世界的なSUVブームはまだまだ続いているが、国際的にはコンパクトクラス、でも日本ではミドルクラスに相当するSUV、ジープ コンパスとプジョー 3008。似た点も違った点も多い2台に試乗してみた。

スタイルもパワートレーンもコンベンショナルな、コンパス

まずはコンパス。ジープブランドのSUVとしてはレネゲードの上に位置し、アメリカではコンパクトSUVと呼ばれているけれど、日本ではサイズ的にもパワートレーン的にもミドルクラスにあたるだろう。それでも、全長は約4.4m、全幅も約1.8mで、目線も高いから都会の街中で扱っても持て余さないサイズだ。

現行型の日本仕様は[2021年6月にマイナーチェンジ]され、スタイリングは新型グランドチェロキー(日本未導入)風になった。個人的には、初めて乗ったジープ(だったと思う)の2代目チェロキーを彷彿とさせる、スクエア基調でジープのアイデンティティを継承したスタイルは、新しさを感じないけれど長く付き合うには良さそうかなと思えた。

試乗車はトップグレードの「リミテッド」で、日本仕様では唯一の4WD(他はFF)だ。搭載されるエンジンは2.4L 直4の自然吸気SOHCマルチエア16バルブで、いまどき電気も過給器も使わないエンジンはなかなか貴重な存在。そのサウンドはけっこうスポーティで勇ましく、古さを感じられなくもないが、パワー的には十分だ。

組み合わされる9速ATとの相性も良く、80km/hでは8速で1700rpmくらい(9速には入らない)と、高速道路でも一般道でもエンジンのおいしいところをうまく使っている。今回は市街地と高速道路を中心に走行し、ラフロードを走る機会はなかったが、乗り心地はいたって普通。SUVとしては悪くない。

少し高めの速度でコーナーに進入すると、背の高いクルマゆえにロールはそれなりにするけれど怖さを感じるレベルではない。ハンドリングは意外と悪くない。アダプティブクルーズコントロールをはじめとする先進運転支援システムは使い方にコツがあって慣れを要するとか、渋滞時の再発進でブレーキ解除のショックが少し大きいとか、いかにもアメリカンな鷹揚さを感じさせるところもある。だが、それもジープらしさ、ひいてはアメリカ車らしさなのかもしれない。

リアシートはけっこう広く、大人ふたりなら余裕で座れるし、長距離でなければ3人乗車でも苦にはならないだろう。ラゲッジスペースもタップリしている。

街中でも扱いやすいサイズのインポートSUVで、人と違ったクルマが欲しい。けれど、あまり奇をてらったスタイルは避けたい、というなら、このコンパスは選択肢のひとつに入るだろう。

都会派SUVなら合理的なFFでも不満はない

続いて、プジョー 3008。ミニバン風だった初代から2017年にフルモデルチェンジされた現行型は一転、スタイリッシュなSUVへと変貌している。さらに[2021年にはフェイスリフト]を受け、そのPHEVグレードも日本に導入された。

今回の試乗車は、2L 直4ディーゼルターボを搭載した「GT ブルーHDi」。駆動方式はFFだが、そもそもフレンチSUVはほとんどがFFだ。これは、ロードクリアランスがそこそこあって、出来の良いトラクションコントロールを備えて、冬場はスタッドレスタイヤを履いていれば、よほどの悪路でない限り走破性に問題ない。だから、ほとんど使わないプロペラシャフトやトランスファーを積んで走っているのはムダだ、というフランス的な合理主義の賜物なのだろう。

実際、日本でも都市生活者なら冬場にスタッドレスタイヤを履いていれば、ウインターリゾートに出かけるくらいならFFでも問題ないから、SUVでもコンパクト系にFF車が多い。それでも4WDのほうが安心だから必需品だと考えるなら、選択肢を変えるしかない。

さて、ディーゼルエンジン独特のガラガラ音も室内に乗り込めばほとんど気にならず、走行時のサウンドもさほど大きくない。一緒に走ったコンパスのガソリンエンジンがけっこう元気な音を立てていたから、乗り比べると大差ないレベルに思えた。ディーゼルらしく低速域からトルクはタップリあり、ターボのおかげでけっこう高回転まで淀みなく加速する。

トランスミッションは8速ATで、80km/h走行中のエンジン回転数は8速で1200rpmだが、そのまま走っていると7速に落ちて1500rpmとなる。最近のプジョー車に共通の、小径ハンドルの上からデジタルメーターを見るiコックピットは最初は違和感があるけれど、すぐに慣れるだろう。市街地走行では頻繁にアイドリングストップ機能が作動し、これはコンパスでも同様だった。

GTと名が付いているだけあって足まわりは少し硬めだが、スポーティな走りを好む人にはちょうど良いと感じられるくらいで、不快なレベルではない。ちょっとだけハンドリングを試してみたが、しっかりした足で思ったとおりのラインをトレースする。

フェイスリフトされたスタイリングは新世代プジョーらしい今風のもので、好き嫌いは分かれそうだが「映える」デザインであることは間違いない。見慣れてくると、むしろ親しみさえ感じられる。季節を問わず、街中はもちろん長距離ドライブも楽しむような人には最適な1台かもしれない。

今回の2台、スタイリングはまったく異なるけれどサイズ、パワースペック、そして車両価格などは近いものがある。それでも、この2台を比較してどちらを買おうかと考える人は少ないだろう。だが、この2台には隠れた共通点がある。クルマ好きの読者なら気づかれたと思うが、どちらもステランティス グループのクルマだということ。ひょっとしたら次期コンパスと3008は、同じプラットフォームやパワートレーンを採用して、スタイルだけは違うクルマとして登場するかもしれない。

そんなことを考えながら2台のSUVに乗っていると、ウインドスクリーンの向こうにはクルマ社会の新しい構図が見えてきそうだ。(文:Webモーターマガジン編集部 篠原政明/写真:井上雅行)

●■ジープ コンパス リミテッド 主要諸元

●全長×全幅×全高:4420×1810×1640mm
●ホイールベース:2635mm
●車両重量:1600kg
●エンジン:直4 DOHC
●総排気量:2359cc
●最高出力:129kW(175ps)/6400rpm
●最大トルク:229Nm(23.4kgm)/3900rpm
●トランスミッション:9速AT
●駆動方式:フロント横置き4WD
●燃料・タンク容量:レギュラー・60L
●WLTCモード燃費:11.5km/L
●タイヤサイズ:225/55R18
●車両価格(税込):449万円

●■プジョー 3008 GT ブルーHDi 主要諸元

●全長×全幅×全高:4450×1840×1630mm
●ホイールベース:2675mm
●車両重量:1610kg
●エンジン:直4 DOHCディーゼルターボ
●総排気量:1997cc
●最高出力:130kW(177ps)/3750rpm
●最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2000rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:横置きFF
●燃料・タンク容量:軽油・52L
●WLTCモード燃費:21.2km/L
●タイヤサイズ:225/55R18
●車両価格(税込):479万8000円