三菱 eKクロス EV
現行モデル発売日:2022年5月22日
車両価格:239万8000円〜293万2600円

日常使用を前提に開発された軽EV

三菱のeKクロスに新たに設定されたのが、バッテリー電気自動車の「eKクロス EV」だ。日産 サクラの姉妹車にあたる。パワートレーンは、新開発された総電力量20kWhのリチウムイオンバッテリーに、最高出力47kW/最大トルク195Nmを発生する電気モーターを組み合わせたもので、FWDとなる。

一満充電での走行距離は180km(WLTCモード)と日常使いに十分な数値を実現。充電ポートは普通充電(AC200V/145A)と急速充電(CHAdeMO)の2つを備え、普通充電は約8時間で満充電、急速充電は約40分で80%の充電が完了できる。車両価格はやや割高に感じるが、補助金を使えば既存の軽自動車と同じ程度の支払いで購入できるように設定されている。

[▶▶▶詳しい解説はこちら 三菱が軽自動車規格の電気自動車「eKクロス EV」を発表。航続可能距離は180kmの、身近で使いやすい軽BEV - Webモーターマガジン]

●三菱 eKクロス EV 主要諸元

●全長:3395mm
●全幅:1475mm
●全高:1655mm
●ホイールベース:2495mm
●車両重量:1060〜1080kg
●パワーユニット:モーター×1基
●駆動方式:FWD
●トランスミッション:ー
●一充電走行距離:180km
●乗車定員:4名

[「初めての電気自動車」には、三菱eKクロス EVがちょうどいいと思う、その理由。 - Webモーターマガジン]

[三菱 eKクロスEVに乗って、軽EVの「これまで」をふり返り、「これから」を考えてみる - Webモーターマガジン]