2021年9月23日、英国ケータハムカーズはケータハム史上最軽量の量産車となる「セブン(SEVEN) 170」を発表。同日に日本でも発売が開始された。

ロード志向のSモデルとサーキット志向のRモデルを設定

1950年代に誕生したロータスのライトウエイトスポーツカー、「ロータス 7(セブン、通称:スーパーセブン)」の生産権を引き継いで「ケータハム セブン(SEVEN)」として製造を続けているイギリスの小さな自動車メーカー、ケータハム。現在は日本のVTホールディングスが連結子会社化し、日本ではケータハムカーズ・ジャパン(エスシーアイ)が販売している。

今回発表された「セブン 170」は、[2014年に発表されて大成功をおさめたセブン 160]の後継モデルにあたる。つまり、セブン 160同様にセブン 170も日本の軽自動車の規格に準拠しており、軽自動車として届出(登録)することができる。

ロータス セブンのパイオニア精神を忠実に守り、「簡素化と軽量化」を実現するため、セブン 170の⾞両重量(オプション装備による最軽量乾燥重量)は440kgだ。スズキ製の0.66L 3気筒ターボエンジンは最高出力62.6kW(85ps)と最大トルク116Nm(11.8kgm)を発生。パワーウエイトレシオは5.18kg/psとなるから、ハイパワースポーツカー並みの数値だ。タイヤサイズは155/65R14で、スズキ エブリイのリアアクスルと組み合わされ、全幅は1470mmにおさえられている。

わずか85psでも軽量ボディゆえ、0→100km/h加速は6.9秒と瞬足。最高速度は168km/hに達する。それでいながらEURO 6とULEZ(ロンドンのウルトラ ロー エミッション ゾーン)基準に適合しており、ケータハム史上もっとも環境に優しいモデルのひとつでもある。

セブン 170は、従来モデルのセブン 160にはなかった新しいアルミホイールやLEDのテールランプ、新ストライプデザインなどを採用し、ロード志向の「S」とサーキット志向の「R」が設定される。

170Sは、よりロード志向のドライバー向けに、5速MT、ロードサスペンションパック、14インチ Juno シルバーアロイ&ポリッシュドリップ ホイール+エイボン ZT7タイヤ、フルウインドスクリーン、ソフトトップ&ドア(エアロスクリーンは付属しない)、ブラックレザーシート、MOMOステアリングホイールなどが標準装備される。

もう一方の170Rは、従来のセブン 160で選択できなかった追加バリエーションだ。5速MT、スポーツサスペンションパック、14インチ Juno ブラックアロイ&ポリッシュドリップ ホイール+エイボン ZT7 タイヤ、コンポジットレースシート、4点式レースハーネス(⾞載)、LSD、MOMOステアリングホイール、カーボンダッシュボードなどが標準装備となる。

ケータハムカーズのCEOであるグラハム・マクドナルドは、次のように語っている。
「セブン 170は、アクセスしやすく、シンプルで、軽量のスポーツカーを提供するというケータハム ブランドの評判を本当に高めています。従来モデルのセブン 160の人気を考えると、セブン 170がお客様に提供する可能性には本当に興奮しています。セブン 160の優れた点は、そのパフォーマンスと競争⼒のある価格でしたが、セブン 170にはさらに多くの選択肢を追加しました。以前のセブン 160で選択できなかった170Rを含めることで、新旧両方のお客様に非常に喜ばれる仕様になったと確信しています。」

ケータハム セブン 170の車両価格(税込)は、170Sで539万円、170Rで561万円。セブンの他グレード車と同様に、サイドスクリーンやトノカバー、ボディのペイント、シートの素材、そしてサーキット走行用のパーツなど、オプションは豊富。世界に1台しかない、自分だけの「セブン」を創り上げることも可能だ。(掲載写真の車両は、いずれもカタログモデルではないオプション装着車)

●■ケータハム セブン 170 主要諸元

●全長×全幅×全高:3100×1470×1090mm
●ホイールベース:2225mm
●車両乾燥重量:440kg
●エンジン:直3 DOHCターボ
●総排気量:658cc
●最高出力:62.6kW(85ps)/6500rpm
●最大トルク:116Nm(11.8kgm)/4000−4500rpm
●トランスミッション:5速MT
●駆動方式:FR
●燃料・タンク容量:プレミアム・36L
●最高速度:168km/h
●0→100km/h加速:6.9秒
●タイヤサイズ:155/65R14
●車両価格(税込):539万円<170S>/561万円<170R>