2021年2月12日、13日に、トヨタと日産から2021年のモータースポーツ活動計画が発表されて話題を集めているが、ホンダは1月15日にすでに4輪と2輪のモータースポーツ参戦体制を明らかにしている。ここでは4輪のモータースポーツ活動を中心にあらてめて紹介しておこう。

最後のシーズンとなるF1、中でもアルファタウリから参戦の角田裕毅に注目

2021年、ホンダのモータースポーツ活動でもっとも大きな注目を集めるのは、やはりF1ということになるだろう。今シーズン限りでひとまずF1からの撤退を表明しているだけに、ホンダとしても、ファンとしても、チャンピオン獲得に期待がかかるところだ。

是が非でも打倒メルセデスを果たしたいレッドブル・ホンダは、アレキサンダー・アルボンに代えてセルジオ・ペレスを獲得、チャンピオンの有力候補マックス・フェルスタッペンとのふたりで7連覇中のメルセデスに挑む。勝てるドライバーであるペレスの加入により、チームとして戦える体制が作れれば王座奪還が見えてくる。

アルファタウリ・ホンダも強力は体制ができあがり、面白い存在となりそうだ。2020年イタリアGPで初優勝を果たし走りが大きく変わったピエール・ガスリーと、久しぶりの日本人F1ドライバーとなる角田裕毅(つのだ・ゆうき)の動向からは目が離せない。とくに2021年のF1グランプリでもっとも若い角田の走りは要注目だ。

世界選手権では、F1のほかに、FIAワールド・ツーリングカー・カップ(WTCR)に今シーズンも4台のシビックTCRを投入する。

一方、北米ではスコット・ディクソンやアレックス・バロウをはじめとしたインディカーシリーズの17台のマシンにエンジンを供給する。もちろん、2020年に日本人初となる2度目のインディ500優勝者となった佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)を引き続きサポートする。

スーパーGTやN-ONE OWNERS CUPなどの取り組みも

2021年1月のホンダの発表では、国内のスーパーGT GT500クラスに参戦する5台のホンダNSX-GTのラインアップを発表。2020年最終戦で逆転劇でチャンピオンを獲得した1号車チーム・クニミツ(山本尚貴/牧野任祐)を筆頭に、8号車ARTA(野尻智紀/福住仁嶺)、16号車チーム・レッドブル・ムゲン(笹原右京/大湯都史樹)、17号車アステモ・リアル・レーシング(塚越広大/ベルトラン・バゲット)、64号車モデューロ・ナカジマレーシング(伊沢拓也/大津弘樹)と速さに定評のあるチームが揃った。ただし、現時点ではエントリー車名やタイヤは発表されていない。

スーパーGT GT500クラスで注目は2020年鮮烈なデビューを飾った笹原右京と、スーパーフォーミュラ選手権で初優勝を飾った大湯都史樹が組む16号車レッドブル・ムゲンだろう。今シーズンの主役となるかもしれない。

スーパーGT GT300クラスでは、GT3規定で開発されたホンダNSX GT3をチーム・アップガレージ(小林崇志/名取鉄平)とARTA(高木真一/佐藤蓮)に供給。モデューロ・ドラゴコルセの名がないことが気になるが、まだ追加エントリーの可能性はあるという。

全日本スーパーフォーミュラ選手権では、5チーム9台に直列4気筒 2L直噴ガソリンターボエンジンを供給する。山本尚貴/大湯都史樹(ティーシーエス・ナカジマレーシング)、福住仁嶺/牧野任祐(ドコモ・チーム・ダンディライアン・レーシング)、タチアナ・カルデロン(スリーボンド・ドラゴコルセ)、野尻智紀/未定(チーム・ムゲン)、未定/未定(ビーマックス・レーシング)の9台だ。昨シーズンは山本尚貴がチャンピオンを獲得、今年のドライバーの布陣も魅力的だ

このほか、ドライバー育成プログラムとして、FIA-F3とF3 アジア選手権に岩佐歩夢が参戦、全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権に佐藤蓮を起用する。

モータースポーツの普及にも引き続き取り組み、鈴鹿サーキット、ツインリンクもてぎ、岡山国際サーキット、スポーツランド菅生でワンメイクレース「FIT 1.5 Challenge CUP」を開催するほか、ナンバー付き車両による参加型モータースポーツ「N-ONE OWNERS CUP」を全国8カ所のサーキットで行う。