2022年9月2日、BMWジャパンは全世界1000台限定で生産される究極のMモデル「BMW M4 CSL」の注文受付を開始した。BMWオンライン・ストア([https://online-store.bmw.co.jp/)限定で、本年9月26日午後11時59分まで受け付ける。車両価格は2196万円。日本国内には25台限定での導入だ。]

ニュルブルクリンクで7分20秒207のラップタイムをマーク

M4クーぺはサーキットでの圧倒的な走行性能を持つハイパフォーマンスモデル。今回発表されたBMW M4 CSLは、そんなM4クーぺ(M4 Competition RWDモデル)をベースに、40psの出力向上と約100kgの軽量化を実現し、ニュルブルクリンク北コースで7分20秒207のラップタイムをマークしたスペシャルモデルだ。

BMW量産車としては最速となるモデルで、0→100km/h加速は3.7秒を実現している。

エンジンはM4クーぺに搭載される3L 直6ツインターボをベースに、過給圧を1.7barから2.1barにブーストアップすることで405kW/550psまでパワーアップ。

シャシは、M4 Competitionをベースにボールジョイント箇所を4ヵ所増加して、路面追従性、キャンバー強度、ダンパーのレスポンスを向上させる。加えて M4 CSL専用サスペンション、専用スタビライザー、レッドハイグロスのMカーボンセラミックブレーキを標準装備することで、理想のサーキット走行を追求した。

軽量化も徹底しており、CSLの代名詞ともなっているCFRP(炭素繊維強化プラスチック)製ボンネット&トランクリッドを採用、キドニーグリル、エアインレット、ドアミラーキャップ、ディフューザーなどにもCFRPを採用した。

インテリアでも軽量化。そこかしこに特別感を演出する

シートは極限まで軽量化を図ったMカーボンフルバケットタイプを搭載、6点式シートベルトに対応し、ヘルメット使用時でもヘッドレストが邪魔にならないよう工夫が施されている。また、リアシートは取り外され、後席部分をヘルメットなどの収納スペースとしている。

デザインにも特別な趣向が凝らされ、イエローのデイライトを備えたレーザーライト、レーザーテクノロジーを採用したリアコンビネーションランプ、ブラックをベースにレッドアクセントを利かせたバッチ、インテリアではセンターマーク付きのMアルカンターラステアリングホイール、Mカーボンファイバートリム、専用CFRP製センターコンソールなどが特別感を演出している。

なお、注文が限定台数を上回った場合は抽選により、10月初旬までに当選者を決定する。納車開始は今秋以降を予定している。

●■BMW M4 CSL 主要諸元

●全長×全幅×全高:4805×1920×1385mm
●ホイールベース:2855mm
●車両重量:1630kg
●エンジン:直6DOHCツインターボ
●排気量:2992cc
●最高出力:405kW(550ps)/6250rpm
●最大トルク:650Nm/2750-5950rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:FR
●0→100km/h加速:3.7秒
●車両価格:2196万円(国内25台限定)