2021年9月9日、ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガー初のBEV(フルバッテリー電気自動車)SUV「Iペイス」2022年モデルの受注を開始したと発表。2022年モデルには、新グレード「ブラックエディション」が加わった。

「ジャガー Iペイス eトロフィー」の知見をフィードバック

2018年の発売以来、「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」や「ゴールデン・ステアリング・ホイール賞」をはじめ世界的な数々の賞を獲得し、ゼロエミッションカーとしての地位を確立してきた、ジャガー初のBEV(フルバッテリー電気自動車)となるSUV「Iペイス」の2022年モデルが発売された。

2022年モデルのトピックは、Iペイスの市販車をベースにしたワンメイクレースシリーズ「ジャガーIペイス eトロフィー」で培った知識や経験がフィードバックされていることだ。具体的には、フロントモーターとリアモーターのトルク配分を変更し、ECOモード時の効率を向上させている。また、フロントバンパー開口部を制御するアクティブベーンシステムで温度管理を改善、さらにパフォーマンスや耐久性に影響することなく、バッテリー残量の少ない状況でも作動できるようになった。

エクステリアでは、ホイールサイズを従来の18インチから19インチにアップして標準装備、クロームティップドグリルピンを採用するなど、よりスポーティな佇まいとされた。また、新たに、グリルサラウンドや、ミラーキャップ、サイドウインドーサラウンド、リアディフューザーにアクセントを施した「ブライトエクステリアパック」の追加も行われている。

インテリアは、グレインレザーの14ウェイ電動フロントパフォーマンスシートを導入されたほか、40:20:40分割可倒式リアシートを標準装備とするなどの変更を受けている。

さらに、先進のドライバー支援システム(3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、クリアイグジットモニター、リアコリジョンモニターなど)や、最新インフォテインメントシステム「Pivi Pro」の標準装備化も行われている。

なお、2022年モデルから新グレード「ブラックエディション」が追加された。「S」グレードをベースに、ブラックエクステリアパックや20インチ「スタイル5068」5スポーク(グロスブラックフィニッシュ)、固定式パノラミックルーフなどを備えたモデルで、これによりIペイスは全4グレード展開となった。

ジャガー Iペイス(2022年モデル) ラインアップ

S:1005万円
SE:1093万円
HSE:1221万円
ブラックエディション:1139万円

●ジャガー Iペイス HSE 主要諸元

●全長×全幅×全高:4695×1895×1565mm
●ホイールベース:2990mm
●車両重量:2230kg
●モーター:永久磁石同期電動機
●最高出力:294kW(400ps)/4250−5000rpm
●最大トルク:696Nm/1000−4000rpm
●バッテリー総電力量:90kWh
●WLTCモード航続距離:438km
●駆動方式:4WD
●タイヤサイズ:245/50R20
●車両価格(税込):1221万円