2022年10月29日(日本時間10月30日)、F1第20戦メキシコGP予選がアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス・サーキットで行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が今シーズン6度目のポールポジションを獲得した。2番手、3番手にジョージ・ラッセル、ルイス・ハミルトンのメルセデス勢が入り、地元のセルジオ・ペレス(レッドブル)は4番手となった。角田裕毅(アルファタウリ)は13番手だった。

メルセデス勢の上位スタートで決勝レースの争いは混沌

土曜日の天候は晴れ。路面コンディションはドライで、予選開始時の気温28度、路面温度48度だった。

予選の直前に行われたフリー走行3回目では、同様のコンディションでメルセデスの2台が1-2タイムをマークして注目を集めた。

メルセデス勢は予選が開始されてからもQ1、Q2と好調。波乱の予感も漂う中で行われた最後のQ3では、まずファーストアタックでフェルスタッペンが1分17秒947というトップタイムをマークするが、ラッセルが0.1秒差でフェルスタッペンに迫る速さを見せる。惜しかったのは、ハミルトンがトラックリミット違反でタイム抹消となったことで、ここで戦略が見直しとなった。

そして迎えたQ3の最終アタックでは、フェルスタッペンがさらにタイムを縮める一方で、ハミルトンはラッセルの後ろの3番手、ラッセルは最終セクションでミスしてフェルスタッペンに0.304秒届かず2番手に終わった。

Q3でメルセデス勢に小さなミスがあったこともあり、ポールのフェルスタッペンには少し差をつけられたが、ペレスやフェラーリ勢を従えてのトップ3入りは、「メルセデス復活」を思わせるものだった。

タイヤを供給するピレリは「71周で行われるメキシコ GP決勝 は、チームごと、ドライバーごとにタイヤの劣化率が異なる可能性があり、2ストップと1ストップにわかれるでしょう。天候に左右されますが、理論上はソフト→ミディアム→ミディアムの2ストップがベストで、ミディアムが残っていないドライバーはソフト→ミディアム→ソフトが代替案になります。1ストップはミディアム→ハードとなるでしょう」と分析している。

コンストラクターズランキング、ドライバーズランキングで激しい戦いが続くF1グランプリ。メキシコGP決勝の様相は、メルセデス勢の上位スタートで混沌としてきた。その決勝(71周)は日本時間10月31日早朝5時(時現地10月30日14時)に開始される。

●2022年F1第20戦メキシコGP予選 結果

1位 1 M.フェルスタッペン(レッドブル) 1:17.775
2位 63 G.ラッセル(メルセデス) 1:18.079
3位 44 L.ハミルトン(メルセデス) 1:18.084
4位 11 S.ペレス(レッドブル) 1:18.128
5位 55 C.サインツ(フェラーリ) 1:18.351
6位 77 V.ボッタス(アルファロメオ・フェラーリ) 1:18.401
7位 16 C.ルクレール(フェラーリ)1:18.555
8位 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス) 1:18.721
9位 14 F.アロンソ(アルピーヌ・ルノー) 1:18.939
10位 31 E.オコン(アルピーヌ・ルノー)1:19.010
・・・・・・・
13位 22 角田裕毅(アルファタウリ・レッドブル)
14位 10 P.ガスリー(アルファタウリ・レッドブル)