2021年度の輸入車販売ランキング(日本自動車輸入組合:JAIA調べ)で、フォルクスワーゲン「ゴルフ」が2位となった。鈴木ケンイチ レポーターが、そんなゴルフのトップグレード「GTI」に試乗しながら、ゴルフについて改めて考察してみた。

第8世代のゴルフが登場したことで人気を回復

輸入車ランキング1位の座は、以前にも紹介したが[2016年度から6連続でMINIが獲得]している。ゴルフは、それに次ぐ2位が定位置となっていたが、2020年はフルモデルチェンジの谷間ということで、順位を6位まで落としていた。しかし、新型となる第8世代のゴルフが2021年6月に日本での発売が開始されたことで、一気に順位を回復した。そこで今回は、第8世代のゴルフ(以下、ゴルフ8)のトップグレードであるGTIに試乗しながら、ゴルフ8のアウトラインや人気の秘密を考察してみたい。

まず、ゴルフ8は、「デジタル化」「電動化」「ドライバーアシスタントシステム」の3つの進化が特徴だ。「デジタル化」に関しては、運転席に座っただけですぐにわかる。メーターは10.25インチの液晶ディスプレイを採用したデジタル コクピット プロを全車標準装備。これはセンターコンソールのディスプレイまでなだらかにつながっている。また、シフトノブはスイッチ式になり、新しさを演出している。

「電動化」は、48Vマイルドハイブリッドを1.0eTSIと1.5eTSIに採用した。48Vで稼働するスタータージェネレーターを使って、エンジン始動や発電だけでなく、エンジンのアシストと減速エネルギーの回生までを行うものだ。そして「ドライバーアシスタントシステム」は、最新の運転支援システムを搭載した。前走車を追従するACC(アダプティブ クルーズコントロール)とレーンキープアシストを融合させたトラベルアシストは、0〜210km/hで作動する。ハンドルには静電容量センサーが採用されたので、ACCの作動中は握り込まなくても触っていればいいだけとなっている。

一方で、プラットフォームやエンジンといった車体の基本的な部分の多くは、先代からのキャリーオーバーとなる。とはいえ、内容は進化しているのだが。また、ゴルフはフォルクスワーゲンの主力モデルらしく、幅広いラインナップを誇る。日本仕様でも、1Lと1.5Lの48Vマイルドハイブリッド、2Lのディーゼルターボ(TDI)、そして2Lガソリンターボ(GTI)が設定されている。さらに、ステーションワゴン版のヴァリアントもあり、こちらは1Lと1.5Lの48Vマイルドハイブリッドのみとなる。

ゴルフ8の各グレードに共通しているのは「洗練」

さて、筆者はゴルフ8の日本導入からこれまでの1年の間に、すべてのグレードに試乗してきた。パワートレーンや足まわり、内装などの仕様の違いはあったが、基本的な印象は非常に似通ったものであった。それはつまり、ひとことで表せば「洗練」だ。特に好印象であったのがシャシだ。

走らせてみて、すぐに気づくのは、ステアリングの軽さだ。だがそれは緩んでいるのではなく、わずかにジワリと切るだけで、しっかりとクルマは反応する。しかも、それが過敏ではないのがいい。足まわりがよくできているということだろう。そして速度を上げていくほどに安定感が増してゆく。中低速の街中では扱いやすく、高速道路ではビシッと真っ直ぐに走ってくれる。プラットフォームを先代から継続利用したことが、この洗練の走りを生んでいるのだろう。

また、デジタルを謳うメーターやディスプレイまわりも、すっきりと見やすい。表示させる情報を取捨選択して整理している。ただし、燃料残量の表示が小さくて分かりにくい点だけは、改良を期待したい。それでもパッケージングは、オーソドックスそのもの。奇をてらわない、まさに王道。鉄板の使いやすさだ。

メーターやシフトスイッチなど目に見える部分に「デジタル化」という新しい要素を採用しつつも、その実、中身は非常にオーソドックス。これこそ、洗練といえるだろう。そうして磨き上げた中味に、48VマイルドハイブリッドやTDI、GTIという変化をつけたというのが、ゴルフ8なのだ。

走りっぷりはパワートレーンごとに異なるが、1Lの直3ガソリンターボ+48Vマイルドハイブリッドでも、市街地走行なら十分なレベルだ。発進時や低速時はモーターがアシストし、不足を感じさせない。その上の1.5L 直4ガソリンターボ+48Vマイルドハイブリッドは、街中での走りっぷりは1Lと大きく変わらないが、高速域での伸びや余裕は確実に一歩上。高速道路での移動が多い人は、1.5Lを選んだほうがいいだろう。いずれも、48Vマイルドハイブリッドの採用で燃費はいい。

ディーゼルも良いけれど、やはり楽しいのはGTIだ

燃費とパワーをさらに望むなら、2L 直4ディーゼルターボのTDIに限る。ディーゼルの振動は気にならず、低回転から力強く、さらに高速域でもパンチ力がある。しかも燃費はガソリンの48Vマイルドハイブリッドよりいい。やはり、伝統あるフォルクスワーゲンのディーゼルエンジンは高いレベルにある。

そして、ゴルフには初代から「GTI」がラインナップされている。スピードはもちろん、ファンなハンドリングも楽しませてくれる、トップグレードのホットハッチだ。本国仕様では4WDと組み合わせた「ゴルフR」もあるが、現在のところ日本仕様には設定されていない。

パワートレーンは、最高出力245ps/最大トルク370Nmというハイパフォーマンスな2L 直4ガソリンターボエンジンに7速DCTを組み合わせ、電子制御油圧式フロントディファレンシャルロックも標準装備。赤いラインの入ったフロントグリルやタータンチェック柄のシートなど、GTI伝統の専用アイテムが装備され、走り出す前からワクワクする気分にさせてくれる。

だが、GTIはスペックから想像されるような過激なクルマではない。ジェントルに扱えば、行儀よく、ゆったりと走らせることができる。しかし、ワインディングや高速域などで、いつもより深めにアクセルを踏み込めば、GTIの底力を垣間見ることができる。なんといってもニュルブルクリンク サーキットで、FF世界最速を競うモデルのひとつだ。ドライバーの意のままに、より高いスピード域へ、あっという間に連れて行ってくれる。

それでも、そんなときでもゴルフらしい、4輪がしっかりと路面をつかんでいるという信頼感が保たれている。この安定感が、ホットハッチと呼ばれるGTIでも変わらずに味わえるというのが、ゴルフの凄みなのだろう。どのモデルに乗っても、基本の乗り味は同じ方向を向いている。これこそがゴルフの伝統であり、そして魅力と言えるだろう。(文:鈴木ケンイチ/写真:Webモーターマガジン編集部)

●■フォルクスワーゲン ゴルフGTI 主要諸元

●全長×全幅×全高:4295×1790×1465mm
●ホイールベース:2620mm
●車両重量:1430kg
●エンジン:直4 DOHCターボ
●総排気量:1984cc
●最高出力:180kW(245ps)/5000-6500rpm
●最大トルク:370Nm/1600-4300rpm
●トランスミッション:7速DCT(DSG)
●駆動方式:横置きFF
●燃料・タンク容量:プレミアム・51L
●WLTCモード燃費:12.8km/L
●タイヤサイズ:225/40R18
●車両価格(税込):466万円