プレミアムSUVの中で早くからプラグインハイブリッド(PHEV)化してきたポルシェ カイエン。世代を重ねるごとに着実に進化も遂げている。そこで現行カイエン Eハイブリッドを連れ出しロングドライブに行ってきた。長距離を走ることでわかったこのクルマの魅力を報告する。(Motor Magazine2021年11月号より)

電動化はポルシェの重要なストラテジー

ポルシェは、クルマの電動化に積極的なメーカーである。自身初のピュアEV、タイカンではポルシェらしい姿カタチと走りに魅了された。さらに遡れば、プラグインハイブリッド(PHEV)の展開も積極的で、スポーツセダンのパナメーラやSUVのカイエンには、かなり前からPHEVをラインナップしている。電動化は、ポルシェらしさを増幅させる装置でもあるのだ。

スポーツカーメーカーとして責任と生き残り、そして他との差別化、圧倒的なパフォーマンスの発揮などを考え電動化に取り組んでいると言えるだろう。つまり電動化は、ポルシェにとって重要なストラテジーなのである。だからこそ、カイエンやパナメーラに数種類のPHEVをラインナップしているのだ。これは他ブランドにはない異例なことなのである。

まずはカイエンのPHEVのラインナップを整理したい。SUV、クーペボディともに用意されるのがEハイブリッド、ターボSEハイブリッドの2モデルである。

これらの違いは搭載するエンジンで前者が最高出力340ps/最大トルク450Nmを発生する3L V6ターボ、後者が最高出力550ps/最大トルク770Nmを発生する4L V8ツインターボとなる。電気モーターはどちらも同じもので最高出力136ps、最大トルク400Nmを発生する。ちなみにシステム合計では、Eハイブリッドが最高出力462ps/最大トルク700Nm、ターボSEハイブリッドは680ps/900Nmとなる。ちなみにEハイブリッドというグレード名は、PHEVを指している。

搭載されるリチウムイオンバッテリー容量は、17.9kWh。満充電でのEV走行可能距離は54〜55km(NEDCモード)となる。対応するのは普通充電のみだ。

充電機に繋がなくても、走りながら充電はできる

さて、試乗したのは、このうちのひとつ、Eハイブリッドクーペである。エクステリアカラーはキャララホワイトメタリック、インテリアカラーはトリュフブラウンという組み合わせだ。オプションのブラックカラーのスポーツテールパイプやインチカイエンエクスクルーシブデザインホイール、ブラック塗装仕上げのスポーツデザインパッケージなどの効果もあり、もともとスポーティな雰囲気を持つカイエンがより精悍な表情になっている。

今回は、総移動距離が約800kmにわたるテストドライブを行った。それは長距離&長時間、カイエンEハイブリッドクーペと過ごすことで見えてくることもあると思ったからである。残念ながらオフロードの走行パフォーマンスを試すことはできなかったが、それ以外は一般道、高速道路、ワインディングロード、ショートサーキットを走り、Eハイブリッドクーペの実力をあますところなく確認することができた。

まずは編集部でフル充電してスタート。モーターによるPHEV独特な走行フィールは、いつ運転してもとても気持ちがいい。ガソリンを使っていないという意識が働いていることもあるからなのかもしれない。それでも電力はいつかはなくなるが、このEハイブリッドクーペには、チャージモード(エンジンで発電しバッテリーに充電するモード)が用意されているので、バッテリーマネジメントを簡単に設計することができる。たとえば高速道路をこのモードで移動しつつ、一般道に降りたら、EV走行するというような使い方が可能なのである。

全長4.9mを超える大柄なボディだが、その大きさを感じさせないのはオプションのリアアクスルステアリングの効果だろう。小回り性能は都内の狭い道での移動で威力を発揮してくれた。もうひと回り小柄なクーペSUVのマカンがあるが、このリアアクスルステアリングがあれば、カイエンの機動力はかなり高くなる。ただし駐車場などは選ぶことが必要だが。

マカンとは違いカイエンには、PHEVが用意されていることが魅力のひとつだ。ちなみに次期型マカンはBEVになるというが、ここでもやはりポルシェの積極的な電動化戦略がうかがえる。

さらに加えれば、市街地での乗り心地はプレミアムSUVを謳うに相応しい快適なものであった。荒れた路面があってもその衝撃を乗員にほとんど伝えてこない。大きなギャップの乗り越えた時に振動もすぐに収まる。このあたりはアダプティブエアサスペンション(オプション)の効果も感じられた。とくにEV走行時は、さらにしなやかな乗り心地になりノイズも伝えてこないので、とてもリラックスできる空間になっている。

本気になればポルシェの名に相応しい走りが味わえる

高速道路で威力を発揮したのが運転支援機能である。アダプティブクルーズコントロールの動作はとても自然で、先行車とまるでコミュニケーションでも取っているかのような追従ぶりである。さらにレーンチェンジアシストやレーンキープアシスト(オプション)の合わせ技で長距離移動は実に快適、座り心地のいいシートの効果もあり、疲労が少なかった。

ワインディングロードやショートサーキットにも持ち込んだ。そこではEハイブリッドクーペは、EVドライブ時とはまったく違う別の顔を見せてくれた。「本気で走ればこんなに速い!」と改めて確認したのである。

アクセルペダルを深く踏み込むと、V6ターボエンジンが勇ましく作動し駆け抜けるのだが、このあたりのパフォーマンスは実にポルシェらしい。いやポルシェそのものと言えるものだ。

自動車検査証で確認したところ、前軸重は1300kg、後軸重が1180kg、前後重量配分は52対48とややフロントが重いがそれでもこうしたモデルの中では最適な重量配分に近く、そのメリットは市街地ではわからないこうした速度域で威力を発揮する。さすがに高速域でのコーナリングは姿勢変化も大きいが、だからといって不安を覚えるようなことはなく、すべての動作が安定していた。装備される電子デバイスがとてもいい仕事をしているようである。

カイエンEハイブリッドクーペは、長く付き合うほど、とても奥が深いことがわかる。バッテリーへの電気の貯め方、使い方、そしてV6エンジンでの走りなどエンジンとモーターというふたつの動力をどのようにマネジメントして走らせるのか、ということだけでもいくつかパターンがあり、それを走行シーンに合わせることも考えるとそれぞれで違った世界観での走りが味わえるのである。

姿カタチが美しいだけではない。カイエンEハイブリッドクーペは、ポルシェの名に相応しい性能を備えながら、いまも進化を続けているPHEVなのだ。(文:Motor Magazine編集部 千葉知充/写真:永元秀和)

●ポルシェ カイエンEハイブリッド クーペ 主要諸元

●全長×全幅×全高:4931×1983×1676mm
●ホイールベース:2895mm
●車両重量:2480kg
●エンジン:V6DOHCターボ+モーター
●総排気量:2995cc
●最高出力:250kW(340ps)/5300−6400rpm
●最大トルク:450Nm/1340−5300rpm
●モーター最高出力:100kW(136ps)
●モーター最大トルク:400Nm
●トランスミッション:8速AT(ティプトロニックS)
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:プレミアム・75L
●タイヤサイズ:前275/45R20、後305/40R20
●車両価格(税込):1360万円