ステランティスジャパンは2023年11月17日、ジープブランドのハイエンドモデルであるラグジュアリーSUV「Grand Cherokee(グランドチェロキー)」の誕生30周年を記念した限定車「Jeep Grand Cherokee 30th Anniversary Edition(ジープ グランドチェロキー サーティース アニバーサリー エディション)」を、同年12月2日(土)より、全国のジープ正規ディーラーにて発売すると発表した。

PHEVモデルをベースに上級グレードの装備を奢る限定90台

今回発売されるグランドチェロキー 30th アニバーサリー エディションは、グランドチェロキーのプラグインハイブリッドモデルとして人気の高い「Limited 4xe 2.0L(リミテッド フォーバイ イー)」をベースとし、フロントおよびリアのデザインは、オフロード性能をさらに意識した日本未発売のグレード「Overland(オーバーランド)」を踏襲している。フロントグリル、ルーフレールおよびホイールにブラックをあしらい、独創的で力強いイメージを主張している。

パワートレーンは、V6エンジン並みのパワーを発揮しながら低燃費を実現する、2リッター直列4気筒DOHCターボエンジンを組み合わせた、4xeプラグインハイブリッドシステムを搭載する。14.87kWhリチウムイオンバッテリーがパワフルなドライビングを生み出し、「e-SAVEモード」など3つのドライブモードが選択可能となっている。

さらに、8速オートマチックトランスミッションと組み合わせることで、力強い出足や滑らかなハイウェイクルージングを実現する。

ほかにも通常、グランドチェロキーの上級グレードである「Summit Reserve(サミットリザーブ)」のみに装備されている高機能装備の数々を標準搭載することで、利便性も高められた。

先進のセーフティおよびセキュリティシステムを搭載

ボディカラーは、Grand Cherokeeの力強さを象徴するダイヤモンドブラッククリスタルを採用することで精悍なイメージを引き立てる。

グランドチェロキー 30th アニバーサリー エディションには、伝統の走破性を生み出すクォドラトラックⅡ4x4システム、エレクトロニックスタビリティコントロールなど、先進のセーフティおよびセキュリティシステムを搭載。

さらに、ParkSenseフロント・リアパークアシスト、サラウンドビューカメラに加え、アダプティブクルーズコントロール、アクティブレーンマネージメントなど、安全運転をサポートする様々な運転支援機能を装備している。

グランドチェロキー 30th アニバーサリー エディションの車両価格は1049万円で、日本国内では90台限定の発売となる。

●ジープ グランドチェロキー 30th アニバーサリー エディション 主要諸元

●全長×全幅×全高:4910×1980×1810mm
●ホイールベース:2965mm
●車両重量:2410kg
●エンジン:直4DOHCターボ+モーター
●総排気量:1995cc
●最高出力:200kW(272ps)/5250rpm
●最大トルク:400Nm/3000rpm
●P1モーター最高出力:40kW(63ps)
●P1モーター最大トルク:54Nm
●P2モーター最高出力:107kW(145ps)
●P2モーター最大トルク:255Nm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:レギュラー・71.9L
●WLTCモード燃費:10.4km/L
●タイヤサイズ:265/50R20
●車両価格(税込):1049万円