いま、日本でいちばん売れている輸入車といえば、MINI。その秘密を探るべく、鈴木ケンイチ レポーターは最新MINIの3ドアと5ドアに試乗してみた。

2016年度から輸入車ナンバーワンを維持し続けるMINI

2021年現在、日本でいちばん売れている輸入車は何かといえば、「MINI」だ。JAIA(日本自動車輸入組合)が発表している「外国メーカー車モデル別新車登録台数ランキング」の最新版となる2021年度上半期(2021年4月〜9月)の1位は「MINI」(8285台)。2位の「ゴルフ」(5475台)に3000台近い差をつけている。しかも年度でいえば、2016年度(2016年4月〜2017年3月)から2020年度まで5年連続で1位を守っている。ちなみに、その前は、ずっとゴルフが1位だった。

MINIが首位となった2016年は、ちょうどフォルクスワーゲンによるディーゼル不正が発覚した翌年であり、皮肉にもMINIが日本にクリーンディーゼル モデルを導入した年でもある。

2021年は、フォルクスワーゲンが第8世代となる新型ゴルフを日本に導入。また、MINIもビッグ マイナーチェンジを5月に実施。まさに今、2021年の後半戦は新しくなったゴルフとMINIの熾烈な販売合戦の真っ最中となっている。そこで今回は、マイナーチェンジされたMINIの3ドアと5ドアを試乗して、その魅力を改めてチェックしてみたい。

マイナーチェンジで内外装のリファインと装備の充実を図った

試乗車は、3ドアがクーパーS、5ドアがクーパーSD。前者は最高出力192psと最大トルク280Nmを発生する2Lの直列4気筒ガソリンターボを搭載し、トランスミッションは7速DCTを組み合わせる。後者は170psと360Nmを発生する2Lの直列4気筒ディーゼルターボを搭載し、トランスミッションは8速AT。いずれも駆動方式は、前輪駆動(FF)だ。

今回のマイナーチェンジで、内外装のデザインがリファインされた。LEDヘッドランプ、8.8インチ ワイドカラーのセンターディスプレイ、レザーステアリングホイールが全車標準になるなど、MINIらしさをキープしつつ質感をアップしている。運転支援システムも進化しており、ACC(アダプティブ クルーズコントロール)にストップ&ゴー機能を追加している。

通信モジュールを搭載するMINIコネクテッドも全車に標準装備された。スマートフォンのアプリを使って、クルマの施錠やヘッドライト点灯、ナビの目的地転送などを行うこともできるようになった。価格帯は、3ドアが273〜397万円、5ドアが290〜427万円だ。

BMW傘下となったMINIは、以前のクラシック MINIに対してニュー MINIなどと呼ばれることもあるが、現行モデルは2014年に日本に導入された第3世代のニュー MINIとなる。これまでにも2018年と2021年というように定期的なビッグ マイナーチェンジを実施しており、常にフレッシュさを保っているのも特徴といえるだろう。

ここで、ちょっと個人的に気になったのが車両価格だ。最上級グレードとはいえ、3ドアで400万円近い。5ドアはディーゼルということもあり400万円台となる。オプションの選び方次第では、500万円にも手が届きそうな価格帯となっている。別に「高くてけしからん」と言いたいわけではない。実際にベストセラーになっているのだから、現在の価格にユーザーも不満はないのだろう。

ここで言いたいのは、「20年前に登場した初代のころは、もっと安かったなあ」ということだ。エントリーグレードは195万円で、最上級グレードでも260万円程度だった。だが手ごろな価格ではあったが、そのぶん内装も価格なりだった。デザインはユニークだったけれどプラスチッキーで、どこかオモチャのような印象であった。かつて日本で人気を集めた、パイクカーといったイメージのクルマだったのだ。

