デビュー以来、高人気が続いているヤリスクロス。その秘密を探るべく、「ドライブグルメ」のライターでもある鈴木ケンイチ レポーターが、ヤリスクロスとヤリスを乗り比べてみた。

いまや、コンパクトSUVにヤリスクロスのライバルはいない!?

トヨタのコンパクトSUV、ヤリスクロスの販売が絶好調だ。2020年8月末に発売が開始されたが、その販売台数はヤリスに含まれているので実数が見えなかった。そこでトヨタに問い合わせてみると、2020年8〜12月の5カ月間で3万2810台、2021年1〜8月では7万6430台。発売から2021年8月までの約1年で10万9240台も売れていた。ざっくり言えば、ヤリスクロスとヤリスは、ほぼ同じ台数が売れている。

年間10万台規模で売れているSUVといえば、2020年に12万6038台を販売したトヨタ ライズぐらい。他のモデルでは、ホンダ ヴェゼルは3万2931台だったし、日産 キックスは1万8326台、マツダ CX-3は7617台。つまり、現状では弟分のライズくらいしか販売上のライバルはいない。それほど圧倒的な人気を誇っている。そこで、ヤリスクロスとヤリスを乗り比べることで、ヤリスクロスの人気の理由を探ってみたい。

まず、ヤリスクロスとヤリスは同じプラットフォームを使っているが、エクステリアデザインはまったく違っている。それでも、インパネなどのインテリアデザインは、エクステリアほど大きく違ってはない。メーターのデザインは異なるが、オーディオやエアコンなどのセンターコンソールまわりは同じだ。外で見るよりも運転席に座った方が、2台が兄弟車であることが、より実感できるだろう。

だが、走らせたときの2台の印象は、それなりに異なるものだった。なによりも車格感がヤリスクロスの方が高い。着座位置がヤリスより高いというだけでなく、街を走る他のもう少し大きいSUVとも遜色ないのだ。ヤリスクロスの寸法は、全長4180×全幅1765×全高1590mm。ヤリスクロスの全長と全幅はコンパクトなのだが、全高はC-HRよりも高いくらいだ。目線が上にあるというだけで、なんとなく車格が上がったような気分になれる。

また、ヤリスクロスは同じ最上級グレード同士でもヤリスよりも30万円ほど高い。そのため内装や装備でも、ヤリスクロスの方が充実している。ヤリスクロスは、1.5Lのエンジン車が約180〜244万円、ハイブリッドが約230〜280万円という価格帯となるが、装備類の充実は、それよりも上のクラスに匹敵する。

ヤリスクロスが売れるのは、それなりの理由があったのだ

今回、試乗したヤリスクロスはハイブリッドの最上級グレード「Z」の4WD。オプションのヘッドアップディスプレイをはじめ、シートヒーターなどの快適装備も数多く装備されていた。こうした充実した装備類があれば、「これまではもっと大きなクルマに乗っていた」というダウンサイザー指向の人も満足するはず。これもヤリスクロスの大きな魅力と言えるだろう。

2台のパワートレーンは、基本は同じだがラインアップが微妙に異なる。ヤリスクロスは1.5L+モーターのハイブリッドと1.5L(CVT)の2種。一方ヤリスは、1.5L+モーターのハイブリッドと1.5L(CVT/6速MT)、そして1L(CVT)という4種を用意する。

試乗車の関係で、ヤリスクロスがハイブリッドでヤリスが1.5Lとなったが、まずハイブリッドは非常に静かでスムーズだ。高速道路を走行していると、燃費計が30km/Lを上回る瞬間があるほど。カタログではWLTCモードで4WDでも26.0km/L、FFでは最高30.8km/L。コンパクトとはいえ、SUVとしては驚異的な燃費性能だ。それでいて、システム最高出力は85kW(116ps)。速いわけではないが、日常的に使うのであれば力不足を感じることはないだろう。

また、ヤリスの1.5L 3気筒エンジンは、やや雑味のあるサウンドだったが、その音量は非常に小さく抑えられていた。最高出力は88kW(120ps)もある。燃費性能はWLTCモードで、FFが最高21.6km/L、4WDが最高19.2km/L。コンパクトカーとしては十分以上の数値だろう。

走り味という点で、2台からは異なる個性を感じた。ヤリスは、いわゆるホットハッチバック的な軽快感があったのだが、ヤリスクロスの振舞いはもう少し落ち着いたもの。また、タイヤサイズは16インチのヤリスに対して、ヤリスクロスは18インチを履く。路面の悪いところではヤリスクロスはバネ下が暴れる感がある。乗り心地を優先したい人には、16インチ装着車をおすすめしたい。

荷物も人もヤリスクロスなら余裕しゃくしゃく

そして、最後の大きな違いが荷室だ。これはもう、ヤリスクロスが圧倒的に広い。奥行きも高さもたっぷりある。しかも電動開閉機能までも用意されている。また、後席に座ったときの快適度もヤリスクロスが上だ。つまり、3人以上で移動したり、荷物を運ぶというのであれば、文句なしでヤリスクロスが良いとなる。

結局のところ、ヤリスクロスとヤリスを比較してみれば、ヤリスクロスは乗ったときの車格感が高く、走り味は穏やかで燃費性能も抜群に良いということ。そして、SUVならではの使い勝手の良さもある。つまるところ、サイズはコンパクトだが、良いモノ感があり、使いやすい。それがヤリスクロスであったのだ。売れるのも納得というわけだ。(文と写真:鈴木ケンイチ)

●■トヨタ ヤリスクロス ハイブリッドZ(4WD) 主要諸元

●全長×全幅×全高:4180×1765×1590mm
●ホイールベース:2560mm
●車両重量:1270kg
●エンジン:直3 DOHC+モーター
●総排気量:1490cc
●エンジン最高出力:67kW(91ps)/5500rpm
●エンジン最大トルク:120Nm(12.2kgm)/3800-4800rpm
●モーター最高出力:59kW(80ps)+3.9kW(5.3ps)
●モーター最大トルク:141Nm(14.4kgm)+52Nm(5.3kgm)
●トランスミッション:電気式無段変速機
●駆動方式:フロント横置き4WD
●燃料・タンク容量:レギュラー・36L
●WLTCモード燃費:26km/L
●タイヤサイズ:215/50R18
●車両価格(税込):281万5000円

●■トヨタ ヤリス 1.5Z 主要諸元

●全長×全幅×全高:3940×1695×1500mm
●ホイールベース:2550mm
●車両重量:1020kg
●エンジン:直3 DOHC
●総排気量:1490cc
●最高出力:88kW(120ps)/6600rpm
●最大トルク:145Nm(14.8kgm)/4800-5200rpm
●トランスミッション:CVT
●駆動方式:横置きFF
●燃料・タンク容量:レギュラー・40L
●WLTCモード燃費:21.6km/L
●タイヤサイズ:185/60R15
●車両価格(税込):197万1000円