2021年7月2日、レッドブルリンクでの2戦目となる第9戦オーストリアGPが開幕し、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは前戦からの好調を持続し、フリー走行1回目にトップタイムをマーク、2回目は3番手につけた。メルセデスも調子をあげ、メルセデスのルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタス、フェルスタッペンの3人が1分4秒台で初日を終えている。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅はフリー走行1回目5番手、2回目6番手だった。

ホンダのパワーユニット勢は上位でスタート

オーストリアGP初日の天候はくもり。晴天だった1週間前に比べ、上空は多くの雲に覆われた。このため、フリー走行1回目開始前の気温は20度、路面温度は32度、2回目開始前の気温は22度、路面温度は30度と、先週よりも涼しい条件となった。

フリー走行1回目の序盤、角田裕毅はターン4でグラベルにはみ出す場面はあったものの、すぐにコースへ復帰すると、その後は問題なく走行を重ね、5番手タイムをマーク。2番手との差は0.1秒未満と僅差だった。

上位が拮抗する中で抜けた速さを見せたのはフェルスタッペン。2番手に0.266秒もの差をつけてフリー走行1回目のトップに立った。

ホンダのパワーユニット勢は、全車がトップ10入りし、セルジオ・ペレスが8番手、ピエール・ガスリーが9番手で1回目を終えた。

オーストリアGPでは先週のシュタイアマルクGPよりも1段階柔らかいタイヤコンパウンドが採用されているが、フリー走行2回目ではソフトタイヤでの走行が見られた。

ここでも、フェルスタッペンが3番手、角田裕毅が6番手、そこから0.023秒差の7番手にガスリーと、ホンダのパワーユニット勢は上位で終えている。ペレスは11番手とタイムは目立たなかったものの、全ドライバーの中で最多となる39周を走行している。

ソフトタイヤの使い方がポイントか

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは「先週のシュタイアマルクGP に続き、レッドブルリンクで2週連続開催となるオーストリアGPの初日が終了しました。今日は前戦で収集したデータを元に準備をして、さらに本日の走行の中で最適化を進めていきました。4台のマシンともに大きなトラブルなく、順調に初日のプログラムを消化できたと思います。週末は雨の可能性もあるようなので、天候の変化などにも備え、今日のデータを解析してセットアップを進めていきます」とコメント。各ドライバーは次のように語っている。

●マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

「フリー走行2回目では完璧なアタックができませんでしたが、マシンの感触はよかったですし、大きな問題はありません。ミディアムでの走りやロングランといったレースで重要になる部分は好調です。ただ、メルセデスはソフトタイヤでかなり速いようで、ソフトでもう少しペースを上げられるようにしなければなりません。メルセデスが少し向上してきているので、今週末も僅差の戦いになると思いますが、予選を見ていきたいと思いますし、重要なのはレースでの柔らかいタイヤコンパウンドの扱い方になると思います」

●セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

「ロングランはとてもよかったのですが、まだ課題は多くあります。柔らかいコンパウンドを履いたときのマシンの感触がまだ完全ではありません。データを分析し、予選に向けた準備をする必要があります。燃料搭載量を少なくしての走行では求めるバランスに達していませんでしたが、すぐに修正できましたし、タイヤのデグラデーション状況もいいことが確認できました」

●角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

「今日は好調な一日で、先週のペースを引き続き発揮できました。前回のレースで苦しんだロングランについて取り組み、とてもポジティブだったと思います。コンディションは楽ではなく、今週は気温がかなり低く、フリー走行2回目では終盤にかけて雨が降りました。今日の目的は、予選とレースに向けてできるだけ多くのデータを集めることでした。徐々にラップタイムを上げていきながら、ミスをせずに目的を果たすことができたので、満足しています」

●ピエール・ガスリー (アルファタウリ・ホンダ)

「先週はフリー走行2回目とレースでほとんど走行できていないので、ロングランに時間をかけるとともに、タイヤについての理解に取り組みました。ポジティブな要素が多くありましたし、相変わらずペースもいいです。ただ、僕らはコンディションが変わってくると苦戦する傾向にあるので、今夜エンジニアと一緒に確認して、明日に向けて変更していきます」

タイヤを供給するピレリは「先週末より涼しく、午後には少しですが雨も降りました。フリー走行開始時の気温は22度、路面温度は31度で、先週より10度以上下がっていました。メルセデスのルイス・ハミルトンがフリー走行2回目でこの日の最速タイムを記録、フリー走行1回目はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが最速でした。どちらの場合も、ソフトタイヤを使用して最速タイムをマークしました。これは先週末のソフトタイヤよりも1ステップソフトなC5でした。オーストリアGPでは、これまでレッドブルリンクで使われたことのないC5バージョンのソフトコンパウンドをどう使うかがポイントとなります。これは、先週末とはまったく異なる戦略が見られる可能性があることを示しています。ソフトタイヤのとミディアムのギャップ約0.7秒、ミディアムとハードのギャップは約0.5秒です」と分析している。

レッドブルリンクは天候が変わりやすいことでも知られるが、土曜日、日曜日はコンディションが変わるほどの雨になる天気予報も出ている。F1第9戦オーストリアGPの予選は7月3日日本時間22時(現地時間15時)、決勝は7月4日日本時間22時(現地時間15時)に開始される。

2021年F1第9戦オーストリアGP タイムスケジュール

・フリー走行3回目:7月3日12時〜13時(日本時間19時〜20時)
・予選:7月3日15時〜16時(日本時間22時〜23時)
・決勝:7月4日15時〜(日本時間22時〜)

●2021年F1第9戦オーストリアGPフリー走行1回目 結果

1位 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)1:05.143
2位 16 C.ルクレール(フェラーリ)1:05.409
3位 55 C.サインツ(フェラーリ)1:05.431
4位 77 V.ボッタス(メルセデス)1:05.445
5位 22 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)1:05.474
6位 7 K.ライコネン(アルファロメオ・フェラーリ)1:05.586
7位 44 L.ハミルトン(メルセデス)1:05.709
8位 11 S.ペレス(レッドブル・ホンダ)1:05.726
9位 10 P.ガスリー (アルファタウリ・ホンダ)1:05.726
10位 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス)1:05.880

●2021年F1第9戦オーストリアGPフリー走行2回目 結果

1位 44 L.ハミルトン(メルセデス)1:04.523
2位 77 V.ボッタス(メルセデス)1:04.712
3位 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)1:04.740
4位 18 L.ストロール(アストンマーティン・メルセデス)1:05.139
5位 5 S.ヴェッテル(アストンマーティン・メルセデス)1:05.268
6位 22 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)1:05.356
7位 10 P.ガスリー (アルファタウリ・ホンダ)1:05.379
8位 14 F.アロンソ (アルピーヌ・ルノー)1:05.393
9位 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス)1:05.466
10位 99 A.ジョビナッティ(アルファロメオ・フェラーリ)1:05.511
11位 11 S.ペレス(レッドブル・ホンダ)1:05.516