2022年5月20日、F1第6戦スペインGPがバルセロナ郊外にあるカタロニア・サーキットで開幕する。各チーム、続々とアップデートを投入、知り尽くしたサーキットでどんな戦いが繰り広げられるか。その見どころをチェックしてみよう。

オーバーテイクは難しく、予選が重要となる

開幕5戦が終了し、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が3勝、シャルル・ルクレール(フェラーリ)が2勝で迎える第6戦スペインGP。フェルスタッペンが3勝しているものの2回リタイアしているため、ドライバーズランキングで1位のルクレールに19点差をつけられての2位となっている。

ここまでレッドブル対フェラーリの2強の争いとなっているが、出遅れていたメルセデスもこのところ復調の兆しを見せており(第5戦で5位・6位)、シーズン中盤に向けてどこまで2強に迫ることができるかにも注目が集まっている。

●2022年F1ドライバーズランキング(第5戦終了時)

1位 C.ルクレール(フェラーリ)104
2位 M.フェルスタッペン(レッドブル)85
3位 S.ペレス(レッドブル)66
4位 G.ラッセル(メルセデス)59
5位 C.サインツ(フェラーリ)53
6位 L.ハミルトン(メルセデス)36

●2022年コンストラクターズランキング(第5戦終了時)

1位 フェラーリ 157
2位 レッドブル 151
3位 メルセデス 95
4位 マクラーレン・メルセデス 46
5位 アルファロメオ・フェラーリ 31
6位 アルピーヌ・ルノー 26
7位 アルファタウリ・レッドブル 16

では、スペインGPでの戦いはどうなるのか。ポイントは開幕5戦を終えて欧州ラウンドの本格的な始まりとともに各チームがアップデートを施してくること。そしてもうひとつ、プレシーズンテストが行われているため各チームともこのサーキットについて豊富なデータを持っていることが挙げられる。それゆえ、このスペインGPでは例年、そこまで出遅れていたチームの盛り返しを見られることが多く、「もうひとつの開幕戦」とも呼ばれている。

スペインGPの舞台となるカタロニア・サーキット(正式名称はシルクィート・デ・バルセロナ・カタロニア=Circuit de Barcelona-Catalunya)は、バルセロナ郊外にあるグランプリコース。長いストレートと高速・中速・低速コーナーが複雑に組み合わされ、しかもアップダウンもあってマシンの総合力を問われるテクニカルコースとなっている。

また、最高速は340km/hに達することからエアロダイナミクスを重要視される一方で、高速コーナーが多いこともあってタイヤにも厳しく、「このコースで速いマシンはどのサーキットでも速い」と言われる。

このサーキットは海岸の近くにあるため風が強く吹き込みやすく、しばしばその不安定な風がドライバーを悩ませるのも特徴。フリー走行で好調な走りをみせていても、予選で風向きが変わればマシンバランスをも変えてしまい、調子を崩す可能性もある。

しかもコース幅が狭く、空力特性もシビアなためレース中のオーバーテイクは難しく、予選順位と決勝レース序盤の攻防がレースの勝敗を分ける大きなポイントとなる。

2ストップが定石だが、1ストップの可能性も

昨年2021年のスペインGPで、ポールポジションからスタートしたメルセデスのルイス・ハミルトンが2ストップ戦略を決めて逆転勝利した。スタートこそフェルスタペッンの先行を許してしまったが、意表をつくタイヤ戦略「1ストップ→2ストップに作戦変更」を敢行。ミディアムタイヤに交換して、そこからフェルスタペッンよりも1周につき1.5秒以上も速いペースで追い上げて大逆転。フェルスタペッンは動くに動けず、最終盤にファステストラップポイントを狙うしかなかった。

●【参考】2021年F1第4戦スペインGP決勝 結果

1位 44 L.ハミルトン(メルセデス)66周
2位 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)+15.841s
3位 77 V.ボッタス(メルセデス)+26.610s
4位 16 C.ルクレール(フェラーリ)+54.616s
5位 11 S.ペレス(レッドブル・ホンダ)+63.671s
6位 3 D.リカルド(マクラーレン・メルセデス)+73.768s
7位 55 C.サインツ(フェラーリ)+74.670s
8位 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス)+1周
9位 31 E.オコン(アルピーヌ・ルノー)+1周
10位 10 P.ガスリー (アルファタウリ・ホンダ)+1周
・・・・・・・・・・・・・・
リタイア 22 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

タイヤを供給するピレリは「スペインGPでは最も硬い3種類のコンパウンドが選択されました。ハードはC1は、ミディアムはC2、ソフトはC3です。これは昨年と同じですが、今年は18インチとなり、まったく違うタイヤとなります。2月にこのサーキットでプレシーズンテストが行われており、各チームとも豊富なデータを持っていますが、今週はその時とは気候が大きく異なり、はるかに暑くなりそうです。また、2月の時点ではマシンもまだ開発途上でしたが、 それ以来、マシンはかなり進化しており、最新のアップグレードで実際にどれだけ性能がアップしているのか興味深いことです。ハードタイヤでの走行が多くなると予想されますが、 フリー走行に注目しましょう。昨年メルセデスのルイス・ハミルトンはソフト→ミディアム→ミディアムの2ストップで優勝しました。ここでは伝統的に2ストップが結果を出してきましたが、それでも1ストップは不可能ではなく、新世代のタイヤで1ストップが正解になるかもしれません」と分析している。

さて、レッドブルとフェラーリの戦いはどうなるのか、どんなレース展開になるのか。第4戦スペインGPは5月20日14時(日本時間21時)から始まるフリー走行で開幕する。

●2022年F1第6戦スペインGP タイムスケジュール

フリー走行1回目:5月20日14時〜15時(日本時間21時〜22時)
フリー走行2回目:5月20日17時〜18時(日本時間24時〜25時)
フリー走行3回目:5月21日13時〜14時(日本時間20時〜21時)
予選:5月21日16時〜17時(日本時間23時〜24時)
決勝(66周):5月22日15時〜(日本時間22時〜)