2022年4月25日、中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司は、同地の四輪車生産販売合弁会社「東風Honda」の新型BEV(電気自動車)「e:NS1(イーエヌエスワン)」を4月26日より発売すると発表。また、5月には同「広汽Honda」の新型BEV「e:NP1(イーエヌピーワン)」の予約受付も開始される。中国で初めてとなるホンダブランドBEVの登場だ。

航続距離は510km。走りへのスピリットも注入

ホンダが中国で手掛けるBEV(電気自動車)ブランドe:N(イーエヌ)シリーズの第1段が、東風Hondaの新型BEV「e:NS1」と、広汽Hondaの新型BEV「e:NP1」だ。

その特徴は、さまざまな走行シーンにおいて瞬発的な出力と繊細な制御を両立する電動モーターや、510kmの航続距離(中国CLTC基準)を実現する大容量バッテリー、専用のボディ骨格などで構築される新開発「e:N Architecture F(イーエヌアーキテクチャーエフ)」が挙げられる。

モータースポーツやスポーツモデル開発で培った空力技術など、ホンダならではのノウハウによるスポーティな走りの追求も忘れていない。

知能化技術では、中国で展開する最新のコネクティビティとしてBEV専用の新世代コネクテッド技術「ホンダコネクト(Honda CONNECT )3.0」と15.1インチの大型ディスプレーオーディオが標準装備される。安心・安全面では、ドライバーのわき見などの危険行為や眠気などを検知し安全運転を支援するドライバーモニタリングカメラ(DMC)の設定が行われている。

エクステリアデザインにも、BEVならではのアイデアが盛り込まれる。フロントグリルには発光する「Hマーク」エンブレム、リアには従来のHマークに代わる新たな「Honda」エンブレムがそれぞれ採用される。「e:Nシリーズ」の新たなアイデンティティの表現だという。

今回の発表に合わせ、オンライン販売の本格展開も行われる。1対1によるダイレクト対話により検討から注文までを店舗へ行くことなく実現するとともに、e:Nシリーズの「一触未来」(ホンダが掲げる『見ただけ・触れただけで未来を感じることができる』コンセプト)の世界感を味わうことができるという。

同時に、従来からのショールームも刷新される。「広汽Honda」は、北京・上海・広州などを皮切りに電動車専門店の展開やショッピングモールへの店舗設置を開始し、「東風Honda」では既存の全店舗で「e:Nブランドコーナー」の展開を行う。

ちなみに「e:Nシリーズ」は、この2モデルを皮切りに2027年までに10車種の投入が計画されている。今後のラインアップを拡大を質と量の両面から安定的に供給するため、「広汽Honda」と「東風Honda」の両社は、EV専用工場の2024年稼働開始を進めている。