2021年8月30日、ホンダはNSX Type S(タイプS)を発表した。全世界で350台の限定販売モデルで、日本では9月2日から購入の申込みを開始し、2022年7月に30台限定で発売予定だ。(タイトル写真は開発責任者の水上 聡 氏とタイプS)

これまでのNSXを超えるパフォーマンスとデザインを追求

現行型の2代目NSXは、2016年8月に発表されたホンダのスーパースポーツカーだ。今回発表された「タイプS」は、[既にアナウンスされていた]ように2代目NSXの集大成であり、最終モデルとなる。

日本仕様のNSX タイプSは、[先日発表された米国仕様]と基本的には同じスペックだ。外観上の大きな違いは、リアウイングの有無くらいか(日本仕様には未装着)。「パフォーマンス デザイン」をコンセプトに、目指す高いパフォーマンスを実現させるための機能と、存在感のあるデザインを高次元で両立させた。

エクステリアでは、前後のバンパーを新デザインとし、エアロダイナミクス性能の大幅な向上を追求している。従来型のロー&ワイドなスタイリングをより際立たせるアグレッシブな造形となった。しかも空力と冷却を高次元で両立させるトータル エアフロー マネジメントのさらなる向上を目指し、最先端のシミュレーションや風洞実験、走行試験を重ねて作り上げられている。

インテリアでは、セミアニリンレザー×アルカンターラのシートを標準装備し、オプションでセミアニリンのフルレザーシートも設定。ヘッドレストには「NSX」のロゴが刺繍され、グローブボックスには「Type S」のロゴが入れられる。

3.5LのV6ツインターボエンジンに、前2基/後ろ1基の電気モーターを組み合わせたSH(スポーツ ハイブリッド)-AWDの基本システムに変わりはないが、エンジンは高耐熱材ターボの採用による過給圧アップ、インジェクターの燃料噴射流量アップ、インタークーラーの放熱量アップなどにより、最高出力は529ps(従来型+22ps)、最大トルクは600Nm(同+50Nm)にパワーアップ。

さらにフロントモーターのローレシオ化や、IPU(インテリジェント パワーユニット)のバッテリー出力や使用可能容量の拡大などにより、システム最高出力は610ps(従来型+29ps)、システム最大トルクは667Nm(同+21Nm)を発生する。

9速DCTのトランスミッションは、左側の減速パドルを0.6秒ホールドすることで瞬時に最も低い適切なギアにシフトダウンする機能も備えた。エンジンサウンドもチューンされている。

タイヤは、NSX専用にグリップ性能を高めてホンダが認証したピレリ Pゼロ。新デザインの専用鍛造ホイールはインセットの変更により、トレッドは従来型より前が10mm、後ろが20mm拡大されている。

走行シーンに応じて最適な4つの走行モードが選択可能な「インテグレーテッド ダイナミクス システム」は、アクティブ ダンパー システムやEPS(電動パワーステアリング)の各制御、SH-AWDの駆動力配分の見直しが行われ、あらゆるシーンにおいてNSX タイプSならではの「操る喜び」を具現化した。

前述のように、NSX タイプSは全世界350台の限定で、米国で300台、日本で30台、カナダで20台が販売される。車両価格(税込)は、2794万円。9月2日より全国のNSX パフォーマンス ディーラーで購入の申込みを開始する。

なお、日本仕様の詳細なスペックは公表されていないので、米国仕様のアキュラ NSX タイプSの主要諸元を参考までに掲載しておく。

●■アキュラ NSX タイプS(米国仕様) 主要諸元

●全長×全幅×全高:4530×1940×1215mm
●ホイールベース:2630mm
●車両重量:未発表
●エンジン:75度V6 DOHCツインターボ+3モーター
●総排気量:3492cc
●最高出力:520hp/6500-6850rpm
●最大トルク:600Nm/2300-6000rpm
●モーター最高出力:27kW×2+35kW
●モーター最大トルク:73Nm×2+148Nm
●システム最高出力:600hp
●システム最大トルク:667Nm
●トランスミッション:9速DCT
●駆動方式:4WD(エンジンは縦置きミッドシップ)
●燃料・タンク容量:プレミアム・60L
●最高速度:305km/h
●0→96km/h加速:3.0秒以下
●タイヤサイズ:前245/35ZR19、後305/30ZR20
※数値は編集部換算値