2022年5月13日、レクサスはコンパクト クロスオーバーの「UX」をビッグマイナーチェンジして発表した。日本仕様の発売は、2022年の夏ごろを予定している。(ここで掲載している画像は、すべてプロトタイプのものです)

都会派コンパクト クロスオーバーらしい深化と進化

UXは、レクサスブランドで最小サイズのコンパクトクロスオーバーSUVだ。2018年に発売された現行型が初代で、2022年3月末時点で80以上の国と地域で累計約24万台を販売している。ハイブリッドやバッテリーEV(BEV)の電動モデルを拡充し、電動車の販売比率はグローバルで約80%を達成している。

今回、ビッグマイナーチェンジされた「新型」UX200/250hは、たゆまぬ進化を追求していく「Always On」の思想のもと、走行における性能や快適性の深化、そして先進運転支援システムの拡充や最新のマルチメディアシステムを導入などに取り組んだという。

●■上質ですっきりと奥深い走りの味の深化

サイドドア及びバックドア周辺のボディ開口部のスポット溶接打点を計20点追加し、ボディ剛性を向上。EPS(電動パワーステアリング)やダンパーなどを最適合し、ドライバーの意図に忠実でリニアな応答を追求している。また、新規開発の18インチ ランフラットタイヤも採用して、レクサスの原点である静粛性も向上している。

Fスポーツでは、パフォーマンスダンパーとAVS(アダプティブ バリアブル サスペンション)を標準設定。乗り心地と静粛性を向上しながら、優れた操舵応答性、安定感、快適な乗り心地を実現している。インテリアも、Fスポーツ専用のシート、ステアリング、シフトノブ、メーター、アルミ製スポーツペダルに加えて、今回アルミ製フットレストとスカッフプレートを新たに設定した。

●■予防安全技術の機能拡充や最新のマルチメディアシステムを採用した先進装備の進化

予防安全技術「レクサス セーフティシステム+」の機能を従来型より拡充。「プリクラッシュセーフティ」の対応領域を拡大、「レーントレーシングアシスト」の車線認識にAI技術を活用、「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)」にカーブの大きさに合わせてあらかじめ減速するカーブ速度抑制機能を追加、「ドライバー異常時対応システム」を追加、などにより、事故の防止や交通事故死傷者のさらなる低減と、ドライバーの負担軽減を目指している。

また、専用のスマートフォンアプリをインストールすることで、この機能を有する車両に対してスマートフォンをデジタルキーとして使用できる。ドアのロック/アンロックはもちろん、エンジンスタートもできる。スマートフォン間でデジタルキーの受け渡しも可能だ。

マルチメディアシステムやコネクティッドサービスも刷新された。大型化/高解像度化した12.3インチ/8インチ タッチディスプレイを採用するとともに、直感的な使いやすさを追求した最新のマルチメディアシステムを搭載している。ソフトウエアは、OTA(オーバー ジ エア)でアップデートが可能だ。

タッチディスプレイは、よりドライバー側へ搭載され、運転姿勢を崩さずにタッチ操作することができる。またディスプレイのタッチスクリーン化に伴い、インパネやコンソール周辺の形状やスイッチレイアウトを最適化している。

マルチメディアシステムは直感的な使いやすさを追求し、ナビや音楽、車両設定などの各種メニューの選択スイッチを運転席側に常時アイコンで表示することで優れたアクセス性を実現している。音声認識機能や、スマートフォンとのリンク機能も備えている。

日本仕様の発売は、前述のように2022年の夏ごろを予定されている。ラインナップは従来型と同様に2Lガソリンエンジン仕様の「UX200」と、同エンジン+モーターのハイブリッド「UX250h」、そしてバッテリーEVの「UX300e」も設定されると思われる。

ボディサイズやパワートレーンのスペックなどの詳細も現段階では未発表だが、新しくなったレクサスUXの再参入によって、輸入車のライバルも多いプレミアム コンパクトSUV市場は、この夏以降にさらに活性化していきそうだ。