2022年9月13日、マセラティは、2021年に始動した同社のクラシックカー公式認定プログラム「マセラティ クラシケ プログラム」の日本第一号認定車として、1968年製のギブリ 4.7クーペを認定した。

ジウジアーロがデザインした、懐かしのスーパークーペ

今回の1968年製[ギブリ 4.7クーペ]は、鑑定に必要なすべての入念なチェックを終え、オリジナルであることを証明する「サーティフィケーション オブ オリジナリティ(Certification of Originality)」を取得した。

マセラティのオーナーやコレクターのために用意されたこの公式認定プログラムは、マセラティ車両の保護、保存、活用を目的としている。対象となるのは、発売から20年以上経過したマセラティ車両で、オリジナルの状態を保ち、車両が完全に機能することを証明できることが条件となる。

このプログラムは2021年12月に正式に始動し、プログラムの第一号車として、イタリア本国では1969年製のミストラル 3700が最初に公式認定を受けた。

今回、日本第一号車として認定されたギブリ 4.7クーペは、1966年のトリノ モーターショーで発表された後、1967年に最初のモデルが生産された。最高出力310psを発生する4.7LのV8 DOHCエンジンを搭載し、ウエーバー40DCNL/5キャブレター4基を備え、0→100km/h加速は約6.5秒、最高速度は270km/hに達した。

デザインを担当したのは、当時カロッツェリア ギアに所属していたジョルジェット・ジウジアーロ。低く流線型のフロントが特徴的で、リトラクタブル ヘッドランプ、本革スポーツシート、アロイホイールなどを採用していた。1970年にはスパイダーが登場。その後SSと続き、1973年に最後のモデルが生産されて一度は幕を下ろす。

ギブリは1992年に2ドア4シータークーペとして復活し、2013年にはマセラティの新しいセダンとして生まれ変わった。

マセラティの歴史とDNAを守り続けるために

このプログラムでは、まず車両が本社に到着すると、証明書の取得が可能であるかを査定するため、事前にオーナーと取り交わした内容確認履歴を参照しながら検査を行う。

その後、専用のワークショップに移動し、当時の図面や写真と比較しながら細部に至るまで検査。またこの過程で、電気系統の機能テストや、オイル類を少量採取してラボで分析を行う他、キャブレター、ディストリビューター等、さまざまな検査を行い、必要に応じて調整も行う。そして最後に屋外で撮影を行い、すべての工程が完了する。

マセラティ クラシケの役割には、既に流通していないスペアパーツの製造も含まれる。その部品は、最高の技術を使用することによりオリジナルの設計から得られた示唆のもとに再製される。完全または部分的なレストアのサービスの相談にも対応しており、レストア中すべての工程を記録し、最終的にはレストアに関する完全なドキュメントを提供する。その間、オーナーにも進捗状況を知らせており、希望に応じて直接レストア状況を見ることもできる。

マセラティ クラシケ プログラムの予約や詳細については、マセラティ クラシケ専用Webサイトで確認の上、問い合わせフォームを利用されたい。本社より担当者が直接連絡を入れ、場所、料金、スケジュール等をオーナーから送られた情報をもとに案内する。

また、マセラティのヘリテージを愛する人のために、このプログラムのために特別にデザインされたカプセル コレクションも用意されている。