トヨタ bZ4X(TOYOTA bZ4X)
現行モデル発表日:2022年4月12日
車両価格:550万円〜650万円

トヨタの未来を指し示したBEV

スバルとの共同開発により生まれたBEV専用プラットフォーム「e-TNGA」を採用した量産市販BEV。トヨタブランドでの車名は、カーボンニュートラルを目指すbZ(ビヨンド ゼロ)、大きさを示す4(クラス)、ボディ形状を表す(クロスオーバー)に由来する。バッテリー総電力量は71.4kWhで、FWDではWLTCモードで約500kmの航続距離を確保している。

駆動システムはスバル ソルテラと共通しているため、4WD車には悪路走破性を高めるXモードを備える。インテリアも未来的で、これからのトヨタのBEVの方向性を具現化した1台と言える。なお、当初のbZ4Xは一般販売ではなくKINTOを通じたリース販売のみだったが、2023年11月より一般販売も開始された。

[▶▶▶詳しい解説はこちら トヨタ bZ4Xは「意のまま感」の強い走行フィール。一部改良で利便性も大幅向上【EV&SDGsフェア2023 in Osaka展示車紹介】 - Webモーターマガジン]

●全長:4690mm
●全幅:1860mm
●全高:1650mm
●ホイールベース:2850mm
●車両重量:1920〜2010kg
●パワーユニット:モーター×1基/モーター×2基
●駆動方式:FWD/4WD
●一充電航続距離:487〜559km
●乗車定員:5名

[トヨタがbZ4Xの「無償」ソフトウェア・アップデートを開始。すでに納車された車両も対象に、5月下旬から開始予定 - Webモーターマガジン]

[トヨタbZ4Xが刻むカーボンニュートラル実現への新たな一歩 - Webモーターマガジン]