サービスステーション(SS)の新ブランド、「apollostation(アポロステーション)」が2021年4月1日に展開を開始した。これは出光興産と昭和シェル石油の統合に伴うもので、2023年末までに出光SSとシェルSSのすべてがアポロステーションに切り替わることになる。

カード・決済ツールなども相互乗り入れ開始

2019年4月1日に昭和シェル石油と経営統合した新生の出光興産が、ついに新たなサービスステーションブランド「アポロステーション」を立ち上げた。そして、その第1号店となる「アポロステーション セルフ立川通SS」の開所式が行われた。

現在、出光SSとシェルSSの看板を掲げるSSはトータルで全国に約6400カ所あるが、今後、毎年2000カ所ほどをアポロステーションに転換していき、2023年末にはすべてのSSの衣替えを完了するという。

さて、開所式が行われた「アポロステーション セルフ立川通SS」は、様々な自動車関連サービスを展開するヤマヒロ株式会社(所在地:東京都新宿区)が新設したもので、敷地はたっぷりと余裕があり、今後は出光興産が手がける超小型EVのシェアリングサービスを行うことなども検討しているようだ。

また、今回のアポロステーションのスタートに伴い、カード・決済ツール(DrivePay、Shell EasyPay)の相互乗り入れが可能となる。さらに従来は出光SSが楽天ポイント、シェルSSがPontaポイントを採用していたが、今後は出光SS、シェルSS、アポロステーションと3ブランドどのSSでも両方のポイントカードが使えるようになる。

アポロステーションのコンセプトは「地域の人々の暮らしと移動を支えるライフパートナー」というもの。給油やカーケアなどの従来型サービスだけでなく、前述のようにカーシェアリングの拠点やEVの充電施設の設置なども視野に入れているとのこと。まさに新時代のモビリティ社会を見据えたSSで、今後の展開には注目したいところだ。

なお、現在6400あるSSの拠点数はアポロステーションへ切り替わった後も維持されるそうだ。次々とSSが姿を消して行ってしまうような印象がある今日この頃だが、アポロステーションに限ってはその心配は無用なようだ。