2022年11月12日土曜日、WEC世界耐久選手権の2022年シーズン最終戦となる第6戦「バーレーン8時間」決勝がバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた。トヨタが快勝し、4季連続ダブルタイトル獲得、という偉業を成し遂げた。

平川亮が日本人3人目のWECチャンピオンに

レースは強い日差しに照らされた気温35度という暑さの中で開始され、序盤、8号車トヨタGR010ハイブリッド(平川亮/セバスチャン・ブエミ/ブレンドン・ハートレー)がポールポジションからリード、2位の93号車プジョーをはさんで、3番手からスタートした7号車トヨタGR010ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス)もじっくりと3位で続く。

スタートから1時間後、最初のピットインの際に7号車トヨタが2番手に上がると、93号車プジョーはトラブルで優勝争いから脱落。トヨタが万全ともいえる1-2体制を築き上げる。

トヨタ同士の優勝争いはテールトゥノーズでしばらく続いたが、3時間経過してまもなく、7号車がコース上で8号車を逆転して、7号車→8号車のフォーメーションに。その後、7号車は徐々に8号車との差を広げていき、5時間が経過した時点でその差は15秒まで拡大していた。

レース終盤、7号車と8号車のギャップはさらに拡大。残り45分というタイミングで、チームは最後のピットインを行い、7号車はコンウェイ、8号車はハートレーがチェッカーを受ける最後のドライバーを担当した。

そしてこのまま、レース後半首位を守り続けた7号車が245周を走り抜いてトップでチェッカーを受け、8号車も45秒遅れの2位でフィニッシュした。

この1-2フィニッシュにより、トヨタはハイパーカーのマニュファクチャラー部門の世界チャンピオンを獲得。そして、ライバルの36号車アルピーヌと同点首位でこの最終戦を迎えていた平川亮/セバスチャン・ブエミ/ブレンドン・ハートレーの8号車トヨタが、今シーズンのル・マン24時間レース勝利と共に、ドライバーズ部門の世界チャンピオンを獲得した。

平川は参戦初年度にして、日本人として3人目となるWECのチャンピオンに輝く快挙を達成することになった。

●■2022年WEC第6戦バーレーン8時間 決勝結果

優勝 7 TOYOTA GAZOO Racing/トヨタ GR010 ハイブリッド 245周
2位 8 TOYOTA GAZOO Racing/トヨタ GR010 ハイブリッド+45.471
3位 36 アルピーヌ・エルフ/アルピーヌ A480-ギブソン +2周
4位 94 プジョー・トタル・エナジーズ/プジョー9X8 +6周
5位 31 WRT/オレカ07ギブソン +8周

●■2022年WECハイパーカークラス マニュファクチャラーズランキング最終結果

1位 トヨタ186
2位 アルピーヌ144
3位 グリッケンハウス704位 プジョー42

●■2022年WECハイパーカークラス ドライバーズランキング最終結果

1位 セバスチャン・ブエミ/ブレンドン・ハートレー/平川亮(トヨタ)149
2位 アンドレ・ネグラオ/ニコラス・ラピエール/マシュー・バキシビエール(アルピーヌ)144
3位 マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス(トヨタ)133