2022年9月8日、三菱自動車工業(以下、三菱)は、軽ハイトワゴンのeKワゴンと軽スーパーハイトワゴンのeKスペースを一部改良。あわせて、eKクロスとeKクロス スペースに先進の安全・快適装備を充実させた新グレード「T プレミアム」と「G プレミアム」を設定して販売を開始した。

「マイパイロット」やデジタルルームミラーなどを標準装備

[電気自動車のeKクロス EV]が人気を博している、三菱の軽乗用車「eK」シリーズ。今回は、軽ハイトワゴンのeKワゴンと軽スーパーハイトワゴンのeKスペースが一部改良され、eKクロスとeKクロス スペースに新グレードが設定された。

eKクロスとeKクロス スペースに設定された新グレード、「T プレミアム」と「G プレミアム」は、それぞれターボ車の「T」とノンターボ車の「G」がベースだ。

従来はメーカーオプション設定としていた高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」や、デジタルルームミラー(マルチアラウンドモニター付き)、マルチアラウンドモニター(移動物検知機能付き)など先進の安全・快適装備を標準装備している。

さらに、eKクロス スペースでは、従来はメーカーオプション設定としていた後席の使い勝手や快適性を高める後席パッケージも標準装備している。

eKクロス/eKワゴンの主な変更点は、eKクロスに2トーンのホワイトパール/ブラックマイカ、eKワゴンにモノトーンのナチュラルアイボリーメタリックを新たに設定するなど、ボディカラー展開を見直した。

eKクロス スペース/eKスペースの主な変更点は、eKクロス スペースに2トーンのチタニウムグレーメタリック/ブラックマイカ、eKスペースにモノトーンのミントブルーメタリックを新たに設定するなど、ボディカラー展開を見直した。

また、eKクロス スペースの「T」に、従来はメーカーオプション設定としていた後席の使い勝手や快適性を高める後席パッケージや、運転席側電動スライドドア(ハンズフリーオートスライドドア)を標準装備した。

主なグレードと車両価格(税込)は、以下のとおり。トランスミッションは、いずれもCVTのみ。eKワゴン以外は、ターボ/ノンターボともパワートレーンはマイルドハイブリッドとなる。

●eKクロス
M(ノンターボ/2WD=FF):146万3000円〜T プレミアム(ターボ/4WD):196万3500円
●eKワゴン
M(ノンターボ/2WD):132万5500円〜G(ノンターボ/4WD):154万円
●eKクロス スペース
M(ノンターボ/2WD):165万5500円〜T プレミアム(ターボ/4WD):220万円
●eKスペース
M(ノンターボ/2WD):139万9200円〜T(ターボ/4WD):181万1700円