2021年10月28日にフルモデルチェンジが発表(発売は12月16日から)された三菱のフラッグシップSUV、アウトランダーPHEV。そのディテールを写真で紹介しよう。

スタイルもパワートレーンも「力強さ」を実現

4代目(日本では3代目)となる新型アウトランダーは、既に2021年2月に北米でガソリン車で発表されていたが、PHEV(プラグインハイブリッド車)の新型は、この日本仕様が最初となる。三菱車のアイデンティティである「ダイナミックシールド」を新世代化させたフロントデザインや20インチの大径ホイール、六角形状のテールゲートなど、エクステリアは力強さや頼もしさを全身で表現している。

インテリアは、水平基調のインパネが走行中の車体姿勢変化をつかみやすくしており、幅広のフロアコンソールや、ステッチをあしらったソフトパッドを随所に採用するなど、上質感にもこだわっている。また、ミッドサイズSUVのPHEVとしては数少ない3列7人乗りも採用している。ラゲッジスペースも装備によるが、258〜1390Lと十分な容量を誇る。

2.4Lの直4エンジンと前後2モーターによるツインモーター4WDの基本システムは従来型と基本的に変わらないが、構成するコンポーネントは刷新されている。前後のモーターと駆動用バッテリーの出力を約40%高め、駆動用バッテリーの総電力量は20kWhと大容量化、EV走行換算距離はWLTCモードで83〜87kmとしている。AC200Vの普通充電なら約7.5時間で満充電、急速充電ならば約38分で80%の充電、エンジンで発電(停車中)すると約94分で80%の充電が可能だ。

高速道路 同一車線運転支援機能の「MI パイロット」をはじめ、スマートフォンとリンクする「三菱コネクト」や、BOSEプレミアムサウンドシステム、大型スマートフォン連携ナビゲーションなど、グレードによるが安全&快適装備ともクラストップレベル。充実の内容で、ミドルクラスSUV市場のライバルたちに挑む。

●■三菱 アウトランダーPHEV P 主要諸元

●全長×全幅×全高:4710×1860×1745mm
●ホイールベース:2705mm
●車両重量:2110kg
●エンジン種類:直4 DOHC+モーター×2
●排気量:2359cc
●エンジン最高出力:98kW<133ps>/5000rpm
●エンジン最大トルク:195Nm<19.9kgm>/4300rpm
●モーター最高出力:フロント85kW+リア100kW
●モーター最大トルク:フロント255Nm+リア195Nm
●駆動方式:電気式ツインモーター4WD
●WLTCモード燃費(ハイブリッド):16.2km/L
●タイヤサイズ:255/45R20
●車両価格(税込):532万700円