「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、メルセデス・ベンツ Cクラスだ。

メルセデス・ベンツ Cクラス(2011年:ビッグマイナーチェンジ)

ビッグマイナーチェンジされたメルセデス・ベンツ Cクラスが日本に導入された。2000カ所以上に及ぶ変更がなされ、デザイン、クオリティ、そして走りも一新。CMキャッチフレーズの「史上最高のCクラス」は、けっして誇張ではなさそうだ。

その変更内容は、単純な内外装の変更に留まらずエンジンやトランスミッションに及ぶ大がかりなものだ。日本仕様のスタイルはアバンギャルドが基本となり、一見してわかるヘッドランプまわりは最近のメルセデス・トレンドに則る。

インテリアの質感も大きく向上した。デザインや材質の変更に加えてメーターがカラーグラフィックを多用したものになり、ポップアップ式だったカーナビもメーターナセル内に納まるビルトインタイプに変更された。

まず試乗したのは、C200。搭載される1.8L直噴ターボエンジンそのものには変更はないが、これまで5速だったATが7速になったことに合わせてマッチングが図られ、燃費とドライバビリティの向上につながっている。

実際にハンドルを握ると、C200はまさに完成域に到達したと実感する。これまでC200で気になっていた発進時のスロットルのタイムラグがほぼ解消され、スムーズにスタートできるだけでなく、多段化によって変速が滑らかになった。特に低速でのトルクを有効に活かせるようになり、1.8Lターボの実力が遺憾なく発揮されるようになった。

まさに完成域に達したドライバビリティの進化

ドライバビリティの進化は目をみはるばかりだ。しかも遮音材の効果的な配置で、従来型で気になっていたエンジンノイズもメルセデスらしいものになり、もちろん室内騒音も静かになっている。

もともと快適だった乗り心地もボディやサスペンションのチューニングでさらにフラットなものになった。試乗車はAMGパッケージを装着していてサスペンションも締め上げられ、タイヤも太いため段差乗り越しや細かい突き上げは感じるものの、ショック吸収力は高い。

ハンドリングもCクラスの目指すアジリティがさらにブラッシュアップされており、ライントレース性と直進安定性の高さのバランスは素晴らしい。

C250(1.8Lターボでブースト圧を多少上げたエンジン)のステーションワゴンにも試乗した。タイヤサイズは前後とも標準の225/45R17でサスペンションはノーマル。こちらのほうがハーシュネスはかなり良くなり快適だ。エンジン出力の違いは低速域でのトルク差で感じるが、それほど大きな違いはない。ワゴンの重量増加分が補正されている感じだ。

ちなみに両車とも燃費はかなり改善されているようだ。100km/h走行時のエンジン回転数は7速で2000rpmに留まっており、もともと燃費に優れるメルセデスの実燃費は、さらに高まりそうだ。

●■メルセデス・ベンツ C200 アバンギャルド 主要諸元

●全長×全幅×全高:4595×1770×1445mm
●ホイールベース:2760mm
●車両重量:1520kg
●エンジン種類:直4 DOHCターボ
●排気量:1795cc
●最高出力:135kW<184ps>/5250rpm
●最大トルク:270Nm<27.5kgm>/1800-4600rpm
●トランスミッション:7速AT
●駆動方式:FR
●JC08モード燃費:11.8km/L
●タイヤ:225/45R17
●当時の車両価格(税込):492万円