クラシックMINIからのテイストに加わった高級感

ところが今回試乗した2台には、どこにもチープと呼べるものはなかった。モダンクラシカルといった個性的なデザインは初代以来のものだが、レザーとスチールを巧みに使ったインテリアには機能美のようなものさえ漂う。20年もの歳月をかけて磨きこまれたということだろう。そこには400万円台の高級車然とした高い質感が備わっていた。

また、走り味の方でも、同じような高級感があった。それは「タメ」だ。ステアリングの操作に対するクルマの動き、アクセル操作に対する加速感に、一瞬のタメがある。操作に対して、微妙に遅れて動く。それが不快ではなく、タメのある重厚感という良い印象に感じられた。そして、コンパクトなクルマなのにどっしりとした安定感もある。

もちろんパワーは十分。MINIはゴルフよりもひと回り小さいけれど、パワーは1.5倍以上もある。最新ゴルフ8の最高出力は、110ps〜150ps。つまり速さという面では、MINIの上級グレードではゴルフを軽々と上まわっているのだ。

ちなみに3ドアと5ドアの今回のモデル比較では、ガソリンターボ&DCTとディーゼルターボ&ATという違いはある。当然、ガソリン&DCTの方が振動やエンジンノイズが少なく、高回転の伸びが感じられるし、ディーゼル&ATの方が低速での粘りのある力強さがあった。しかし、その差は意外に小さく、根底に似たようなフィーリングが備わっていた。

もちろん、その根底のフィーリングにはMINIらしさも色濃くある。ショートストロークのサスペンションならではの路面のアンジュレーションをなめるような乗り心地や、上下に狭い運転席からの視野などだ。そうしたMINIらしさに重厚感をプラスしたのが、今どきのMINIなのだろう。そして、それを3ドアと5ドアで作り分ける。言ってしまえば、同じスープを使って、具材を変えた2品の料理のようなものであったのだ。

さらには、今回は試乗していないけれど、ワゴン(クラブマン)、コンバーチブル、SUV(クロスオーバー)といったボディバリエーションも選ぶことができる。JCW(ジョン・クーパー・ワークス)なんていう、とびきりスパイスをきかせたスペシャルメニューも用意されている。

つまり、最新のMINIには初代から続く個性的なデザインと走りが備わっているが、その風味にはさらに重厚感が加わっていた。ユニークで、ちょっと良いクルマが欲しいという人には、今のMINIがピタリとはまるのだろう。また、5ドアをはじめ、さまざまなボディバリエーションを選べるという利便性も効いているはずだ。

輸入車を欲しがる人の根底には「国産車にはないユニークさと、ちょっと良いクルマが欲しい」というニーズがあるはず。それに最もよく応えてくれるクルマが、MINIなのであろう。(文:鈴木ケンイチ/写真:鈴木ケンイチ、Webモーターマガジン編集部)

●■MINI クーパーS 3ドア 主要諸元

●全長×全幅×全高:3880×1725×1430mm
●ホイールベース:2495mm
●車両重量:1270kg
●エンジン:直4 DOHCターボ
●総排気量:1998cc
●最高出力:141kW(192ps)/5000rpm
●最大トルク:280Nm(28.6kgm)/1350-4600rpm
●トランスミッション:7速DCT
●駆動方式:横置きFF
●燃料・タンク容量:プレミアム・44L
●WLTCモード燃費:15.0km/L
●タイヤサイズ:205/45R17
●車両価格(税込):397万円

●■MINI クーパーSD 5ドア 主要諸元

●全長×全幅×全高:4040×1725×1445mm
●ホイールベース:2565mm
●車両重量:1350kg
●エンジン:直4 DOHCディーゼルターボ
●総排気量:1995cc
●最高出力:125kW(170ps)/4000rpm
●最大トルク:360Nm(36.7kgm)/1500-2750rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:横置きFFR
●燃料・タンク容量:軽油・44L
●WLTCモード燃費:18.9km/L
●タイヤサイズ:205/45R17
●車両価格(税込):427万円