アウディのスポーツバックは美しいクーペシルエットを持つのが特徴と魅力である。近年、そのラインナップはSUVであるQシリーズにも展開されている。ここではモデル名に「5」を用いるシリーズ「A5」と「Q5」のスポーツバックを同時に連れ出し、その魅力に迫った。(Motor Magazine 2021年12月号より)

アウディが展開するスポーツバックの特徴と魅力

そもそも「スポーツバック」は、スポーティな「5ドアハッチバック」が由来と認識している。確かにいずれもトランクではなくリアゲートを持つスタイルではあるが、もはやハッチバックに限定されたモデルではなくなった。たとえばA5スポーツバックは「4ドアクーペ」と謳っている。つまり、「リアゲートの形状」というより「クーペフォルムのエレガントなスタイリング」のモデルと言い換えても良いのではないかと思う。

A5スポーツバックは、「美しさとスポーティな走りと実用性の融合」という初代A5からのコンセプトを継承し、2017年に2世代目へ進化した。そして2021年1月、エクステリアを大幅刷新、より一層スポーティに、そして美しさに磨きがかかり、A5としては初めて、ディーゼルエンジンモデルが設定された。まさにコンセプトとおり、スタイリッシュでありながら快適性、実用性も両立されているのが強みであり魅力だ。

一方のQ5スポーツバックはQ5に新たに追加されたモデルだ。アウディのSUVはQ8、Q7、Q5、Q3、Q2がラインナップされ、Q5はまさに真ん中に位置する。そしてQ5スポーツバックは、「クーペスタイルのスポーティなキャラクターと高い実用性」を兼ね備えたクーペSUVだ。

SUVとしては3番目のスポーツバックであり、他のモデル同様、流麗なルーフラインが特徴的だ。グレードはアドバンスドとラインの2種類。パワートレーンは、2L 直4ディーゼルターボエンジン+7速DCTの組み合わせのみで、ハイパフォーマンス版のSQ5スポーツバックに3L V6ターボエンジンが搭載される。本格的なSUVとしての性能を持ちながら、都会的なシーンにもマッチするオールラウンダーだ。

アウディ A5スポーツバックとQ5スポーツバックで、軽井沢までテストドライブに出かけた。往路はA5スポーツバックで、横浜から軽井沢まで約3時間の行程を一気に走った。夕方から夜にかけての移動だったため、ディテールのチェックもなく、いきなり走り出した。取材前にクルマのグレードさえも知らずに乗り込んだ次第だった。

運転し始めて間もなく、インストルメントパネル内のタコメーターを見て、初めてディーゼルエンジンであることに気がついた。試乗モデルは、アウディA5スポーツバックTDIクワトロアドバンスド。室内にいる限りはディーゼルであることを感じさせないほど静かで、金属音も気にならない。翌日、外でアイドリング音を聞いたらガラガラ音でディーゼルだと認識できたが。

ほぼ高速道路だったが、3時間のドライブは実に快適で疲れ知らずだった。足もとにブリヂストンポテンザS001が装着されていることからも、このクルマがスポーティなキャラクターであることが伺える。でも、まったく尖った性格ではない。正直、セダンに乗っているような快適性であった。

一般論としては、セダンと比べるとリアのバルクヘッドがないため静粛性で劣る、ということになるのだろう。今回、A4と直接比較していないので差異はわからないが、絶対評価として、十分に静か。ドライブフィールや操作系に関しても、不満や不便を感じることはなかった。

キャラ的にも、アウディらしいスポーティさは感じられるものの、全体的に薄味と思った。これ、褒め言葉のつもりだ。セダンは乗っている時も尖ったところがなく、降りた後に後味を残らないくらいが良いと思っている。そして、A5スポーツバックは、そんなセダンライクな上質でエレガントさを備えた走り味なのだ。

試乗後、スペック表を見比べてみた。A5のクーペに対しては数値を出すまでもなく、乗降性やリアシートの居住性、そしてトランク容量など実用性においてはスポーツバックの方が勝る。

ではA4セダンに対してどうかというと、全長は15mm短く、全高は20mm低い。ホイールベースは同じで、ラゲッジルーム容量は460L vs 465LでA5スポーツバックの方が若干ながら大きいのだ。A4にはディーゼルエンジンの設定がないので同じガソリンエンジン搭載モデルで比較すると、A5スポーツバックの方が51万円高い。セダン並みの実用性と快適性を兼ね備えながら、セダンほどフォーマル過ぎず、スタイリッシュでありながらカジュアルさも感じられるところがA5スポーツバックの最大の魅力ではないだろうか。

美しいスタイルを持つがカジュアルでもあるのが魅力

さて、今回の企画の主役であるQ5スポーツバックは日本初上陸となるので、クルマの概要について解説しておこう。ボディサイズは全長4695mm×全幅1900mm×全高1660mm。Q5のクーペスタイル版だからQ5とのエクステリアデザインの違いはルーフやリアセクションだけかと思いきや、シングルフレームグリルや前後バンパーなども専用設計とし、スポーツバックならではのスタイリングを際立たせている。

アドバンスドとSライン、2種類のグレードがあり、さらにそれぞれ異なったグリルデザインを採用。今回の試乗車は、Q5スポーツバック TDIクワトロ Sラインをベースにした限定モデル、ファーストエディション。

