:前235/50R20・後255/45R20<235/60R18>
車両価格:636万5000円<499万9000円>
※<>内はID.4 ライト ローンチエディションのもの