最近の輸入車に多く見られるファーストエディションだが、装備充実でお買い得なだけでなく、通常のオプション設定にない装備が奢られていたりする。たとえば、今回のモデルでは、マトリクスOLEDリアライトがそれにあたる。このライトは、停車中に後続車が2m以内に近づくと超音波センサーで探知して、リアOLEDライトをすべて点灯、後続車のドライバーに注意を促すというアラート機能を持つ。

Q5スポーツバックはワインディングロードで気持ちよく曲がる

室内に乗り込むとQ5同様、最新のインフォテインメントシステムのMIB3が採用されている。センターコンソールにシフトレバーとモニターのスイッチを配置して、エアコンなどの必要なスイッチは装備、シンプルながら機能的で使い勝手のいいインテリアだ。

パワートレーンは、ディーゼルエンジンに、12Vリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドシステムを採用。また、クラッチ付きのクワトロシステムを採用し、負荷がなく4WD走行を不要と判断した時に、プロペラシャフトとリアドライブシャフトを切り離すことでFFになる。また、コースティング時にエンジンを完全停止するなど、燃費向上のテクノロジーも採用されている。もちろん、走行中にFFになったとか、エンジンが停止したなんていうことは、ドライバーは知る由もない。

最高出力150kW(204ps)/3800−4200rpm、最大トルク400Nm/1750−3250rpmのアウトプットは必要十分なパワーフィールだ。けっして俊足ではないし、A5スポーツバックのような軽快さもないが、トルクでグイグイとボディを引っ張っていく感じは急かされるでもなく、まどろっこしくもなくとても心地良い。

A5スポーツバックから乗り換えると、重厚感のあるドライブフィールだ。もちろん、物理的な重量差もあるが、重さを鈍重と感じることなく、あくまでSUVの骨太感や乗り味の違いとして捉えられる。それはやはり、軽快なフットワークのおかげだろう。ファーストエディションには、本来ならオプション装備となる「ダンピングコントロールサスペンション」を奢られており、この効果が大きいと思われる。ドライブセレクトはデフォルトのAUTOでも秀逸で、高速道路やワインディング、シチュエーションに応じて減衰をコントロールしてくれる。

ワインディングロードでダイナミックモードを試してみたが、タイヤからの入力がキツくなる感じではなく、むしろロールを規制される印象が強い。コーナーの進入で気持ち良く曲がり、その先、クルマが傾くという感覚もなく、ちょっと大げさにいうとカラダが真横に引っ張られるような感じ。おそらく、ドライバー以上に同乗者にやさしい動きだと思う。

ところで、クーペスタイルのフォルムはスタイリッシュだが、実用性が気になるところだろう。ボディサイズはQ5に対して全長が+10mm、全高は5mm減とほぼ同じだ。リアシートに座ったが、ヘッドクリアランス、ニークリアランスともに十分。ラゲッジスペースは、Q5が通常で550L、リアシートを倒すと1550Lなのに対して、Q5スポーツバックはそれぞれ510L/1480Lとなっている。Q5よりは少ないが、買い物やレジャーなどで使うには十分なスペースが確保されている。

ドイツプレミアムブランドがクーペSUVに揃っている

今回のファーストエディションは限定モデルなので、カタログモデルのTDIクワトロライン同士を比較すると、Q5に対して48万円高となっているが、一般的にセダンより派生モデルのクーペの方が車両価格を高く設定されるので、同じ考え方なのだろう。

ルックス、走り、実用性と3拍子揃ったQ5スポーツバックだが、同クラスにライバルがいる。メルセデス・ベンツ GLCクーペとBMW X4だ。メルセデスは4ドアクーペを流行らせたブランドであり、BMWはSACという独自の名称でクーペSUVを最初に出したパイオニアだ。

それぞれのモデルを確認したら、いずれも2L直4ディーゼルターボエンジン搭載モデルがあり、トルクは400Nm、パワーもほぼ近しい。ボディサイズも同格で、価格も770万円前後と真っ向勝負。ディテールの比較は今回はしないが、何と言ってもスタイリングのエレガントさはアウディQ5スポーツバックが一番だと言っていいだろう。(文:佐藤久実/写真:永元秀和)

●アウディ Q5スポーツバック ファーストエディション 主要諸元

●全長×全幅×全高:4685×1900×1665mm
●ホイールベース:2825mm
●車両重量:1910kg
●エンジン:直4DOHCディーゼルターボ
●総排気量:1968cc
●最高出力:150kW(204ps)/3800−4200rpm
●最大トルク:480Nm/1750−3250rpm
●トランスミッション:7速DCT(Sトロニック)
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:軽油・70L
●WLTCモード燃費:14.5km/L
●タイヤサイズ:235/55R19
●車両価格(税込):837万円

●アウディ A5スポーツバック 40TDI クワトロ アドバンスド 主要諸元

●全長×全幅×全高:4755×1845×1390mm
●ホイールベース:2825mm
●車両重量:1680kg
●エンジン:直4 DOHCディーゼルターボ
●総排気量:1968cc
●最高出力:150kW(204ps)/3800−4200rpm
●最大トルク:480Nm/1750−3250rpm
●トランスミッション:7速DCT(Sトロニック)
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:軽油・58L
●WLTCモード燃費:14.6km/L
●タイヤサイズ:245/40R18
●車両価格(税込):662万円